スポンサーリンク

「オールド・ボーイ」ネタバレ・あらすじ・15年監禁されていきなり解放された中年の復讐(感想・キャスト)

韓国映画作品一覧 韓国映画

 

 

作品情報・キャスト

「JSA」で記録的大ヒットを放ち韓国映画の新たな時代を切り開いた鬼才パク・チャヌク監督が日本の劇画「ルーズ戦記 オールドボーイ」を映画化。

平凡なサラリーマンのオ・デスは何者かに拉致され監禁されたが15年経って急に解放されます。

開放感に喜ぶものの記憶を失ってしまったオ・デスは若い女性ミドに救われ自分から自由を奪った者達に粛週を誓う。

◆オ・デス(チェ・ミンシク)◆イ・ウジン(ユ・ジテ)◆ミド(カン・ヘジョン)◆ジュファン(チ・デハン)◆パク(オ・ダルス)◆ハン(キム・ビョンオク)◆ヒョンジャ(イ・スンシン)

 

スポンサーリンク

ネタバレ あらすじ

 オールド・ボーイ

 

平凡なサラリーマンのオ・デスは泥酔して交番に補導されます。

娘ヨニの誕生日なんだからさっさとしろと訴えるが泥酔して暴れるため友達ジュファンが迎えに来るまで釈放されませんでした。

公衆電話からすぐに帰ると連絡するが何者かに拉致され泥酔から冷めると小部屋に閉じ込められていました。

「笑うときは世界と一緒、泣くときはお前1人」と書かれた不気味な絵画が飾ってあり、ロシア軍がチェチェン攻撃に使ったベリウムガスが部屋に放たれると眠りにつきます。

気を失っている間に散髪や着替えが終了しており、テレビを付けると何故か妻殺しの容疑で指名手配されていました。

3年が経つと皺も増え今まで何回か自ら命を絶とうとしたが失敗に終わるので不可能だと諦めます。誰かを苦しめたことなどを書き始めると無難な人生だと思っていたが山ほどありました。

身体を鍛えながら箸で壁を削っていくと・・・

 

15年後

オ・デスは急にビルの屋上で解放されます。

太陽の光になれてくると拉致された公衆電話の位置にマンションが建ったのだと気付きます。

屋上でちょうど命を絶とうとする者がおり15年振りに人と会うオ・デスはネクタイを掴んで助け自分が今まで閉じ込められていた事を話します。相手も自分のことを話そうとするがオ・デスはエレベーターに乗り込み一階に降りると先ほどの者が飛び降り止まっていた車の上に落下しました。

金もない、妻殺しの犯人、電話もない、

どこに行ったらいいか分からないオ・デスはチンピラからタバコを貰い想像訓練で鍛えた武道を試してみると勝利しました。

するといきなり小汚い奴が現れ携帯と財布を渡されます。

大金が入っていたので板前さんを訪ね「生きているものが食べたい」と言いました。

鳴った携帯に出ると「お前専攻の学者だ。今までの人生を復習しろ、砂粒であれ岩の塊であれ水に沈むのは同じだ」と言われます。

生ダコを食いつくすオ・デスは気を失ってしまい女性の板前ミドに助けられます。

女性と対面するのも15年振りなため想像訓練を試すが・・・立ちませんでした。身体からアリが出てくるのを目にしたオ・デスはそんな経験があるかと聞くと孤独な人はアリの幻覚を見るらしいと言われます。

 

7.5階ビジネス

ミドは記者に扮してオ・デスの娘さんが何処にいるのか調べます。親戚の家を訪ねると5年前に国際電話で母親を殺した事も知らずに父親の居所を聞いてきた事を知ります。医者である義父母の連絡先を教えて貰うが住所はストックホルムでした。

15年間、餃子を食べてきたオ・デスは店を一軒一軒回るが同じ味にたどり着けません。疲れて家に帰るとミドはチャットで遊んでおり「何してんだ」と覗き込むとチャット相手から「久しぶりですね、オ・デスさん」と言われます。

ミドが信用できなくなったオ・デスは家を出て行き1人で調査すると餃子は出前だと分かりそこから「敵」を見付けました。

エレベーターで、7階と8階を同時に押すと7.5階の監禁ビジネスのアジトに到着します。

「なんで俺を監禁したんだ」と押し入るとパクは「このビジネスは秘密が命なのに・・・」と怯えます。15年の苦しみを与えるため拘束して歯を一本一本ペンチで引っこ抜いていきます。

廊下に出るとパクの部下たちがいたのでオ・デスは1人で戦い背中を刺されるものの全員を倒して脱出します。自分は怪物にもなったのだろうかと思いながら歩いているとまたもや倒れ気を失ってしまうが気付くとミドの治療を受け家に戻っていました。

アジトから持ち帰った自分の記録を納めたテープを聞くと口数が多いとの理由で15年の監禁を依頼した者がいる事が分かります。

「今頃、ジュファンの家だろ」

友達ジュファンを思い出し会いに行くと生きていた事に驚かれ抱きしめられます。

テープを聴かせると「お前の浮気相手は260人だし、その亭主の名前なんか知らん」と言われます。

スポンサーリンク

 

ジュファンがネットに詳しい事でミドのチャットのIDを教え調べて貰います。

ジュファンは「お前の周りの人物から犯人を捜すべきだと思う」と言いながらパソコンを操作すると「デスの事件は時効だ、おめでとう」というメッセージを見付けます。

デスはミドを捕まえて拘束し「お前は誰だ」と訴えるが口を割りません。その時ジュファンから電話がありペンネーム・エバーグリーンの正体はス・デオだと知らされます。

しかし、住所を教えて貰うとちょうど向かいのビルの同じ階でした。

デスは押し入ると二人の男が立っていました。

「復讐するのか? 15年間閉じ込められていた理由がわからないままでいいのか。拷問すれば俺は自ら命を絶つ。自分で見付けるしかない」

前に電話してきたものだと分かるがデスは何もしないで解放しました。するとミドの悲鳴が聞こえ急いで戻ると彼女はパク達に拘束されており歯を抜いた復讐に遭いそうになります。

だが報酬が届けられるとパクは何もせず去って行きました。

 

見えてくる犯人

デスはミドと一緒に場所を移し身体を重ねます。しかしガスが充満して気を失い意識が戻るとパクの切り落とされた腕がプレゼントのように置いてありました。

盗聴され尾行されているのではと気付くデスは「盗聴されている」と紙に書いて業者に見せると靴のかかとに仕込まれていました。

ミドは「復讐する姿を見て楽しもうとしているのではないか」と言います。

エバーグリーンで検索をかけると「オールド・ボーイ サンノク高校ホームページ」が出てきました。

自分の出身校だったため学校を訪れ生活記録簿を見せて貰うと男の名前がイ・ウジンだと突き止めるがアメリカに留学しており覚えていませんでした。ジュファンに電話しても覚えていなかったが同期のスアが自分が転校してから溺れて亡くなった事を聞かされます。

ジュファンは「あいつはアバズレだった」と悪口を言うと近場で聞いていたイ・ウジンは怒ってジュファンを殺し「俺の姉貴はそんな女じゃない、お前が盗聴器を外したから友達は命を落としたんだ」と言い放ちました。

亡くなったスアを調べていると「詳しく知っているのはあなたでしょ」と言われます。

同級生の女性の膝を見ていたデスは転校する日の事を思い出します。その時は男が誰か分からなかったがスアとイ・ウジンが教室で愛し合っていたのです。

目が合ったのでその場を離れたデスは友達ジュファンだけにその事を教えるが噂は広まりました。

そんな事で15年間閉じ込められていたのか。

「鹿が猟師の手から抜け出すように」

「鳥が罠から抜け出すように自らを救え」

旧約聖書箴言6章4節、箴言は英語でマキシム、エバーグリーンは高い塔に住んでいるというので6章4節は階数だろうと読み解きます。

一番上の「P」を押すと暗証番号を求められ迷っているとイ・ウジンが乗ってきて暗証番号を入れました。

 

結末

「お前は実の姉とした、俺が噂を広めたからスアは亡くなったのか」

スアが亡くなる日の写真がある事から一人ではなかったと推測します。噂が広まるとやがて妊娠していると噂話は変わりスアは信じて想像妊娠してしまいました。このままではすべてがバレてしまうと思いウジンはスアを突き落としたあとに想像妊娠だったと分かった。

デスは仮設を述べるとウジンは笑います。

デスは閉じ込められている間に後催眠暗示をかけられていました。それは催眠状態で暗示を掛け錯覚状態で行動させることです。

解放されてから店に行ってミドに出会うのもすべて暗示のせいです。

ウジンの復讐はデスだけでなく娘にも暗示をかけていた事です。そう、身体の関係を持ってしまったミドは娘だったのです。

デスは「娘には頼むから知らせないでくれ、娘には手を出さないでくれ」と跪いて謝罪し自分の舌を切ります。

ウジンはミドにも思い出させるために箱を届けるようパクに命じていたが「箱を開けないでください」と連絡しました。そして二人が愛し合っている現場を録音しておりそれを流して去って行きます。

「俺たちはすべてを知って愛し合った。お前たちはどうだ」

復讐を終えたウジンだがエレベーターの中で虚しさが残り、あの日、姉がダムに身を投じようとして懸命に腕を掴んだが支えきれなくなり手を離してしまった事を思い出し涙を流します。そして自らの頭を銃で撃ち抜きました。

娘に会わない事を決めたデスは自ら閉じ込められに行き日記の続きを書きます。

すると「私は獣にも劣る人間ですが生きる権利はあるんじゃありませんか」の言葉に動かされた催眠術師に助けられ雪山で解放されます。

催眠によって「秘密を知らないオ・デス」と「秘密を知っているモンスター」の二人の人間になります。一人の方は一歩歩くごとに年を取り70歳で安らかに亡くなります。

雪山を歩いていると「すいぶんやつれたわね、どこに行ってたの」とミドがやってきます。

抱きしめられたミドから「愛している おじさん」と言われデスは笑顔を見せました。

 

感想

最後、生き残った方はどっちの人間だったんですかね。正直どっちでもいいのですが。

むしろ復讐のために生きてきたウジンが自らの命を絶ったところでエンディングで良かった気がする。

関係性をしっかり描いて欲しかったかな。ハン室長の存在もいらないしパク率いる連中はあれはチンピラですかね。ウジンとどんな関係性があるのでしょうか。

ビジネスと言っていたのでただ依頼しただけだとは思いますがウジンが個人的に閉じ込めて解放した方がまだ現実っぽくていいかなと思いました。

デスがウジンに会いに行くとき(エレベーターに乗るとき)あの「解読」はなんだったのでしょうか(意味不明)。そして余計な台詞が多いとちょっと感じたかな。

 

 

テキストのコピーはできません。