映画「ニキータ」ネタバレあらすじと結末/警官を殺した少女は暗殺者として訓練される・主演 アンヌ・パリロー

 

作品情報キャストの紹介

リュック・ベッソン監督がアンヌ・パリローを主演に映画化。

強盗に失敗し逮捕されたニキータだったが暗殺者になる素質があると目を付けられ読み書きや話し方、格闘技を訓練します。女性らしさも学び数年後に解放された彼女は恋人も出来るが次々と指令が入る。

監督リュック・ベッソン。 ◆ニキータ/マリー/ジョゼフィーヌ(アンヌ・パリロー)◆マルコ(ジャン=ユーグ・アングラード)◆ボブ(チェッキー・カリョ)◆アマンド(ジャンヌ・モロー)◆ヴィクトル(ジャン・レノ)

 

 

ネタバレ あらすじ

ニキータ

深夜の薬局に強盗に入った麻薬中毒者の男女。

この店は強盗犯の中にいる気弱な少年の父親の店だったが警察が突入してきたので銃撃戦となりました。

犯人グループ生き残りの少女は警官を射殺し捕まってしまいます。

取調べで女性はニキータと名乗り目の前に出された鉛筆で刑事の手を刺しました。

 

暗殺者の素質

警官3人を殺した罪で無期懲役の判決が下されます。

ふざけんな!と暴れたニキータは注射されママと泣きながら眠りにつきました。

目を覚ますとニキータの前に政府の秘密警官ボブが現れ読み書きや話し方、格闘技を訓練し国のために働くよう言われます。

承諾しなければ死ぬと言われニキータはボブが持っていた銃を奪い脱走を試みるが銃弾は入っていませんでした。

しかし銃弾が入っていないのは一発目だけであり銃を取り上げられたニキータは足を撃たれます。

 

人間らしく本当の女性に生まれ変われと言われアマンドから微笑み方、表現を徹底的に教育されます。

格闘技の指導員の耳に噛み付いたニキータだがボブは最初から暗殺者になる素質があると思っていました。

ボブは誕生日ケーキを持って行き期限はあと二週間だと伝えるとニキータは真面目に訓練に励みました。

数年後の誕生日、街のレストランに連れて行かれたニキータは喜ぶがプレゼントを開けると拳銃が入っていました。

「後ろに座る人物に二発撃ち込みトイレの窓から脱出して待機している車に乗り込め」

3分以内と言われたニキータは実行するがトイレからは脱出不可能となっており自力で訓練所まで戻りました。

これは最後のテストでありニキータは明日から外に出られるとボブから聞かされ最初で最後のキスをしました。

スポンサーリンク

 

任務

任務の指令は予告なしに入ると忠告され、マリーという看護師の個人証明書とコードネーム”ジョゼフィーヌ”を与えられ1人で生活する事になります。

マリー(ニキータ)はスーパーの店員マルコを家の食事に誘いそのまま一緒に暮らし始めるがマルコは半年経ってもマリーの人間関係が分からず気になります。

指令が入ったジョゼフィーヌはホテルの従業員に成済ましルームサービスで飲物を届けます。

仕事はそれだけであり買物して家に帰るとボブから電話があり親戚として遊びに来て欲しいとお願いします。

ボブは婚約祝いとしてベニス旅行をプレゼントしました。

 

結末

ベニス旅行を楽しむマリーだが指令が入りバスルームに行きます。

戸棚の中にあった無線機を取り付けライフルを組み立てると窓から見えるターゲットに標準を合わせ待機します。

マリーがどんな人間でも愛するから過去の事はすべて話した方が楽だとドア越しにマルコに言われ涙を流しながらジョゼフィーヌは任務を完了しました。

ソ連大使が本国へ帰る前に機密情報を探るから証拠を掴めと指令が入り仲間と準備にかかります。

何処から情報を得ているのかを探るため大使の愛人宅に侵入し大使を眠らせました。

大使に成済ます計画だったが大使と護衛官は暗号を使っていた事を知った本部は後始末をするよう暗殺者のビクトルを送り込んできました。

ビクトルは大使の護衛官を殺したあと大使の顔を薬品で溶かしました。

 

大使に変装し機密情報を手に入れるがもう人殺しはしたくないと思い大使館から逃げます。

なにがあったか把握できない待機していたビクトルは追ってきた者を始末すると銃撃戦となってしまい2人は車で逃げました。

車を停めるとビクトルはすでに死んでおりマリーは家に帰ります。

マリーの仕事に気付いていたマルコから仕事を辞めて逃げようと言われるが自分と一緒にいると危険が迫ると思い1人で逃げる事にしました。

家にやってきたボブに、もう罪を償ったから解放してやれとマルコは言い機密情報を渡しました。

「お互いに寂しくなるな」

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました