へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 エスター 」< ネタバレ あらすじ > 養子に引き取った賢く行儀良い9歳の少女!何かおかしい!

 

エスター [Blu-ray]

 

監督=ジャウム・コレット=セラ

 

ケイト・コールマン(ヴェラ・ファーミガ) 

エスター(イザベル・ファーマン)

ジョン(ピーター・サースガード)

ダニエル(ジミー・ベネット)

マックス(アリアーナ・エンジニア)

シスター・アビゲイル(CCH・パウンダー)

 

< ネタバレ あらすじ >

           エスナー

 

ケイトはジェシカと名付けようとしていた3人目の子供を流産しアルコール依存症から脱出するものの精神的に辛い日々を送っていました。ケイトと夫ジョンは孤児院を訪ねてみるとパーティーには参加せず1人で歌を口ずさみながら絵を描いているロシア出身の少女エスターを気に入ります。

エスターは両親を火事で亡くしたがとても賢くて行儀がよく手を焼いたのは首と手首に巻いてあるリボンを外そうとした時だけだとシスター・アビゲイルは言いました。

 

養子として引き取りケイトはエスターと手を繋いで帰ります。

エスターはジョンの母バーバラに「お目にかかれて光栄です」と挨拶しました。

みんながケイトを可愛がるので長男のダニエルは不貞腐れるが妹マックスは気に入ります。

マックスは耳が悪く補聴器をつけているがエスターは一生懸命手話を覚えました。

 

ケイトは久しぶりに精神的に楽になりジョンと体を重ねるがエスターに見られてしまいます。

エスターが学校に行くのに着飾ったドレスを着たり、池の上に張った氷で遊んだり、風呂に入る時は鍵を閉めたりしていたのでケイトは注意します。

エスターが学校でリボンを取られそうになり狂ったように雄叫びをあげたと連絡を受けたケイトはピアノを教えたあと「話したくなったらいつでも聞くからね」と言いました。

ジェシカって誰なの?と聞かれ、流産した事を伝えるとエスターが涙を流したのでケイトは抱き締めます。

 

スポンサーリンク
 

 

エスターのリボンを取ろうとした同級生が滑り台の上から落下して大怪我を負います。

エスターが突き落としたと目撃情報があるが本人は「遊んでいただけ」と言い、目撃していたマックスは「滑っただけ」と手話で伝えました。

エスターがチャイコフスキーを完璧に弾いているのを見たケイトは「ピアノ弾けるの?」と聞くと「あなたが教えたがってたから弾けないフリをしていた」と言いました。

 

シスター・アビゲイルが訪ねてきて「私は間違いを犯したようです。エスターには何か問題がある」と言いました。

喧嘩騒ぎや泥棒騒ぎがあった時は必ずエスターがいて両親が死んだ火事は放火だと知らされます。

ケイトはカウンセリングを受けさせようとするが夫の前ではお利口さんにしているのでジョンは聞く耳を持ちません。

 

シスター・アビゲイルが車で帰ろうとすると車道にマックスが飛び出てきました。

慌ててハンドルを切って避けマックスに駆け寄るが背後からエスターにハンマーで殴られます。

ハンマーで何度も殴り始末したエスターはマックスを脅しツリーハウスに隠しました。

出てくるところをダニエルに見られたので夜寝ている時に首にナイフをあて「なにを見たの?」と脅します。

ダニエルは怖くて失禁しエスターは見下して馬鹿にします。

 

エスターをカウンセリングに連れて行くが「アルコール依存症や流産した事で母親失格だと引け目を感じ無意識にあなたが遠ざけている」と言われてしまいます。

ジョンから「 納得したよ」と言われるがシスター・アビゲイルの死体が発見されたと知りエスターを調べます。

しかしロシアの施設を調べるとエスターがいた記録がありませんでした。

 

エスターがプレゼントと言ってバラの花束を持ってきました。

ジェシカの遺骨をバラを育てる土に埋めたと伝えた事があり「絶対にわざとだ」と思ったケイトは腕を掴むとエスターは「パパ」と叫んで泣きました。

エスターは夜中に自分の腕を折り、ケイトが車を離れた時にはマックスを車に残したままサイドブレーキを解除しました。

ケイトは強く腕を掴んでないしすべてはエスターの仕業だと訴えるが酒を飲んだと疑われ「リハビリ施設へ行け」と言われてしまいます。

エスターは「話したらママを撃つよ」とマックスを脅します。

ダニエルはマックスが描いた絵を見てツリーハウスにハンマーが隠されている事を知るがダニエルは手話ができず声に出した事でエスターに聞かれてしまいます。

エスターは捕まればマックスも共犯だと言いツリーハウスを燃やしました。

 

エスターがエストニアの病院にいた事を突き止めるがツリーハウスが燃えているのに気付き急いで駆け付けます。

ダニエルは窓から飛び降り病院に運ばれます。ケイトは「放火したのはダニエルかエスターしかいない。どっちだと思う?」と聞いてもジョンが分からないと答えたのでさすがに呆れます。

エスターはジュースを買いに行くフリをしてダニエルの病室に侵入し枕を顔に押しつぶします。

ケイトはマックスが腕を引っ張るのでどうしたのか聞くとダニエルが急変した知らせを受けます。

ケイトはエスターを引っ叩き暴れるが取り押さえられ1日入院する事になってしまいます。

 

家に帰ったエスターは化粧をしてドレスを着てジョンを誘惑するが振られてしまい泣きます。

その頃、エストニアの病院にいるドクターから電話があり「すぐに家族を避難させ警察を呼んでください」と言われます。

エスターは下垂体機能不全で発育不全のため見た目は9歳でも現在33歳でした。首や手首には拘束具が食い込む傷跡がありリボンで隠していたのです。

分かっているだけでも7人を殺害していると知らされたケイトは急いで病室を抜け出し家に帰るがジョンは滅多刺しにされ死んでいました。

 

ケイトは腕を撃たれるがマックスが隠れているのに気付き手話で「そこで動くな」と伝えます。

ケイトはガラスを突き破りエスターの上に落下します。マックスを抱っこして外に出ると警察がやってきました。

しかし、エスターはいつのまにか家を抜け出しておりナイフで襲ってきます。

ケイトとエスターは割れた氷の穴から池に落下します。水面から脱出しようとするとエスターが足を掴んできました。

「お願い、助けてママ」

ケインは「私はあなたのママじゃない」と蹴り払うとエスターは沈んでいきました。

 

blog.netabare-arasuji.net