映画「死霊船 メアリー号の呪い」ネタバレ感想/ゲイリー・オールドマン主演

 

作品情報キャストの紹介

悪霊に呪われた船、ゴーストホラー

主演は「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で第90回アカデミー賞の主演男優賞に輝いたゲイリー・オールドマンが務める。

 

船長になる夢を持っていた釣り船の雇われ船長デヴィットは競売に出されていた古い船メアリー号を気に入り購入する。

改装して妻と娘二人、仲間達を乗せて初のクルーズに出掛けるが海上で異常な行動を起こす者が・・・

メアリー号は悪霊に呪われた船だった。

一家に惨劇が起きたことを最初に描き、そこに至るまでの関係者たちの過去を振り返る構成となっている。

デヴィッド(ゲイリー・オールドマン)サラ(エミリー・モーティマー)マイク(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)リンジー(ステファニー・スコット)クラークソン(ジェニファー・エスポジート)メアリー(クロエ・ペリン)など

 

ネタバレあらすじ/死霊船メアリー号の呪い

清教徒の時代、闇夜に魔女が連れ去られ溺死し子供も遠くへ浚われました。

魔女は黄泉がえり人の子を道連れにするだろう。

船乗りの詩、18世紀 作者不詳

 

フロリダ州、沿岸警備隊に救助されたサラはクラークソン特別捜査官の事情聴取を受けます。

娘二人が無事だと知り早く会いたいとお願いすると「その前に何で船の破片に乗って海を漂う羽目になったのか話して」と言われます。

「悪霊には取り憑く媒体が必要なの、デヴィッドは最期までよくたたかった」

 

メアリー号船長

4ヶ月前・ジョージア州サバナの南東140キロで遺棄された船メアリー号が発見されました。

フィッシングツアーの雇われ船長デヴィッドは競売にかけられた魔女の胸像付きの壊れかけの船メアリー号を見て魂が宿っていると気に入り購入してしまいます。

妻サラは相談もなしにと呆れるが長女リンジーは気に入り、まだ幼い次女メアリーは同じ名前だと喜びます。

サラはお金に余裕がないし足りない分はどうするのかと怒るが自分の船の船長を務めたい夢を持つデヴィッドは「もう若くないから最後のチャンスなんだ」と説得します。

修繕費もかかるし2年は利益なしだとサラは覚悟を決めます。みんなで協力して改装を終えたデヴィッドは家族と乗組員に感謝を伝えるが魔女の胸像を見て一瞬嫌な予感を抱きます。

記念に写真を撮るがシャッターをおすリンジーの恋人トミーは一瞬魔女が目に入り驚いてカメラを落としてしまいます。

 

航海

セイレーンの船首像は300年前のものであり貴重品だとデヴィッドは勝ち誇るがセイレーンは悪魔の仮の姿だと信じられていたから悪魔が船を操るとサラは言います。

フロリダ州の東23キロ地点、それぞれがなんとなく不安な感情を抱きます。夜中、漂流していると気付いたデヴィッドは起きて行くとトミーがいたので何で碇を上げたのか聞くが「彼女が航海を続けたいと言っている」とブツブツ何やらつぶやいていました。

トミーはナイフで自分の胸を切り刻んだのでデヴィッドとサラは二人で掴みかかりナイフを取り上げます。何も話さなくなり異常だと思ったデヴィッドは家族に危険が及ばないよう彼の叔父がいるバハマ諸島アバコ島に置き去りにしました。

トミーだけが話し相手だったリンジーは怒ります。サラは娘のためを思って彼の精神がおかしくなったことは伏せ慰めるが「浮気したママの事なんて信じられない」と言われてしまいます。

マイクは「たった1度の過ちだ、この航海で二人の絆は強まるはず」とサラを元気付けるが手を握ってしまったために「船を出すよ」と言いにきたデヴィッドは複雑な表情を見せます。

スポンサーリンク

 

悪霊に呪われた船

ずっと絵を描いていたメアリーが不気味な絵を描き始めたので気になるサラは娘を捜すが誰かにドアを閉められてしまいます。

暗闇だったので明かりを何とか付けると一瞬魔女のような化け物の姿を目にするがサラの声を聞いたデヴィッドがドアを開けて助けてくれました。

リンジーはキスマークを「火傷したの」とメアリーに触られます。止めてと訴えてもまた触ってきたので振り払うが誰もいませんでした。

トミーの様子が気になるデヴィッドはアバコと交信するが自殺したと知らされ驚きます。

リンジーはトミーと連絡が付かないことを心配し、メアリーは彼女に食事を与えなきゃと言い出します。

「架空の友達よ、一人で一晩中ベラベラしゃべっている、キモい」とリンジーは教えるがいきなりメアリーは持っていたコップで割れるほどの勢いで殴ります。

デヴィッドは真剣に怒るが首を吊ったような絵を描いていたので不気味に思います。

サラは我慢の限度を超え「この船はおかしい、次々と奇妙なことが起こる、引き返そう」と訴えます。

 

結末/死霊船メアリー号の呪い

ハミルトンまで絶対に成功させたいデヴィッドはバミューダ海域に入るが残された書類にメアリー号に乗ったものが行方不明となった過去の記事を見付けます。

すべての事故と今回の航海では目的地が一致している事に気付き呪われた船なのかと受け止めます。サラもデヴィッドが調べていたものを見て「この船に未来はない。魔女が溺死した場所に連れ去るんだ」と言います。

メアリーの反応がないので針路を変えるよう伝えていたマイクにメーデ(救難信号)を出せと言いに行くがいきなり背後から襲われます。サラに助けられたデヴィッドはマイクを拘束し閉じ込めます。

主帆を破られ無線とwifiも壊され燃料も尽きてしまいます。リンジーはトミーの姿に化けた魔女に首を吊るよう導かれるが間一髪の所でデヴィッドとサラに助けられます。

しかしすべて魔女に捧げたんだと精神がおかしくなっているマイクはデヴィッドを殴りつけ気を失っている彼を海に放り投げました。

サラも海に放り出されるが地力で戻り娘を守るために必死で戦うがマイクがナイフを手にし窮地に陥ります、すると海から戻ってきたデヴィッドが背後からマイクをぶっさしました。

サラは拘束されている娘二人を発見し救命胴衣を着させます。舵を取るデヴィッドが頭を刺されて亡くなっていました。サラは魔女に噛み付かれるが信号拳銃を放つとガスボンベに引火し爆発しました。

海に投げ出されたサラと娘達はこうして沿岸警備隊に救出されたのでした。しかし事情聴取していたクラークソンは娘に会わせて現実世界に引き戻さないとと思います。

精神鑑定と施設への収容を検討すると伝えるが今まで撮っていた映像を確認するとサラの姿が魔女に化けているのに気付きます。

娘が危ないと思い急いで駆け付けるがそこには捜査官の死体が転がっていました。

 

感想/死霊船メアリー号の呪い

むむ、なんか物足りないですね。魔女は溺死させられた場所に導くのですよね。最後は間違いなく陸ですよ。

しかも中途半端に終わってしまった。

海に放り出されてから戻るなんて不可能ですよw振り返るように描いたのも何故だろう。絵的にも得に変りはないし。題名とゲイリー・オールドマンに期待した分がっかりでした。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました