スポンサーリンク

「 ミックス。 」ネタバレ あらすじ・かつて天才卓球少女と呼ばれたOLは男を見返すために再びラケットを手にする!

邦画コメディー

 

情報・キャスト

天才卓球少女と呼ばれていた多満子は普通に就職して平凡に暮らしていたが恋人だった会社の卓球部のエースが浮気している現場を目撃してしまいショックで故郷に戻ってしまいます。

そこで元プロボクサーの萩原と出会い見返すためにダブルスを組んで猛特訓に励みだす。

 

古沢良太のオリジナル脚本を石川淳一監督が映画化。

富田多満子(新垣結衣)

天才卓球少女。失恋して故郷に戻ると、かつで母親からスパルタを受けていた場所でもあるフラワー卓球クラブのコーチになるよう勧められる。

萩原久(瑛太)

網膜剥離で引退した元プロボクサー。酒に酔い家にいた男を妻の浮気相手と勘違いして殴り離婚するはめになった。多満子のパートナー

吉岡弥生(広末涼子)

元ヤンキーで医者の妻。

落合元信(遠藤憲一)

トマト農園を運営。

落合美佳(田中美佐子)

元信の妻

江島晃彦(瀬戸康史)

多満子と付き合っていたがダブルスを組む愛莉と浮気。目撃され別れたことで愛莉に乗り換える。卓球のエースでイケメン

小笠原愛莉(永野芽郁)

卓球部所属で多満子から晃彦を奪う

 

ネタバレ あらすじ

  ミックス。

 

フラワー卓球クラブの創設者である母親から卓球のスパルタ教育を受ける富田多満子。

「やる気がないならやめろ」と怒鳴られ「やめる」と返すと「あまったれた事言うな」と叱られます。

天才卓球少女と評されていた多満子は母親の死を機に卓球を辞め、高校時代は黒ギャルになって人生を楽しみました。

「渚テクノロジー」の庶務課で働き始めた多満子は卓球部所属のイケメン江島と付き合い幸せな日々を送ります。

しかし、誕生日にサプライズしようとケーキを作り驚かせるが彼は卓球部所属の小笠原愛莉を家に連れ込み抱いていました。

多満子は彼を呼び出し「結婚するから別れましょう」と告げ会社を辞めて田舎に帰りました。

 

田舎に帰るとタクシー運転手の父親から借金があるから部員が集まらないフラワー卓球クラブは売ろうと思うと言われます。

元ヤンの吉岡弥生とばったり会い、彼女は現在ドクターの妻になっていました。そんな彼女からフラワー卓球クラブのコーチをしてみたらと頼まれます。

フラワー卓球クラブには落合夫婦、引きこもりの高校生、佐々木優馬がいました。

多満子は江島・愛莉を倒してやろうと全日本卓球選手権男女ダブルスへの参加を決め、かつての絶対的エースを呼ぶが今では太っちょで使い物になりませんでした。残っている者は建設現場で働く卓球素人の萩原久しかいませんでした。

多満子は萩原とペアを組みフラワー卓球クラブ部員と共に猛練習します。

会場で「久しぶり」と江島に話しかけ多満子が戸惑っていると愛莉が後楽園ホール見に行きましたと萩原に握手を求めていました。

スポンサーリンク

 

全員あっさりと一回戦敗退となりました。

多満子は愛莉が言っていた事が気になり萩原に会いに行くと彼は元プロボクサーで網膜剥離となり引退した事を知ります。

また、酔っ払って帰宅した萩原は妻が浮気したと誤解し家にいた妻の上司を殴って怪我を負わせしまいました。それがきっかけで離婚する事になり娘とも離れてしまったのです。

中学生になる娘が卓球部に入った事を知りいつかラリーでもしたいと思いフラワー卓球クラブにやってきたのです。

多満子も付き合っていた江島が愛莉に寝取られ逃げるように会社を辞めた事を伝えます。

多満子は「一発殴ってやれ」と萩原に言われ強引に江島のもとへ連れて行かれるが彼は多満子をやばい女だったと馬鹿にして話していました。

多満子は帰ってしまうが萩原は「不器用なりに一生懸命生きてる奴をバカにしてんじゃねーぞ」と言い放ちます。

 

「江島・愛莉を来年つぶすぞ」と萩原は言います。

萩原はサウスポーだと分かり「なんでもっと早く言わないの」と多満子は怒ります。

多満子と萩原は猛練習を開始し道場破りを繰り返します。

とてつもなく成長する部員たち…

ある日、萩原の元妻と娘が訪ねてきました。

多満子は「彼は酒は飲まないし仕事も卓球も頑張っている」と伝えると元妻は過去を許し「取引先が会ってくれるから面接日を伝えようと思って」と言いました。その日は卓球の試合と重なっており多満子は戸惑います。

また、江島が訪ねてきて「愛莉とペア解消したんだ。両方の意味でペアを組みたい」と言ってきました。

 

結末

多満子は萩原が面接に行かれるように、ペア解消を申し出て江島とやり直したいと言いました。

なんのために練習してきたんだと萩原は怒るが最終的に「分かった、幸せになれよ」と多満子の頭を撫で出て行きます。

2人がペアを解消し試合に出ないため他の部員も出場辞退する事にしました。

出席日数が足りず留年がまた決まった佐々木優馬の呼びかけにより落合夫婦と弥生は会場に向かいます。

また弥生から連絡をもらった仕事中の多満子の前に面接をすっぽかした萩原が現れキスしてきました。

「迎えに来たんだよ、マイパートナー」

多満子は萩原に抱き着き「遅いじゃん」と言います。

 

落合夫婦、弥生・優馬は一生懸命戦ったが一回戦敗退となります。

そこへ多満子、萩原が参上します。

順調に勝ち上がり決勝まで進むと敵は江島・愛莉ペアでした。

あっさりと2セットを奪われた多満子は会場を見て「面接ダメにしたけど今度こそ2人を幸せにするんだよ」と言いました。

元妻と娘に手を振る萩原は「なんか勘違いしてるぞ、就職してほしいだけで彼女は再婚か決まっている」と言いました。

娘とラリーがしたいと思って卓球を始めたけど1週間でやめていました。そんな話をして2人は笑いふっきれます。

リラックスした2人は猛烈な追い上げを見せ観衆を味方に付けます。

接戦の末惜しくも負けてしまったがやりきった2人は満足し抱き合いました。

 

感想

江島みたいな鈍感で最低なバカな男いますよね。

ちょっと綺麗事が多く、スポーツと人生を重ねるのはありがちですが多満子と萩原の2人だけを中心に見れば楽しめるかも。

 

テキストのコピーはできません。