中国ドラマ「お嬢さま飄々拳」全話ネタバレあらすじ(作品情報キャスト)感想を交え結末まで

 

作品情報/お嬢さま飄々拳

優秀な者だけが在籍する大学で書科学科で学ぶカンフー女子とツンデレ御曹司が織りなす中国学園ラブストーリ。

スポーツや芸術・文化面で優秀者のみが在籍を許される雲起大学。

武術、書画の達人である祖父に育てられた風飄飄は文系を専攻とする書画学科への入学を果たすと、衛式太極拳の継承者にして学院の王子である学生会長・衛楚が怪我による1年半の休学から復学した。

衛楚は風飄飄の才能を見抜き弟子として育てながらも互いに惹かれ合っていく。

そして旧態依然とした伝統を打ち破り太極拳の未来を築くという夢を叶えるため流派を越えて手を組み全国武道大会の優勝を目指す。

キャスト

衛楚ウェイ・チュー(ビー・ウェンジュン)

太極拳四大流派・衛式太極拳の継承者。若くして天賦の才を持ち囲碁や書画などあらゆる分野で秀でた才能がある王子様的クール系イケメン。

風飄飄フォン・ピャオピャオ(スン・チエン)

太極拳の達人である祖父に育てられたおてんば系女子。誤解からプリンセス的存在となるが衛楚を助けた事がきっかけで師弟関係を結び太極拳振興の道を歩み始める。

陳冰チェン・ビン(ディン・ゾーレン)

太極拳四大流派・陳式太極拳の継承者で楊式太極拳の継承者ヤン・ニンシュエの婚約者でもある。素直で情に厚く明るい性格。

月山旬(佐藤寛太・劇団EXILE)

書画の名家出身で日本からの留学生。鋭い洞察力があり正義感が強い

白海洋バイ・ハイヤン(ジア・ジュンユー)

四大流派・白式太極拳の継承者。衛楚と互角の腕を持ち良きライバルで親友。

蕭笑シャオ・シャオ(ジャン・シンユエ)

風飄飄の親友。四大流派と敵対する八岐門の門主。

談臨タン・リン(チー・ペイシン)

八岐門の承継者の1人で拳道学科で主将。衛楚を狙う

楊凝雪ヤン・ニンシュエ(ワン・チエンウェン)

衛楚を尊敬する四大流派・楊式太極拳の継承者。女性でありながら継承者としての教育を受けてきた。

スポンサーリンク

 

ネタバレあらすじ

 

第1話/学生会長の帰還

体操のイメージがある太極拳は元代末期が起源の拳法で中心にあるのは陰陽に基づく思想であり技に剣術と経絡額、体操の要素が徐々に組み込まれていったのです。創始者は武術学校を開き子孫たちに技を伝授していき清代には陳式太極拳の宗師が逆賊を1人で蹴散らし功績をあげたと言われているが武器が使われるようになると存在感を失っていきました。健康のために修練する者が増え実戦性は失われていったが本来の太極拳を守ろうとする隠流は俗世を離れ技を伝承していました。

 

スポーツや文化・芸術など優秀者だけが集まる山奥にある大学CMFU(雲起大学)。

入学試験に向かう風飄飄(フォン・ピャオピャオ)は迷ってしまい川沿いで「武経七書」を読んでいた男子学生にCMFUの尚香学院の場所を訪ねて先を急ぎ絵を提出する事ができました。

面接会場に向かう途中また川沿いに出てきてしまうと男子学生の書籍リストが落ちていたので拾います。彼の名前が衛楚(ウェイ・チュー)だと分かり入学したら必要な本なのだと思い持って行きます。

 

公子と淑女

CMFU代表として全国武道大会で優勝したあと姿を消していた衛楚が1年半ぶりに帰還すると生徒会で発表されました。

門外不出の掟と閉鎖性から隠流は衰退していくと考える衛式太極拳の継承者で太極拳の未来を担う衛楚は流派を越えて太極拳の発展を夢見ています。

拳道学科の談臨(八岐門の承継者)は長く学校を離れていたのに帰還してすぐに生徒会を率いるのは反対だと述べるが現会長の白海洋(白式太極拳の継承者)は自分が補佐するから問題ないと告げます。

その頃、書画学科に合格した風飄飄は本を買いそろえて入学すると提出した絵が大絶賛を浴び先輩の靳柔(ジンロウ)と艾佳(アイジア)は「まれに見る優れた作品だ」と評価します。

そこにやってきた風飄飄は懐かしく感じる絵だと思い見とれていると「君の絵は素晴らしい」と孔先生に言われ祖父の絵を間違えて提出した事に気付きます。

「人生経験ない若い子が描いたとは思えないけど本当にあなたが描いたの」と艾佳に聞かれるが強い信念を持って精進すれば書画は学べるのだと先生から横やりが入ったので本当の事が言えなくなってしまいます。

スポンサーリンク

 

