PR

「ミス・モンテクリスト」51話~55話ネタバレあらすじ&視聴感想

作品情報/キャスト

親友にすべてを奪われたヒロインの愛憎復讐劇

結婚を控えるウンジョは親友の財閥令嬢の女優ハラとデザイナーを目指すセリンに裏切られお腹の子を殺され橋から転落、奇跡的に助けられたウンジョは一時記憶喪失だったが自分の婚約者とハラが結婚することを知りすべてを思い出す。亡くなっていた父親も二人に見殺しにされたと知り、別人の仮面をかぶる復讐クイーンへと生まれ変わる。

スポンサーリンク

 

コ・ウンジョ/ファン・ガフン(イ・ソヨン)ハラ(チェ・ヨジン)セリン(イ・ダヘ)ソニョク(キョン・ソンファン)ハジュン(イ・サンボ)ファン・ジナ(オ・ミヒ)など

 

「ミス・モンテクリスト」全100話あらすじ一覧はこちら

 

完全版100話で紹介(テレビ放送では70話~75話ぐらいかな?)

 

ネタバレ感想/ミス・モンテクリスト

 

51話・人間失格

ソニョクとフンに誘われ遊園地で楽しむガフンだがウクドによってフンが誘拐されてしまいます。

約束通りウクドに4億ウォンを渡すハラは「私の元を去ったらどうなるか分かった?誘拐ではなく他の女に見移りした父親から息子を引き離しただけだ」とソニョクに言い放ちます。

ソニョクはハラの家に押し入ると「明日の取材に同行し、一生夫でいると宣言しないと一生フンに会えない」と言われ口論となります。ハジュンから「あれでも母親だから息子を変な場所には連れて行ってないはず、落ち着け」と言われるソニョクは息子に何かあればハラを一生許さないと告げます。

またウナから離婚を迫られたからといって母親が息子を誘拐するとは何事だと叱咤されるハラは母親にもフンの居場所を告げず反抗します。

 

ボミはハラが離婚が嫌でフンを奪ったんだろうと予想が的中し苛立ちます。裏金の点検が保留になったとテシクから知らされるウクドはフンを誘拐したからだと気付くが500億ウォンを投資すると聞かされ驚きます。

ボミから一日中ソニョクが泣いていたと聞かされるガフンはハラに会いに行き「フンをソニョクのもとに返してあげて」と土下座すると水をぶっかけられ「ソニョクのために土下座するな」と言われます。

訪ねてきたボミはバケツに水を入れ、ハラの頭からぶっかけます。

 

フンに会いたかったら幸せな夫婦の取材なんだからしっかりやれと強いられるソニョクは仕方なく指輪をはめます。セリンは二人がうまく行ったらガフンとハジュンの寄りが戻ってしまうと思い盗撮していた写真をハジュンに送りホテルに呼び出します。

ソニョクはフンのために「本来の自分に戻って愛したかったがここまで、もう身代わりは出来ない」とガフンに告げます。

(ハラを誰か殴ってやりなさいよ。髪の毛を鷲掴みにしたり水をぶっかけたりとしてくれるのはボミだけよ。何度も言うけどwソニョクならまだしもフンに接近したガフンが悪い)

 

52話・当選おめでとう

セリンにホテルに呼ばれたハジュンは駆け付けるが何度も盗撮している彼女の魂胆に気付き秘書を連れて行きます。

「恋人同士でもないのにホテルで二人きりはまずいだろう」と言い放ち、隠しカメラを発見して消去すると誘惑しても無駄なんだと念を押します。

ハラは取材動画を家族に見せて離婚はしないから大丈夫だと告げるがソニョクに相談もしないでフンを隠していることを責められます。するとチョシムが押し掛けてきてフンと電話で会話させることを条件に息子に取材を強いるとは何事だと喚かれてしまいます。

チョシムは夫を繋ぎ止めるために息子を誘拐するとは何事かと詰め寄るとウナに止められたので「母親に似たんだな、ナヨンは死ぬ前に電話をかけてきてウナに殺されそうだと言ってたぞ」と言い放ちます。

スポンサーリンク

 

後継者争いのため株を買うためにウナが裏金に手を付けるはずだからその前にテシクに500億ウォン投資させようとジナは言います。

ガフンはテシクが関心を持ちそうな架空の島のサイトを作るようワン秘書にお願いします。するとテシクがモールを横取りするのに助太刀をしたペク・スンが弁護士法違反で服役中だと知り金を催促し過ぎて裏切られたのだと察します。

面会に行って取引すると父の世話になっておきながらテシクは捨て値で手に入れたのだと知りクズに救済の余地はないと思います。

 

ソニョクは今週末までにフンを連れてこなければ誘拐犯として世間に知らせ女優人生を終わらせるとハラに言い放ちます。

ガフンはマダムブラックとして投資サロンを開き今回は抽選で当たった人だけが投資できて大金をゲットすることが出来ると説明しクジでテシクに辺りを引かせます。

(ハラは完全に頭おかしくなってるから話半分聞かなくても良さそうだwいいかげん目障りだからウナとかテシクだけでもどん底に突き落としてくれないかな)

 

53話・婚約発表

セリンはウナと計画を立てて報道陣の前でハジュンに一方的にキスし自分が婚約者だと宣言します。

ガフンは盗聴アプリを作動するとセリンが「認めなければガフンとソニョクの不倫報道を流す」とハジュンを脅していました。

ガフンはジナに電話をかけ財閥に嫁ぐ夢を破滅させるために結婚式の日に地獄に突き落とすと告げます。

 

ハラは「義姉さん、ソニョクとガフンの件を広めたらウンジョの二の舞になるから発言には気を付けろ」とセリンに言い放ちます。

セリンは酔っ払うウクドから「セリンのために何でもしてきたのに婚約ってなんだ」と電話を受けます。相手にせず電話を切ろうとしたがフンを誘拐したのは自分だと言われ驚くと、盗聴していたガフンは自分を生き埋めにしようとした奴かと思いワン秘書と共に捕らえて拷問しフンの居場所を聞き出します。

会長からセリンとの結婚より前にハジュンを社長にすると告げられたウナは大株主を操るために裏金を取りに行くが500億ウォンが栄養ドリンクに変わっていたので発狂します。

(ウナはどんなに頑張っても後継者はハジュンだと会長が決めているのだからただの悪あがき。セリンの表向きの評判だけが大事みたいね、あれで幸せなんかねw財閥の仲間入りを果たしたいだけでしょうけど)

 

54話・有頂天になれるのは一瞬

裏金を取りに行くウナは500億ウォンが消えていたのでどうなっているんだと責めるとテシクをから島に投資したと言われ激怒します。

500億ウォンを手にするガフンは「賄賂のせいで倒産した業者を救いたい、ウナはおそらく不動産を売れと迫るからその時に家族とコウンモールの店子を救いたい」とジナに告げます。

すると復讐に協力する前から帝王グループの株を買っており後継者の任命にはジナの承認が要る事を知らされます。

 

ソニョクはフンの居場所を突き止め向かおうとすると「おしどり夫婦なんだから一緒に行きましょう」とハラに腕を掴まれます。

ボミとチョシムがフンのために食事を用意していたがソニョクが一人で帰ってきたのでがっかりします。ボミはまたハラが邪魔したのかと苛立ちます。

テシクはついに財閥の仲間入りだなとセリンと祝杯を挙げるが結婚前は家族との顔合わせやハジュンが挨拶に来るなど普通はあるんじゃないかと不満を口にします。

ガフンは今回のプレゼンでわざとセリンを勝たせデザイン盗作記事の準備をするようワン秘書に託します。

スポンサーリンク

 

結婚式、セリンは夢にまで見た一瞬だと指輪をはめてもらうために手を差し伸べるが「セリンは東大門の女神のデザインを盗作」とニュースが流れます。

ガフンから聞いていた名誉会長は笑みを浮かべ会長やウナから問い詰められるセリンは困惑します。するとウクドが押し掛けてきて「セリンは俺の女だ、俺はセリンのためにハラの息子を誘拐したんだ」と喚きます。

(セリンとテシクがまるで子供の誕生日会みたいに楽しんでたから笑える。ここの親子はそろそろ終わりかな。500億ウォンも戻ってこないだろうしw)

 

55話・一瞬で打ち砕かれた夢

セリンが東大門の女神のデザインを盗作したニュースが流れ、結婚式に押し掛けてきたウクドが「彼女は俺の女、セリンのためにハラの子を誘拐したんだ」と喚いたため名誉会長は婚約は無効だと言い放ち席を立ちます。

ハラは泣いてしゃがみこむセリンに「あなたが人を殺したとしゃべった録音を奴は持ってるから口封じしなければ」と話しかけます。

会長にどうなっているんだと追及されセリンは泣きながら恋人だと認めます。ハラについて知っている事を話せと聞かれるウクドはガフンからすべて真実を話せと言われていたがセリンが恋人と言ってくれたので録音の事は伏せハラに息子を誘拐するよう頼まれたと告げます。

ハジュンが気の毒だと世論で同情の声が上がりウナは会社の損害をどう埋め合わせするんだとセリンに激怒します。外に放りだされたセリンは泣き叫ぶとこれまでセリンの企画を盗まれた人や職を失った人たちに囲まれ飲料をぶっかけられます。

 

ハジュンは名誉会長から婚約は破棄されるとガフンから伝えられていた事を聞かされ驚きます。

プレゼンに負けたのも彼女の策戦かと気付くハジュンは嬉しくてガフンを抱きしめ感謝を伝えます。

会長はソニョクを引き留めるためにフンを誘拐させたそうだな、これ以上彼の神経を逆なでするなとハラを叱責し、新ブランドは社長に昇進するハジュンに任せるとウナに告げます。

ハラとセリンのところに同時に小包が届き確認すると「5年前にしたことを知っている」とメモが入っていて脅えます。

 

(小包はセリンとテシクに捨てられたウクド、それかセリンとハラが許せないボミの仕業でしょうね。ウクドからも敵意を抱かれたセリンとテシクはもう復活する術がないのではないかな)

56話からのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想