PR

「餌ミッキ」7話8話9話ネタバレあらすじを感想を交え詳しく紹介

韓国ドラマ「餌」作品概要

チャン・グンソク&ホ・ソンテ共演の韓国クライムサスペンス!!

 

あらすじ

数万人による被害者を出した韓国最大の巨額詐欺事件の犯人サンチョンは逃走中の中国で事故死し被疑者死亡で事件の幕を閉じた。13年後、サンチョンに殺されると一本の電話を受け元弁護士のドハン刑事は殺人現場に駆け付け捜査を開始する。怪しいビョンジュンを捕らえるが彼は詐欺事件の被害者でありナヨン記者は弁護士だと偽り面会を求める。ドハンは連続殺人事件を追うにつれサンチョンは生きているのではと悩みだす。

スポンサーリンク

 

キャスト/チャン・グンソク主演

ドハン(チャン・グンソク)
1987/08/04誕生、「ラブトレイン」「テバク」など
元弁護士の刑事、連続殺人を追う中で詐欺事件の犯人を追跡
サンチョン(ホ・ソンテ)
1977/10/20誕生、「風と雲と雨」「イカゲーム」など
巨額詐欺事件の犯人、13年前に死亡とされている
チョン・ナヨン(イ・エリヤ)
1990/02/19誕生、「皇后の品格」「模範刑事」など
詐欺事件で父を失う記者、ドハンに協力
カン・ジョンフン(イ・ソンウク)
1979/10/03日誕生、「リセット」「配達人」など
詐欺事件を担当、ドハンの上司
チョン・ソラム (オ・ヨナ)キム・ヨングァン(イ・ウォンジョン)ビョンジュン(イ・スンジュン)ソン・ヨンジン(パク・ミョンフン)など

 

 

ネタバレ感想/餌ミッキ

7話~9話のネタバレになります。

韓国ドラマ「餌」全12話あらすじ一覧はこちら

 

7話・縁たち

過去、キム議員は無線機を携帯だと偽って売り詐欺で大金を得たサンチョンから金だけをせしめて政治資金を確保して切ろうとするが秘書ソラムに裏切られ逆にサンチョンに弱みを握られ脅されるかたちとなってしまいます。

現在、チーム長・ドハンが懲戒処分となり次長ジョンフンは検事長パク・サンドにどうなっているんだと責めます。ジェファンが亡くなった事でこれ以上なにも出てこないと訴えると拉致したのは二人ではと指摘され何で知っているのかと動揺します。

ドハンはマルチ商法で陥った男に妹を殺された過去があり、そのマルチ商法の主催者ハン・ダジョンの投資説明会に向かいます。

被害者の会にまたしてもメールが届きジェファンは本当に死んだのかと連絡を受けたナヨンは行けば分かると車を走らせます。

 

ドハンがダジョンの説明会に遅れて到着するなか、ビョンジュンは舞台にあがってダジョンを刺すとサンチョンは生きているから警察は再捜査しろと叫びます。ドハンは慌てて飛び掛かって身柄を拘束すると、駆け付けたナヨンは連行されるビョンジュンを目にし驚きます。

ニュースを目にする被害者の会の人たちが驚く中、ナヨンは無駄にしないためにもサンチョンを引きずり出すため未掲載記事を資料を拡散します。

被害者の会にマスコミが訪ねるようになったのでナヨンは最近あった連続殺人の被害者は全員サンチョンに関係があったと告げます。有力な容疑者が死亡して不起訴処分になり、事件は終結して担当刑事が懲戒処分となるのは奇妙だと訴えます。

 

資料を読みこんで疑問がわいたドハンは復帰させてほしいと次長ジョンフンに頼みに行きます。記者会見を行うジョンフンはサンチョンは死んでいると思うが疑惑は払拭されなければならないので懲戒を受けたチーム長を捜査に復帰させると告げます。

後で何とかするから道義上の責任を取って辞職しろと検事長に言われていたが辞職願を破り休暇すると告げます。そして復帰できることになったドハンを呼び出し拉致した二人はジェファンではなく強制的に録音された声だと告げます。

「ジェファンに拉致されたことにして黙ってろと言うメッセージなんだろう、現にビョンジュンが事件を起こす前までそうなっていた」

(検事長がいつも回りくどくてイライラしますね。サンチョンの事件を集結させるために中国で死んだと会見で伝えるようジョンフンに指示したのも検事長のようだ。)

 

8話・真実たち

捜査に復帰するドハンは映像をチェックすると目出し帽をかぶった二人の者にジョンフンは拉致されていました。

刑事は動機を考えるが弁護士は最初に依頼人が真実を語っているのか見ます。元弁護士であるドハンは事件を再検討し詐欺の被害者たちばかりか次長まで真実を語っていないと言います。

なぜジェファンは犯人にされたのか、なぜ被害者3人の死にサンチョンの名前が出てくるのか、そう考えていけば犯人像は出てくるが確信は欠けたピースを捜してからだと刑事たちに資料を渡します。

スポンサーリンク

「サンチョン事件を担当した刑事は懲戒処分も多数いた、無事なのは買収を拒んだ清廉潔白な刑事、それか上層部の犬になった刑事だ」

昨夜ドハンに訴えられていたジョンフンは拉致犯は誰だと検事長に訴えます。知らないと言われるが拉致犯は二人だと指摘されていたので捜査は内密なのに知っているのは居場所を教えたからだと言い放ちます。

私も訪ねたが返答は自分で考えろと言われたので我々の過去を掘り返すと宣言し、サンチョンの密航直後に退職して12年経つ元部下に会いに行きます。

「提案をしたのは誰だ?お前如きが直接取引したとは思えない、誰の指示だ」

 

ジョンフンと携帯でつないで話を聞いていたドハンは進展はなさそうだと電話を切ります。ダジョンの意識が回復したので駆け付けるとジェファンの事を訪ねようとするが容態が急変します。

その頃、ジョンフンは予想どうり再び二人組が現れたので銃を突きつけるが挟み撃ちに遭い背後から襲われます。名誉の自殺ということに上手に偽装してやると言われ銃殺されると知らせを受けたドハンは駆け付け悔しがります。

(当時、ジョンフンは買収を拒み殺されかけて帰還したヨンジンからサンチョンの情報を掴んでた。密航しようとするサンチョンを捕まえに行く途中で部下には拉致された妻子の映像が送られ、捜査を止めないと殺すとメールを受けて引き返したと・・・その部下に提案したのは誰だと訴えていたから妻子が拉致されたのもガセってことだ、なんせ過去が小出しにされるし何年代の話がわかりにくいからもどかしいのよね。ところでダジョンは死んだのか?)

 

9話・捜す者たち

中国のパスポートを手にする男シン・チャンが仁川国際空港に降り立ちます。ドハンは被害者の会をたずねるとジェファンの母親に他殺だと告げたとナヨンに言われます。

調査中だし伝えるには性急すぎると指摘し、ビョンジュンを筆頭に捜査を妨害したせいで初動を誤ったと責めます。次長がジェファン同様に殺され自殺として処理されそうになっている事を伝え、真犯人を捕まえたいなら捜査に関与するなと告げます。

するとナヨンが母と一緒に病院に行くと言い出したので自殺したじゃないかと訴えます。ナヨンは心を病んで幻の母親と暮らしていたのです。

スポンサーリンク

ドハンはナヨンを訪ね次長が持っていた手帳を見せます。犯人は手帳に書かれているリストを利用して連続殺人を犯し、目的は被害者と同じくサンチョンを闇から引きずり出すことだと告げます。

サンチョンは生きていると伝えたあと検事長を訪ねリストの順番で行くなら次に殺されるのはあなただと告げます。つぎにキム議員を訪ね検事長と同じように揺さぶるとナヨンが飛ばし携帯を使って二人にメールし殺害予告します。

検事長は望みどうりサンチョンを韓国に連れ戻したのに何で脅迫されるんだとキム議員に電話します。キム議員は中国人シン・チャンとして入国したサンチョンに電話しており、それは殺害予告ではなく混乱させるためにドハンがまいた餌だと言われていました。

 

サンチョンは庁長室に行くと検事長とキム議員もやってきたので空港から私をずっと尾行してきた者も呼べと指示するとジョンフンの元部下チョ・ユンベでした。私の金で成功していた者が尾行するとは誰の指示だと

キム議員たちがやってくるのを窓から目にしていたドハンたちは庁長室に駆け付けます。

(サンチョンは死んだとされた事故に本当に遭っていたのね。事故そのものが嘘だと思っていたが命を狙われて生きていたのか?それとも狙ってきた者たちを一掃するために命を懸けて自分で行った事故なのか・・・または死んだ事にしろと言われ計画どうりなのか、もう分からん、笑。中国では大変な想いをして暮らしていたのかな、復讐のために韓国に戻ってきたと・・・そんなところかしら)

最終話までのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想