映画「パニック・ルーム」ネタバレあらすじ/密室サスペンスホラーコメディ

 

作品情報キャストの紹介

離婚したメグは娘サラを連れてセキュリティーに優れた家に引っ越します。

しかし前の住民が隠した財産を狙って強盗が押し入り、気付いたメグは娘を連れて家中を監視モニターでチェックできる隠し部屋パニックルームに逃げ込む。

密室サスペンスであり殺害されてしまう人もいますが、私はサスペンスコメディーのような気がして「ホームアローン」を思い出しました。

◆メグ(ジョディー・フォスター)◆バーナム(フォレスト・ウィテカー)◆ジュニア(ジャレッド・レト)◆サラ(クリステン・スチュワート)◆ラウーン(ドワイト・ヨーカム)◆

 

ネタバレ・あらすじ

パニック・ルーム

メグ・アルトマンは娘のサラ・アルトマンと供に庭付き4階建の豪邸物件を見に行きます。

前の持主が資産家で高齢だったためエレベーターがあり4階には部屋中を監視出来る隠部屋「パニック・ルーム」がありました。

気が乗らないメグだったがサラが気に入ったので契約する事に決め、

製薬会社の大物であり夫でもあるスティーブン(パトリック・ボーショー)が三流モデルと浮気したためメグはサラを連れて家を出ます。

メグは夜中に目を覚まし何気なく監視モニターを見ると男3人が侵入しているのに気付き慌ててサラの元に駆け付けます。

 

強盗

遺産相続でもめていたジュニア(ジャレッド・レト)は300万ドルの大金が隠されていると知り、相棒のラウール(ドワイト・ヨーカム)とセキュリティ会社に勤めるバーナム(フォレスト・ウィテカー)に話を持ち掛け空家だと思って侵入しました。

メグは「パニックルームから警察に通報したから欲しい物掴んでさっさと出て行け」とマイクで叫ぶがパニックルームを設計してきたバーナムは電話線を切ったので警察に通報出来るはずないと分かっています。

しかしパニックルームには開けてもらう以外に入れない事も知っていました。

ジュニアは「欲しい物はパニックルームの中にある」と紙に書いてカメラに向け、ガスをパニックルームに送り込みます。

しかし開けてもらわないと中に入れないため殺したら意味がないし脅すだけでも意味がなく男3人は言い争いとなります。

メグはガスが入らないようにガムテープで塞ぎバーナーで火を点けると換気口を通り炎がジュニアに襲い掛かります。

スポンサーリンク

 

メグとサラは空気穴からライトを点滅させSOS信号を発するが向いの住人は気付きません。

ジュニアとラウールが言い争いを始めそれをバーナムが止めようと二階に降りて行ったのをモニターで確認したメグはサラにドアを開けさせ携帯電話を取りに行きます。

しかしパニックルームは電波が入りませんでした。

電話回線を壁から引っこ抜きメインラインに継なげると電話が繋がります。

警察に住所を伝えるがお待ちくださいと言われてしまい待っている間に回線を切られると思ったメグはスティーブンに電話するが助けてと言ったところで切れてしまいます。

300万ドルどころか実はもっともっと大金が隠されている事をジュニアは口を滑らせます。ジュニアは金庫を開けさせ自分だけが大金を持って逃げようとしていたのです。

ジュニアはどうせ80万ドルは相続で手に入るからやめようと言い出し出て行こうとしたのでラウールに射殺されます。

そこへメグからおかしな電話があり駆け付けたスティーブンが捕まってしまいます。

 

結末

ジュニアが殺されスティーブンが暴行を受ける姿をモニターで見て叫び出すメグ。

またサラが持病である糖尿病の発作を起こしてしまいインシュリンを取りに行っている間にパニックルームに入られてしまいます。

メグは警察に通報しないしここから出ていかないからサラにインシュリンを射つようお願いしまう。注射を射ったとバーナムからマイクで報告されたメグはスティーブンの元へ駆け寄ると向いの家だけでなくスティーブンからも通報を受けていた警察がやってきます。

メグはただの悪戯電話だと言うと「もし危険な目に合っていて今なんらかの理由で言えないなら瞬き三回するとかしてください」と言われます。

一瞬戸惑うがサラの命が第一優先だと考えメグは何もしませんでした。

メグは監視カメラを1つ1つ破壊していく。

バーナムとラウールはモニターを見て、なんで俺達も最初ああしなかったのか悔やんでいたが、金庫を開け2200万ドルを見付け驚きます。

パニックルームから出てきたラウールにメグが殺されそうになります。だが最初から空家だと知らされ争い事には反対だったバーナムがメグを助けラウールを射殺しました。

バーナムは家から出ると警察に逮捕されました。

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました