「 七日の王妃 」 全話の< ネタバレ あらすじ >を纏めました。~七日で廃妃となった端敬王后~ 重要人物・感想

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

韓国ドラマ 七日の王妃 DVD-SET1+2 12枚組

 

 

王妃となって7日で廃妃となった端敬王后!

史上最悪の暴君として有名な燕山君と晋城大君(後の中宗王)に愛された悲恋な人生!!

燕山君はどうして暴君となってしまったのか?また先王が残した密旨の在処は?それもこのドラマの見所の一つ。

<重要人物・キャスト>紹介の後ネタバレになります

 

 

 

<   重要人物  >

 

◆イ・ヨク=晋城大君(ヨン・ウジン 少年期ペク・スンファン)

後の第11代王・中宗。 燕山君の異母兄弟の弟。王子。

先王からの遺言、そして母である慈願大妃から「王に命を狙われる・信用するな」と言われ何も見ないようにして育つが刺客に襲われた事で復讐を誓う。

少年期の頃に勝手にチェギョンとの婚姻を決められるが心から愛するようになる。

 

◆第10代王・燕山君(イ・ドンゴン)

弟だけを可愛がる先王に嫌われ実の母親は廃妃となり毒殺される。

先王から「お前が王になったら朝廷を滅ぼす。弟に王座を譲れ」と遺言を言い渡される。

汚れた血筋に対する偏見と嫌悪、それに対する不安と苛立ちを抱えながら誰も信用できる重臣がいないなか王を務める。

忍びで街に繰り出しチェギョンと会った事で心が優しくなるが・・・・朝鮮史上最悪の暴君となってしまう。

 

◆シン・チェギョン(パク・ミニョン 少女期パク・シウン)

後の端敬王后。高官の娘。

予言によって父親の意向により都から離れた居昌で隠されて育つが偶然出会った王子との婚姻が決まる。

燕山君と晋城大君に愛される。

 

◆チャン・ノクス(ソン・ウンソ)

側室として燕山君を支える。

サホンと結託して朝廷を我がものとしようとする。

朝鮮最大悪女の1人。

 

◆慈願大妃(ト・ジウォン)

イ・ヨク=晋城大君の実母。

燕山君から息子を守ろうとする。ヨクを王にするため計画を練る。

 

◆ソノ(チャン・ソン)

貧しい盗人。王への献上米を盗み民から暴力を受けていたところを晋城大君とチェギョンに助けられた事がきっかけで忠誠を誓う。

父親マッケは先王の仕官であり先王が残した「密旨」の在処を知っているただ1人の人物。

 

◆ユン・ミョンヘ(コ・ボギョル)

副総監ウォンジョンの姪。

流刑となったヨクが刺客に襲われ瀕死状態だったところを助ける。

密かに愛しながらヨクを王にさせるため協力する。

 

◆シン・スグン(チャン・ヒョンソン)

都承旨~左議政。チェギョンの父親。

蚊帳の外であった王子に忠誠を誓って支えていた事で王となった燕山君から信頼されている。妹は燕山君の正室。

庵主から「チェギョンが王室に嫁げば朝廷と王室が血に染まる」と予言を受けた事で娘を隠すが晋城大君との婚姻が王命として下ってしまい困惑する。

 

◆イム・サホン(カン・シニル)

提調~都承旨。

燕山君の側室ノクスと結託し朝廷を我がものにしようとする。そのために晋城大君は邪魔な存在と考え命を狙う

 

◆パク・ウォンジョン(パク・ウォンサン)

副総管。ミョンヘの叔父。慈順大妃の側近。

流刑となったヨクが王宮に戻ると高官の座に付くため、そしてヨクを王にするため動きだす。

王の舅となる目的があり姪ミョンヘを王妃にしようと企むが・・・

 

スポンサーリンク
 

 

< ネタバレ あらすじ >

 

◆前編(前編) 先王が残した密旨により命を狙われる晋城大君×孤独な燕山君

 

◆中編(中編) 生きていた晋城大君・兄弟の再会・密旨の在処は女人の身体

 

◆後編(後編) 燕山君の暴走を止めるための選択! 永遠の愛の誓い!

 

 < 感想 >

 

なんとも切ない。この時代、最も権力があるのが表向きは王ではあるが朝廷を操っているのはやはり重臣たちですね。

ドラマでは町に繰り出し調べたりするのを頻繁に見るが実際にはおそらく不可能であり重臣たちの報告でしか分かっていないと思う。

実際は本当に左議政の力を得るために王子の時に婚姻したのでは?と頭をよぎってしまい調べると夫婦の仲は良く王妃を退かせるべきと進言されるなか最後まで反対していた記録があるみたいですね。

離縁してしまうが中宗は彼女をしのんで仁王山の岸にいる端敬王后の実家を遠くから眺め、その事を知った彼女が一緒にいる時によく着ていたチマ(韓服の下衣)を広げていたため「チマ岩」と呼ばれるようになった。チェギョンの永遠の愛の誓い方は間違いないのかも知れませんが謀反により王に立てられたので中宗も断る術がなかったのかも。

中宗は後継ぎの件があるため2人の王后9人の側室により9男11女を得たが廃妃シン氏は生涯独り身で71歳で亡くなっています。(廃妃となったが21代英祖の時に復位・端敬王后となる)。

そういえばこのドラマに出てくるミョンヘが中宗の2番目の章敬王后なんだがその話も取り入れて欲しかった。