「 免許がない 」・ネタバレ あらすじ・40歳のスターは免許がないのがコンプレックス / 判子押してくれよ! 舘ひろし

スポンサーリンク

 

映画スターの南条ではあったが車の免許を取得していない事にコンプレックスを抱えていました。ある日、女優にバレて馬鹿にされた南条は身分を隠し合宿免許取得コースに参加する。厳しい教官からサインしてもらえるのか。

監督=明石和幸

◆南条弘=南すすむ(舘ひろし)◆宇貝京子(墨田ユキ)◆照屋権三(西岡徳馬)◆夕顔ルリ子(五十嵐淳子)◆永池進(秋野太作)◆諸星(春風亭昇太)◆岡山松男(中条静夫)◆暴田豪(片岡鶴太郎)◆室田(石井愃一)◆大政一美(江守徹)

ネタバレ あらすじ

  免許がない

人気絶頂期である俳優の南条弘は撮影が終わるとサインを求めるファンにいつも囲まれます。

ある日、女優の宇貝京子にトイレに連れて行ってほしいとお願いされます。

南条は40歳にもなって免許がなく撮影ではいつも運転するフリをしてレッカー車に引っ張られていたのです。

宇貝に馬鹿にされたくない南条は運転しようとするがエンストさせてしまいスタッフが慌てて止めにきました。

運転する姿がカッコいいと評判だった南条は「たまには助手席でもいいですね」の映画が決定するがボイコットします。

大政マネージャーを呼び出し映画撮影を中断して免許が取りたいと一生のお願いをします。

大政は新日本映画の岡山社長を訪ねるとちょうど諸星銀行員に投資をお願いしているところでした。

当然反対され問題となるが大政の必死な説得により社長やスタッフ達の協力で3週間だけ時間が与えられました。

スポンサーリンク

 

合宿免許に応募した南条(本名・南すすむ)だが宿泊施設はボロいお寺でした。

合宿に参加した教習生はみんな若者で40歳の南条は馬鹿にされます。今までマネージャーに任せていたので納豆のパッケージすら開けるのに苦労していたのです。

初めての技能教習で南条は追い越そうとして室田教官にこっぴどく怒られます。

若者達と一緒に食事するのは居心地が悪く近所の焼肉屋に行くが宿舎に帰ると因縁をつけられたので「これ以上関わると骨抜きカルビにするよ」と忠告しました。

色っぽい宇貝教官にあたった南条は喜ぶがかなり厳しく綺麗な足に見惚れると蹴っ飛ばされます。

照屋指導員から問題は意地悪だから互いに問題を出し合って覚えるように言われた南条はカルビ弁当をお土産に若者に協力を願います。

若者たちの関係がよくなると暴田教官は逆らったら判子1つくれないから気をつけるようにとアドバイスをもらいます。

しかし言葉遣いに頭にきた南条は車を暴走させたあと暴田に突っ掛かり騒動を起こします。

我慢の限度を超えた南条は身分を明かすと人だかりが出来るようになります。

早く卒業させてやりたい大政マネージャーは賄賂を送るが永池所長が拒否したためセクシーな女性を送り込み教官たちにセクハラさせて脅すがそれでも永池所長は受け取りませんでした。

南条はスタッフに連絡しみんなの協力を得て 夜遅くまで練習する日々が続きます。

運転技術が上達した南条だが照屋のボールペンをカチカチする音が気になり坂道発進などミスを連発して仮免許の試験に落ちてしまいます。

やる気を失くした南条だったが、自分のために撮影を中断し免許取得のために協力してくれた会社やスタッフの想いを受け止め真面目に練習に取り組みます。

二度目の試験で仮免許を取得した南条はスタッフからの信頼を取り戻し路上教習では着々と判を押させていきます。

最終検定の日、どうもタイミングが取れない信号は青になり気が散っていた自分の広告看板「助手席もいいですね」が「運転席がやっぱりいいですね」に変更され、駐車車両が多い道路には車が一台も停まってませんでした。

すべては予習したスタッフたちの協力によるものでした。

照屋教官に勘付かれてしまったが「スタッフに感謝するんだな」と判子を押してくれました。

最終試験を終え祈りながら電光掲示板を見ます。自分の番号を確認した南条は拳を握りしめました。

融資を受けた新日本映画は車でやってきた南条を大勢で出迎えました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました