PR

「餌ミッキ」4話5話6話ネタバレあらすじを感想を交え詳しく紹介

韓国ドラマ「餌」作品概要

チャン・グンソク&ホ・ソンテ共演の韓国クライムサスペンス!!

 

あらすじ

数万人による被害者を出した韓国最大の巨額詐欺事件の犯人サンチョンは逃走中の中国で事故死し被疑者死亡で事件の幕を閉じた。13年後、サンチョンに殺されると一本の電話を受け元弁護士のドハン刑事は殺人現場に駆け付け捜査を開始する。怪しいビョンジュンを捕らえるが彼は詐欺事件の被害者でありナヨン記者は弁護士だと偽り面会を求める。ドハンは連続殺人事件を追うにつれサンチョンは生きているのではと悩みだす。

スポンサーリンク

 

キャスト/チャン・グンソク主演

ドハン(チャン・グンソク)
1987/08/04誕生、「ラブトレイン」「テバク」など
元弁護士の刑事、連続殺人を追う中で詐欺事件の犯人を追跡
サンチョン(ホ・ソンテ)
1977/10/20誕生、「風と雲と雨」「イカゲーム」など
巨額詐欺事件の犯人、13年前に死亡とされている
チョン・ナヨン(イ・エリヤ)
1990/02/19誕生、「皇后の品格」「模範刑事」など
詐欺事件で父を失う記者、ドハンに協力
カン・ジョンフン(イ・ソンウク)
1979/10/03日誕生、「リセット」「配達人」など
詐欺事件を担当、ドハンの上司
チョン・ソラム (オ・ヨナ)キム・ヨングァン(イ・ウォンジョン)ビョンジュン(イ・スンジュン)ソン・ヨンジン(パク・ミョンフン)など

 

 

ネタバレ感想/餌ミッキ

4話~6話のネタバレになります。

韓国ドラマ「餌」全12話あらすじ一覧はこちら

 

4話・追跡者たち

カン・ジョンフン次長はビョンジュンの面会に行った時に一番目の被害者の女性は殺されるべきだし、よく知っている人物のはずだと言われます。

被害者の会のナヨン記者やヨングァンたちはビョンジュンが犠牲になっているのにサンチョンの名が報道されないのでこれでは無駄骨だと嘆きます。

ナヨンはネット記事にしようとしたが何故か税務調査が入り記事を消されてしまいます。

疑われて責められるドハン刑事は国税庁を動かすのは次長レベルでは不可能だと訴え投稿する予定だった記事を読ませてもらいます。

被害者の会のチョンジュから呼び出され向かうとビョンジュンは犯人ではないし我々の目的はサンチョンの生存を知らせることだと言われます。グループチャットに追跡者と名乗る人が加入しサンチョンが生きている事を教えてくれたと言います。

殺人の予告メールを被害者の会全員が受け取っていると知り令状を持って押し掛けます。

 

無駄な捜査と有力な情報どちらを取るんだとナヨンに訴えられドハンは撤退します。ナヨンを警察に呼ぶと1人目の被害者はサンチョンと一緒に中国に逃げたチョン・ソラムでカン次長が知る人物だと言われます。

そこに整形していて気付かなかったが1人目の被害者はチョン・ソラムだとカン次長がやってきます。しかし、カン次長を監視しておりキョンチョンには行っておらず被害者の会の周囲をうろついていたので女の身元を知ったのは現場に行った時じゃないのかと訴えます。

 

ナヨンは追跡班が中国で整形した彼女を撮っていたのですぐに誰かは分かったが韓国で何で死んでいたのかと疑問を抱きます。ドハンは身分証を偽造していたと告げるが彼女が成りすました人物は外国渡航歴がないので入国後偽造したはずだと言われます。

何か隠しているはず、犯人を知っているんじゃないかと訴えると、12年前にサンチョンの警護員を殺して服役し最近出所したチョン・ジェファンかもしれないと言われます。またドハンに犯人だと疑われてしまったカン次長はチョン・ソラムをどうやって入国させたのかと東部支庁検事長パク・サンドに電話し出所して行方不明のジェファンが持っていたリスト通りに殺されていると訴えます。

(かつて投資詐欺に加担して騙されたサンチョンは話を持ち込んできたパク社長を捕まえソン・ヨンジンを追いつめると国会議員キム・ソンテに取り入り彼から秘書のチョン・ソラムを紹介された。サンチョンの側近が全員殺されているんだよね、ソラムが被害者の会にやってきたのはサンチョンに時間を稼ぐよう命じられていたからだけど当時ナヨンは父親が焼身自殺をしたとニュースにもなっていないのに知っていた事で信じてなかったね。それにしても時系列が何度も行き来するし皆さん質問に答えないし映像が切り替わるから何かストレスを感じてきましたよww)

 

5話・影法師たち

ドハンは何で行動を偽ったのかとカン次長を追及すると殺害予告を受けたからだと言われ、それで焦って自分で捜査するために被害者が判明したことにしたのだと察します。

怖いという事は後ろ暗さがあるはず、犯人は誰だと思っているのかと訴えます。

ナヨンたちはサンチョンの警護員を殺害したチョン・ジェファンが犯人だと思っており、彼が持っていたリストの順番に殺されている事でカン次長は脅えていたのです。

最近出所したジェファンが恨みのある相手を捜し出して殺害している可能性があるが行方が分からずドハンは非公開で捜査するとチームに告げます。

ビョンジュンは書類送検されると自白を取り下げ強要されたものだと言い張り、その間にジェファンが逃げれるようにと願います。

スポンサーリンク

カン次長は当時の担当検事で現在検事長のパク・サンドに、サンチョンは生きているのかと詰め寄るとジェファンが犯人であって生死など関係ないだろうと言われます。

いいかげん正確に答えろと追及すると情報が急に遮断されたから生死に関しては分からないと言われます。カン次長は駐車場で考え事をしているといきなり襲われて車の窓ガラスを割られます。

ジェファンの行方を捜すためドハンとナヨンは彼の母親に会いに行くと被害者の会のハン・ダジョンに会いに行くと言っていた事を知ります。ナヨンから被害者の会にいたが詐欺師でもあると知らされるがジェファンから小包が届き住所が書かれていたので向かいます。

そこで目にしたのは首を吊るジェファンの姿だった。

 

(サンチョンはキム・ソンテの紹介を得てソラムやソン・ヨンジンたちと会社を立ち上げ通信事業でマルチ商法を始めたわけね。ソン・ヨンジンは誰と通じていたのかと思ったらカン次長だったのか。それがバレてフルボッコにされて海に捨てられたが自力で生還しキム・ソンテ国会議員のもとに乗り込んだと・・・そこまで分かったがなんせ過去の件が小出しにされるので予想が難しい。パク・サンドは何で頑なに生死について話さなかったのかね)

 

6話・餌たち

ドハンは江原道の山中で首を吊ったジェファンを発見し兄と慕っていたナヨンはショックを受けます。

ドハンはポケットに入っていたジェファンのスマホと車載カメラを渡されると行方不明だったカン次長の車が発見されたと報告を受けます。何者かに拉致されていたカン次長は国道を徘徊していたところを保護され、ドハンはスマホを充電器に差し込み書き込みすると遺書が書かれていたがナヨンは何者かの仕業だと疑います。

ドハンはカン次長を迎えに行き車載カメラを渡すとジェファンから逃げてきたと言われ、ナヨンはジェファンが死んだと告げても死因を聞かれなかったので怪しみます。

釈放されたビョンジュンは被害者の会に向かうとジェファンが死亡したと聞かされ、解剖の結果自殺で間違いないと判断され連続殺人事件の捜査は被疑者死亡で終結します。

ドハンは「刑事としては深堀りしたいが弁護士としてはもみ消すレベルだと判断する、元弁護士だから自分に事件を任せたのではないか」とカン次長に訴えます。

スポンサーリンク

納得できないナヨンがジェファンが出所後に会ったハン・ダジョンに会いに行くと言うのでドハンは同行します。ジェファンに会ったはずと告げると事業に誘ったが断られて音信不通だと言われます。

ハン・ダジョンは改名する前の名前はハン・チュンジャでネズミ講の被害者だったがサンチョンの被害者だということを表ざたにして信用させ新たなネズミ講を作り先手を打って損額を取り戻していました。

ドハンには妹がいたが7年前に殺されハン・チュンジャと関係のある人物が犯人だったと告げるがそれ以上は話したくないと言います。

 

被害者の会のもとにまたも住所が送られてきたことでジェファンが犯人ではなかったのかと一同困惑します。ナヨンはすぐに車で向かうが・・・ 

(ジェファンがサンチョンの警護員を殺したのは暴力を受けていたハン・ダジョンとビョンジュンを助けるためだったのね。それなのにハン・ダジョンは詐欺の事業に誘うとは呆れる、そして背後に誰かいますね。カン次長はどこで拉致されたぐらい話してくれませんかね、めんどくさいな、ってゆうか次回で殺されるっぽいけど・・・)

7話からのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想