親友の蕭笑(報道部)からイケメン学生会長が戻ったと知らされ写真を見ると道を教えてくれた衛楚だと風飄飄は気付きます。

衛楚は囲碁学科に移ってすぐに「公子」に認定されたと聞かされ、「淑女」と見なされ一躍注目の的になってしまったのはリストの本を持ってたせいかと気付きます。

本当の事を話せば絵のこともバレて退学になるかもしれないのでどうしたらいいか迷います。気分転換にご飯を食べに行くが「淑女はあんなに食べるのか」とヒソヒソ聞こえてくるため蕭笑にあげてブロッコリーだけ口にします。

 

太極拳の才能

掃除していた生徒が誤って絵を破いてしまい「三日で直してくれ」と先生にお願いされ咄嗟に「同じ心境にならないとこのレベルに達することはできない」と誤魔化すが入試トップの絵がないと話しにならないため作品を入れ替えようと言われてしまいます。

退学になるよりマシだと思い規則を破って寮を抜けだし家に向かうと衛楚が八岐門の奴らに因縁を付けられていたのでスマホでサイレンの音を響き聞かせて助けます。

「お礼はいいのよ」と伝えると「頼んでない」とそっけなく言われ文句言おうとしたが警察など来ないと気付いた八岐門の奴らが戻ってきました。

太極拳の達人である祖父・風並行(フォン・ビンシシ)の姿を見て学んでいた風飄飄は咄嗟に白い布で顔を隠し全員返り討ちにしました。

風飄飄は家に戻り「おじいちゃんの絵を参考にしたい」とおねだりしてゲットする事に成功しました。

(まだ1話なんで衛楚がなんで怪我したのか分からないがコメディ要素たっぷりで面白いですね。風飄飄が太極拳の才能があることを忘れてましたよw始まったばかりで感想は特にないが談臨がウェンツに似ている事と白海洋がイケメンだと思ったかなw)

 

第2話/果たし状

7人の使者を送ったのに返り討ちに遭ったと知る談臨は激怒すると「衛楚ではなく太極拳の使い手の女が現われた」と聞かされ興味を持ち連れて来いと命じます。

風飄飄は無事に祖父から仕入れた絵を提出し誤魔化すことに成功するが太極拳の事は隠せと忠告されたので口止めさせねばならず衛楚の家を捜します。

川沿いに突っ立っている衛楚を目撃し声をかけると「女侠には会ったが君は誰だ」と馬鹿にされたので「太極拳の使い手だとバラしたら叩き潰す」と言い放ちさります。

寮に戻ると「すごい噂になってるけど何したの」と蕭笑に聞かれます。艾佳に盗撮された画像が大学のSNSにアップされており熱愛報道となっていたのです。

靳柔と艾佳に詰め寄られた風飄飄はわざと泣く真似をして生徒達からの同情を買います。

 

談臨はわずか12人しかいない太極学科は廃止にするべきだと生徒会で述べるが白海洋は数々の栄誉に輝いた部であるし掟である10人を切ったわけではないと反対します。

衛楚は太極学科に顔を出し喜ぶ白海洋たちに囲碁学科に転部したからと主将の牌を返却しました。

「学生が減ると廃止になる危機であり助けてください。戻ってきてください」と頼まれるが衛楚はすまないと一言残し去っていきます。

太極学科一掃を目論む拳道学科が「敗者は5名を相手の部に移す」という条件で果たし状を持ってきました。衛楚がいないのなら己の能力で守るしかないと決心した白海洋は「挑発を受けてやる。負ければ5人やるが買った場合は謝罪だけしろ、誰でも入れるような部ではない」と言い放ちます。

スポンサーリンク

 

雨宿りをしていた風飄飄は鉢合わせた衛楚からジャケットを被せられるがアイロンで焦がして穴を開けてしまいます。

御曹司であるためさぞかし高い服だろうと悩み太極学科と拳道学科が試合をするみたいだから助太刀しようかと親切に訴えると自分で何とかすると言われてしまいます。穴あきのジャケットをそっと返すと「いつか弁償しろ」と言われドアを閉められてしまいます。

試合当日、風飄飄は生徒達にまぎれて見に行くと談臨の仕業により昼飯に薬を混入された白海洋がいませんでした。

あっさり拳道学科が4勝し窮地に陥るがそこに楊凝雪(楊式太極拳・継承者)が現われました。

(拳道学科はしょうもない奴らしかいないのかしら、そんなんで勝って嬉しいのかねwここまでしてくるのなら衛楚が怪我をしたのも奴等が何か関係してそうだけどどうでしょう。風飄飄と衛楚の掛け合いが面白い、これから恋愛に変わっていくのでしょうけどもう気にしている段階で好意はありますよね)

 

全話一覧

1話と2話はこのページになります。

 

3話・4話・5話・6話まで

迫る捜索綱/疑いの代償/奇跡の料理人/秘密の弟子入り

7話・8話・9話・10話まで

日本からの留学生/二股疑惑/飄飄の反撃/暴かれた嘘

11話・12話・13話・14話まで

証明の時/心にいる人/再起不能/弟子の献身

15話・16話・17話・18話まで

祖母の猛反対/掟破りの代償/一門会議/誕生日の光と影

19話・20話・21話・22話まで

親友との対決/怨根の理由/直談判/5人目のメンバー

23話・最終回の24話まで

全国武道大会/夢の続き

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました