へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 マネー・トレイン 」 <ネタバレ・あらすじ>俺のマネートレインはどんな事があっても停めてはならんぞ!!

 

マネートレイン [Blu-ray]

 

監督 ジョセフ・ルーベン

 

◆ジョン(ウェズリー・スナイプス)

◆チャーリー(ウディ・ハレルソン)

◆グレース(ジェニファー・ロペス)

◆パターソン局長(ロバート・ブレーク)

◆トーチ放火魔(クリス・クーパー)

◆ライリー(ジョー・グルファシ)

 

< ネタバレ あらすじ >

  マネー・トレイン

 

公安部に所属するジョンとチャーリー。

親がいないチャーリーは施設を抜け出しゴミ箱に埋れていたところジョンに助けられました。

ジョンの親に拾われ2人は義兄弟となるが互いに兄弟と認め合っていました。

 

チャーリーは高価な腕時計など身に付け囮捜査として駅のホームに酔っ払ったフリをして向かいます。

ベンチに座ると早速若者2人が食い付き離れて監視していたジョンが追います。

犯人の1人が線路に逃走しジョンとチャーリーは追い掛けるが線路には売り上げを積んだマネートレインが走っていました。

連絡を受けたパターソン局長は「マネートレインを停めてはならない、予定通り動かせ」と命じました。

マネートレインの到着を46分遅らされ激怒したパターソン局長は2人を呼び出し「2度と私の列車に近付くな、次は容赦しないからな!」と説教します。

2人が追い掛けたスリの犯人は列車強盗と間違われ問題視するがパターソン局長は「マネートレインに近付いたら最期の運命になると分からせる事が出来たから犠牲は無駄にならない」と言いました。

腹が立ったチャーリーはマネートレインの模型を盗んでいて2人は爆笑します。

 

チャーリーはギャンブルから抜け出せずジョンから金を借りては負けていました。

当然ギャングから借金がありジョンはいつものように肩代わりするからと助けていました。

ある日、ボスのライリーから新しい捜査官を紹介されると美しくスレンダーな女性であり2人はグレースを一目で気に入ります。

今日も囮捜査で駅のホームで張り込むが放火魔が現れ捕まえようとしたグレースが取り逃がしてしまいます。とりあえず金は奪い返した事で2人は問題ないとグレースを慰めます。

 

囮捜査チームは人手が足りない理由でマネートレインの護衛を手伝うが2万5千ドルが無くなりパターソン局長に疑われ呼び出されます。

ギャンブル好きで借金があるチャーリーは特に怪しまれます。

しかし集金係の仕業だと連絡があり謝罪がないことに頭にきた2人は「マネートレインのかっこいい模型どこにいったんだ?!」とおちょくりその場を去ります。

金を盗んだと侮辱されたチャーリーは地下鉄の線路の梯子の出口がある場所をチャーリーに教え列車強盗しないかと言います。

冗談だと思い適当に話を合わせるジョンだがどうやらチャーリーが本気だと気付き「俺たちは公安官だぞ、現実を見ろ」と当然ながら叱ります。

 

スポンサーリンク
 

チャーリーがグレースに惚れているのでジョンは身を引くがその事でグレースは怒ります。ジョンとチャーリーは両想いだったのです。

ジョンは借金返済に使えと貯金をチャーリーに渡すが電車のなかで擦られてしまいます。ギャングにボコボコにされたチャーリーは謝罪するためジョンの家に行くとジョンとグレースがベッドで寝ているのを目撃します。

 

線路に突き飛ばされる事件が発生してる時にまた犯人が現れました。囮捜査をしていたのはグレースでそれに気付いたチャーリーが発砲しジョンとチャーリーが追い掛けます。

足元に油が広がっていることに気付いたジョンは鉄パイプで火鉢を起こします。犯人は炎に包まれ走ってきたマネートレインに轢かれました。

パターソン局長から2人はついにクビを宣告されてしまいます。

 

金を返さないとジョンの命はないとギャングに脅されたチャーリーはマネートレインの金をねらいます。

その頃、チャーリーが脅されている事を知ったジョンはギャングのボスに「金は俺が払うって言ったろ、チャーリーに近付くな」と訴えます。

ジョンは誕生日パーティーを開いてもらうがチャーリーからマネートレインの模型が届き「1人で金を盗む気だ」と気付きます。

グレースから「家族はあなただけでしょ」と言われたジョンは急いで向かいます。

 

チャーリーはマネートレインの床下を線路からガスバーナーでこじ開け侵入し列車を動かします。梯子がある位置に止め成功したかに思えたが登ると警官がパトロールしていました。

なんて運がないのだと悔しさを爆発させている時にジョンが駆け付けました。

「なんで分かった?」と聞かれたジョンは「前に計画を俺に話たろうが!」とツッコミます。

やめるよう説得するジョンだがパトロール局長の部下が追ってきたため仕方なくマネートレインを動かします。

 

自動ブレーキを使われると予想した2人は止まらなくなるがオイルを抜く選択をとります。

パターソン局長から命じられた部隊が前方にバリケードを張って立ち塞がるがマネートレインはビクともせず突破しました。

無線を聴きながら車で2人を追っていたグレースは喜びます。

パターソンは同じ線路を走る電車にホームで停まるなと指示します。電車が現れたらマネートレインが停まるだろうと思ったのです。

 

金を盗もうとするチャーリーと阻止したいジョンが喧嘩となります。

チャーリーはジョンの説得を受け入れるがパターソン局長が走行させた電車と衝突を繰り返します。

脱線すると乗客の命が危ないため衝突したら自動的にギアをバックに入れるよう長いパイプで細工し普通列車に飛び移ります。

2人が普通列車に飛び移ったあとマネートレインは脱線して転がっていきます。

「私のマネートレインが…!」と呆然となるパターソン局長は犯人を捜すよう命じるがマネートレインには誰にもいません。

ジョンとチャーリーは「手伝うことはないか?!」と駆け付けたフリをして誤魔化し多くの市民を危険にさらしたパターソン局長は逮捕される事になりました。

新年を迎え楽しむジョンはチャーリーのジャケットが膨らんでいることに気付き問いただすとマネートレインの一部の金を盗んでいた事をしります。

そして、兄弟喧嘩が始まりました。

 

blog.netabare-arasuji.net