「護られなかった者たちへ」ネタバレあらすじと感想結末/映画キャスト・佐藤健

スポンサーリンク

 

作品情報 / 映画化決定・キャストの紹介

幅広い作風を手掛ける中山七里の社会派ミステリー小説を「8年越しの花嫁 奇跡の実話」などを手掛けた瀨々敬久監督によって映画化される。また「永遠のゼロ」で知られる林民夫が監督と「糸」に続いてタッグを組み脚本を担当。

最近、最終回を迎えた大ヒットTVドラマ「恋はつづくよどこまでも」でドSドクターを演じた佐藤健が殺人事件の容疑者として主演する。

「仮面ライダー電王」で初主演を飾り、2008年に大ヒットしたドラマ「ROOKIES」と翌年の続編映画に出演。以降、2010年「るろうに剣心」シリーズ、2013年「カノジョは嘘を愛しすぎている」2016年「世界から猫が消えたなら」、「何者」、2017年「亜人」、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」では第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を獲得、2018年「いぬやしき」、「ハード・コア」、「億男」など、

 

 

東日本大震災から9年後の仙台、福祉保険事務所課長が拘束されて空き家に放置され餓死される奇怪的な殺人事件が発生していた。

震災で妻子を失っていた笘篠刑事は知人を救うために放火や傷害事件を起こして刑務所に入っていた利根泰久を捜査線上に容疑者としてあげるが証拠が掴めないなか新たな事件が起きてしまう。

2人の被害者の共通点は何か、

事件の関係性を追っている利根の目的は何なのか、

各地で今でも苦しんでいる人達がいる。風化させてはいけない。貧乏人は見捨てられる国策、生活保護受給制度の問題点、加害者も被害者も制度による犠牲者ではないだろうか。

利根泰久(佐藤健)笘篠誠一郎(阿部寛)円山幹子(清原果耶)遠島けい(倍賞美津子)上崎岳大(吉岡秀隆)蓮田智彦(林遣都)など
スポンサーリンク

 

ネタバレあらすじを簡潔に

東日本大震災から9年後の宮城県仙台で福祉保険事務所の三雲課長が拘束された状態で餓死しているのが発見されます。

笘篠刑事と部下の蓮田は聞き込みを開始するが、課長は人格者として知られており恨まれるような人ではない事がわかります。

何かを盗まれた痕跡もなく物盗りの可能性も低いので捜査が迷宮入りすると第二の事件が発生してしまいます。犠牲者である議員の手足や口の自由が奪われていたので手口が同じ事から同じ犯人による連続殺人事件と断定されます。

なぜこんな残酷な殺し方なのか、どう考えても強い恨みによるものとしか思えない

 

捜査線上に容疑者としてあがる利根泰久

保険事務所の職員に暴行を働き放火までして刑務所に入った利根が仮出所してから事件が起きた事で笘篠刑事は容疑者として目を付けるが証拠がありませんでした。

二人の被害者の共通点、それはかつて生活保護の担当者だった事。国が生活保護受刑者の調整や申請を却下する水際作戦を指導する中で笘篠刑事は問い質すと改竄の痕跡がある書類を手にする。

餓死して亡くなった老人、遠山けい。

利根はチンピラに暴行を受けているところ助けてくれたのが遠山でした。アパートで1人暮らしをしていた遠山は親の愛情を知らない利根と母親が身体を使って生計を立てていた近所に住む少年カンちゃんの面倒を見るようになりました。

遠山は生活保護を受け取れずに苦しみ最後はガス水道も止められ食糧が尽きて餓死して亡くなっていました。当時の利根は救いたい一心で口論となり暴行を働いたのでした。

震災で妻子を亡くし「なぜ善人が議性にならなくてはならないのか」とやり場のない怒りを抱えていた笘篠刑事は利根の気持ちを理解してしまうが犯罪を許すというのは別の話。しかし利根が犯人だという確証が掴めません。

 

結末の前に・・・

 

問題点はあるがフィクション

生活保護や福祉の問題点

生活保護を受けられず餓死するのは現実に存在している。それとは逆に不正に受け取りパチンコで遊んでいる人もいる。善人が損をするなんてあってはならない事、不正受給のせいでどんどん厳しくなって複雑になり本来必要な人に届かず国からは予算が削られていく。

声を出して権利を主張する人も正しければいいが、世間体やプライドを気にする人や他人様に迷惑をかけられないと真面目で声をあげない人もいる。

どん底にまで陥り勇気を持って訪ねてもダメだと言われたらこの先どうすればいいのか。

国策は弱者を守るためのものであってほしい。

最初は1人でも多くの人を助けたいと思って就職したかもしれない。しかしすべての申請を受け入れていたら予算不足になってしまうのだ。水際作戦を行なってはいたがほとんどの人が事務的になっていくと思う。マンネリもあるだろうが不正受給を企む不届き者のせいで厳しく審査しようとすると受給者には睨まれまさに板挟み状態、考えるのも嫌になっていくだろう。

物語で事件の犯人は存在するが原因はどこにあるのかと考えさせられる

スポンサーリンク

 

フィクションである

現実にこんな職員がいたらさすがに問題、解雇だと思われる。情報と想像で書き上げた小説だということを忘れてはならない。取材に応じてくれた人の事を悪く書けなくなるというのが理由らしい。

不正に受け取るやくざは実際にニュースにもあったように存在していると思うが辞退届を書いてもらうために職員が1人でたずねるのはないだろうし、銀行口座照会で返事がずーっとないのもありえない。

申請者を養える親族がいないのか確認する際も連絡がないからという理由で生活保護却下はないと思う。親族で縁を切っている人なんて多々いるだろう。

もうちょっと生活保護や福祉についての問題点を浮き彫りにさせて欲しかった。難しくて1回だけの説明では理解出来ない制度は多々あるしおそらく問題点はあるのだから。

結末/護られなかった者たちへ

福祉保険事務所職員・円山幹子

知人が生活保護を受けれず苦しんでいる時に何もしてあげられなかった事を後悔しており、1人でも救いたいと福祉保険事務所に就職しました。

「人から受けた恩は別の人間に返そう、世間が狭くなってしまう」

知人の遺言を胸に真剣に申請者と向き合っていたが上司となったのは生活保護者だった知人を切り捨てた三雲でした。

三雲があの時のように事務的に行ない、思い遣りを持たずなぁなぁとこなすのを見て怒りが爆発、餓死がどれだけ苦しい事なのか思い知れとあのような犯行に至ったのでした。

そう、被害者は遠山を切り捨てた者、そしてもう1人の国会議員も狙われていた。関係性を調べていた利根はその事に気付くのでした。

知人は遠山けい、そして利根と同じように面倒を見て貰っていたカンちゃんこそが円山幹子だったのです。

 

感想/護られなかった者たちへ

かなり早読みしたせいで読み落としはそこそこあると思います。もしかしたら大事な箇所がごっそり抜け落ちているかもしれません。(確認次第、更新します^^;)

私的には「どんでん返し」とはなりませんでした。犯人は利根ではないだろうと誰もが読んでいて察すると思うし職員なら目撃されても不自然ではないため犯人はすぐ分かってしまいました。

あの時の少年カンちゃんが円山幹子だったのは正直いらないと思いました。カンちゃんは今どこにいるんだろうと思うし幹子の「幹」が「カン」と読めるので「もしや」と思ってしまう。

しかしこの物語は犯人は誰かというのはメインではないと思う。原因となった本当の犯人は誰かと言うことですね。だからあまり詳しく書きませんでしたと最後に言い訳しときますw

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました