中国ドラマ「宮廷の茗薇」全話ネタバレあらすじを感想を交え最終話の結末まで紹介

 

作品情報キャスト

中国ドラマ「宮廷の茗薇 時をかける恋」はベストセラー「夢回大清」をドラマ化したラブファンタジー時代劇。

北京で見習い設計士として勤務する歴女の徐薔薇(愛称・小薇)は皇帝が暮らしていた時代に憧れていました。

ある日、紫禁城内の資料室で迷ってしまい老婦人に古い灯籠を持たされて家路につくと徹夜で企画書をまとめる小薇の前に弁髪姿の青年が現れる。幻覚だと思い仕事を終えると企画書が通り喜ぶが灯籠が灯るたびに青年が現れて会話までするようになる。

会話は出来るが触れる事は出来ずやがて惹かれていくが・・・。

一方、康熙45年に生きる十三皇子(胤祥いんしょう)は見慣れない世界にいる夢を見るようになり小薇に心惹かれていた。

小薇は目覚めるとなぜか清の時代にいて茗薇という名の秀女として扱われる。茗薇の愛称は小薇であり現代でも清代でも同じだった。そして夢で見た13皇子と再会する。

徐薔薇/小薇=茗薇(リー・ランディ)13皇子・胤祥いんしょう(ワン・アンユー)4皇子・胤禛いんしん(ディン・チャオ)14皇子・胤禵いんてい(シン・ユンライ)茗蕙めいけい(スン・アンコー)七香(チェン・ユーアン)鄭春華/小秋(ジャン・ラーユン)康熙帝(リウ・ジュン)など

 

 

ネタバレあらすじ/宮廷の茗薇

 

第1話/灯籠と豪雨

現代、

見習い設計士の歴女の徐薔薇(愛称・小薇)は皇帝や皇后がいた時代に憧れを持って生活していました。

ある日、上司の茗蕙から故宮の閉館前に資料を借りて来てと言われ急いで向かうが迷って出れなくなってしまいます。日が落ちるまで宮廷内を彷徨いていると「ずっと待ってたのよ」の老婦人に言われ灯籠を持たされます。

灯籠を持って歩き始めると簡単に出口が見付かり家路につくが徹夜で企画書をまとめていると弁髪姿の青年が現れました。

徹夜続きで幻覚を見たのだろうと親友の小秋に言われ薔薇は納得するが灯籠が灯るたびに青年が現れると気付きます。

時空の変化を主軸に据え現代と古代の美を結びつける案が面白いと抜擢され先輩や同僚は見習いの企画書が選ばれたと驚きます。

 

康熙45年、

13皇子(胤祥)は夢の中で見知らぬ場所で見知らぬ女と出会えるので寝ることが楽しみになってしまい昼寝をしていると4皇子(胤禛)に起こされます。

二人は皇太子である2皇子の右腕とされ、14皇子(胤禵)は兄弟の4皇子とは確執があり皇太子と敵対する8皇子派です。そして13皇子と14皇子はライバル関係にあります。

 

スポンサーリンク

 

第2話/夢での出会い

13皇子(胤祥)と14皇子(胤禵)の腕比べは互角に終わりました。

13皇子は「皇位に誰が付くかなんて興味ない、皇太子が皇帝になるのでは」と酒を飲みながら口にするが「国事は遊びではないから口を慎め」と4皇子に注意されます。

夢で出会うおかしな女は麺をすすって食べるし自分を幽霊だと思っているが夢の中でしか会えないので連れて帰りたいと思います。

現代、

仕事を終えた薔薇は帰宅すると13皇子が読書しながら居眠りしていました。薔薇は幽霊だと思っていたが上空の電気のネジが外れると13皇子が助けてくれました。

はじめて会話を交わした二人、13皇子は「助けてやったのに礼はないのか」と詰め寄るとあまりにも薔薇が喚くのでキスして黙らせました。

「ほ、本当に愛新覚羅(アイシンギョロ)胤祥なの?」と薔薇は驚くと呼び捨てにするとは無礼だと言われます。

300年先の未来だと知った13皇子は「いろいろ教えてくれ」とお願いし話が弾むが薔薇は「あなたは寝ているからいいけど睡眠が大事なの」とスマホを渡し寝室に行きます。

翌朝、薔薇が起きると13皇子がトイレを見下ろし「小さい井戸だ」と不思議がっていました。薔薇は13皇子の意見、話を聞き企画書を書き直していきます。

 

13皇子は「お前が気に入った、私に嫁げ」とニヤニヤしながら目覚めます。薔薇には触れる事が出来ないが助けるときに負った傷が残っていました。

300年後にある飛行機やスマホの事を皇子たちに話すが「さっぱり分からん、頭おかしくなったのか」と4皇子に止められます。

13皇子は薔薇の企画書とやらのために皇族品を持って行ってやろうと集めて眠ります。薔薇は喜ぶが触れる事が出来ないので13皇子は説明し、康熙帝の弓を二人で引きます。

 

第3話/愛しい幻

薔薇の皇室の気品に満ちている設計案は受け入れられプロジェクトの責任者に任命されます。

13皇子に感謝しなくちゃと喜ぶ薔薇に対し上司の茗蕙は何で自分が見習いに負けるんだと不満な様子・・・。

その頃、13皇子は薔薇にそっくりな女性を見付けて追いかけるが見失ってしまいます。薔薇にそっくりな茗薇(愛称は小薇)は父親から秀女選びに出されると知り皇宮に入りたくなくて逃げているところでした。

 

「いつまで私を一人にさせるのだ、現代に来れたのだから君も300年前に来れるはずだ」

13皇子に言われた薔薇は出来るなら今すぐにでも行きたいと思うが一緒に写真を撮っても彼は映らず会話は出来るが触れる事も出来ないので叶わぬ恋なのだと思います。

幽霊との恋なんてダメだと思う薔薇は小秋に頼んで合コンを開いてもらうが気付けば13皇子を探してしまいます。

薔薇も13皇子も互いに好きでいたが触れることが出来ない事に悩みを抱えます。

 

第4話/杏の花の想い

13皇子を突き放した薔薇だがネットで「愛新覚羅 胤祥」と検索し部屋で待っている自分に気付きます。

「もう現われるな」と言い放った結果だから仕方ないと無理に納得させようとするが・・・。

一方、13皇子は酒を飲みながら落ち込んでいたが幻ではない事を証明しようと庭に杏の木を植えます。

家に帰っても一人だし時間が長く感じる薔薇だったが「故宮で杏の古木が花を付け満開を迎えました。康熙帝の第13皇子・胤祥が植えたとされる樹齢300年以上の古木です」とニュースで流れ驚きます。

 

珍しい出来事に人々は集まり薔薇も駆け付けます。

「もしかして私のために植えてくれたの」、そう思っていると不思議な灯籠をくれた老婦人に「やっぱり来たのね」と話しかけられます。

夢だと受け止めようとしていた薔薇だが「どうやったら会えるのか」と考えるようになります。すると13皇子が現われたので喜びます。

「私はあなたが好きだけど300年の時を超えて恋愛は出来るのか、勇気がないの」と告げると13皇子は「勇気をやる」とキスします。

互いに相手を感じられるようになり二人は喜ぶが13皇子は徐々に消えてしまいます。13皇子の事ばっかり考えるあまり仕事でミスを連発するようになった薔薇は担当を外れるよう茗蕙に言われてしまいます。

親友の小秋から「天体の特殊な現象があるみたいだから気晴らしに行こう」と誘われます。時空を繋ぐトンネルが現われる事があって、願うと奇跡が叶うと言われ「13皇子に会わせて」と薔薇は願います。

そして杏の花の見ながらもう一度願い故宮をウロウロしていると蘊秀宮(うんしゅうきゅう)の前で気を失ってしまいます。

目を覚ますと自分そっくりな茗薇が「私の代わりに生きて」と言い残し亡くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

全話一覧/宮廷の茗薇

1話から4話まで(ページ内にジャンプします)

歴女の徐薔薇は宮廷内で老婦人に灯籠を持たされてから45年前の13皇子(胤祥)が部屋に現われるようになる。互いに夢の中でしか出会えず触れる事も出来ないが想いを寄せることになる。13皇子は幻ではない事を証明しようと庭に杏の木を植える

5話から7話まで

5話・6話・7話

康熙45年にタイムスリップした徐薔薇は自分そっくりな戸部侍郎の娘・茗薇から「自分の代わりに生きて」と頼まれるが姉・茗蕙は敵だと察知する。13皇子と再会し互いに喜ぶが流れ星が降ると二人とも夢の記憶を失ってしまう。

8話から10話まで

8話・9話・10話

秀女が暮らす儲秀宮で作法を学ぶ茗薇は徳妃の髪飾りが紛失した件で濡れ衣を着せられるが13皇子が想いを寄せる女性だと気付いた4皇子(胤禛)によって助けられる。4皇子(胤禛)と14皇子(胤禵)は母親である徳妃に茗薇を徳妃付きの女官にするよう願い出る

11話から13話まで

11話・12話・13話

義母姉妹の茗蕙が納蘭貴妃の侍女になり茗薇は警戒する。皇太子は立場が危うくなり愛する春華と結ばれたくて謀反を企てる。過去を知る茗薇は謀反が失敗すると分かっているので13皇子に文で伝えると皇太子と引き離して軟禁されている4皇子を救ってくれと返事が届く

14話から16話まで

14話・15話・16話

茗薇は13皇子(胤祥)に連れられ康熙帝に謁見すると「胤祥の側福晋として娶らせる」と言われ動揺します。常に自分を大切にしてくれる13三皇子と心を癒やしてくれる4皇子に感謝しつつも自分が捜していた想い人が誰なのか分からないと打ち明ける。

17話から19話まで

17話・18話・19話

13皇子に嫁ぎ13福晋となった茗薇は康熙帝に連れられやってきた鄭嬪(春華=小春)と会えて喜ぶが皇太子との関係に気付き妃嬪の密通は大罪になると注意します。しかし8皇子派の悪計で懐妊したと喜ぶ小春が陛下に告げてしまう。命だけでも救わなければと・・・

20話から22話まで

20話・21話・22話

呪詛の札を書いた罪を着せられ牢に入れられる13皇子を茗薇は自らの命と引き換えに救う。ショックを受ける13皇子は酒に溺れるが茗薇は4皇子と七香によって救われていた。4皇子に想いを告げられた茗薇は目を覚ますよう訴え脱出する

23話から25話まで

23話・24話・25話

13皇子(胤祥)は茶菓子を見て茗薇が作ったものだと気付く。13福晋の法要として屋敷で再会した二人だが陛下を欺く大罪になるので茗薇は侍女として仕える。縁日に出掛け仮面を付けて心から楽しむが結婚した茗蕙と14皇子に見られてしまう。

26話から28話まで

26話・27話・28話

皇太子の座が苦しめていたのかと知った康熙帝は涙を流し無念を晴らすために「権力を笠に派閥に人を取り込み皇太子を追い詰め退位させるとはなんたる身勝手さだ」と8皇子に激怒する。そして茗薇を戸部尚書の馬爾漢の娘・魚寧という身分を与え再び13皇子に嫁がせる。

29話から31話まで

29話・30話・31話

兄を亡くした七香を胤祥と茗薇は家族として迎え入れる。胤祥はジュンガルとの戦いで指揮官に任じられ14皇子の部下である将軍を従わせる。茗蕙の悪計により13皇子は足を負傷してしまう

32話から34話まで

32話・33話・34話

国庫が逼迫している件で調査する4皇子は役人の削滅で済むと思っていたが汚職役人が結託して清廉な者を陥れようとしている事が分かり忠臣と奸臣を見分けるのが難しく悩みます。茗薇は自分が清代にいる理由が茗蕙にあるのではと疑う。茗薇の従兄・元青の行方を調べていた七香は、驚くべき事実を突き止める

35話から36話まで

35話・36話

世継ぎに胤禛を指名し康煕帝は崩御する。13皇子と茗薇は4皇子に罪を着せようとする8皇子派はあまりに卑劣だと怒りおかしな噂が広まるのは阻止せねばと思うが遺詔に血痕が付着していた事で4皇子が陛下を殺害したと噂が広まる。凱旋した胤禵と胤禛が一触即発の状態に・・・

37話から38話まで

37話・38話

皇権をかけた戦いが勃発し母親である徳妃は悩むが噂の出所が茗蕙だと知る。茗薇は必ずこの事態の裏には茗蕙が関わっていると確信し4福晋たちと証拠を探すと拘束され閉じ込められてしまうが助けたのは妻・茗蕙がおくった刺客から守ろうとした14皇子だった。

39話から最終回40話まで

39話・最終回の40話

雍正帝として即位した4皇子(胤禛)は陛下を殺害した茗蕙に死罪を言い渡すが茗薇は妊娠している事に気付く。現代に戻った小薇は13皇子のメッセージを受けとり・・・