へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 X-ミッション 」< ネタバレ あらすじ > 自然と一体化する事で地球を救いたいんだ!

 

X-ミッション [Blu-ray]

 

 

監督=エリクソン・コア

 

ユタ/ブリガム(ルーク・プレイシー)

ボーディ(エドガー・ラミレス)

パパス(レイ・ウィンストン)

サムサラ(テリーサ・パーマー)

ホール(デルロイ・リンドー)

 

< ネタバレ あらすじ >

        X-ミッション

 

スポンサーリンク
 

 

エクストリーム・スポーツで度胸が売りのユタは親友ジェフと共に危険な斜面をバイクで走行します。

YouTubeにアップするためヘリコプターから撮影されていたがジェフがジャンプに失敗し命を落としてしまいます。

 

ユタはエクストリーム・スポーツを引退し23歳で高卒の資格をとり大学と法科大学院を卒業しました。

FBI捜査官の訓練に参加するとホール指導官から本当になりたいなら本気を見せろと言われます。

アメリカ資本の大企業のダイヤが盗まれる事件が発生します。強盗犯はバイクでビルの100階から窓ガラスを突き破りパラシュートで脱出する離れ業で脱出しました。

そして盗んだダイヤの原石はインドの貧民街にばら撒かれました。

調査を命じられたユタだったがメキシコ上空で現金輸送機がハイジャックされ現金がばら撒かれた事件が入ります。

ユタはアフリカの伐採所が焼き払われてコンゴ川に沈んだ事件も同一犯ではないかと疑います。

史上初めてインガ急流を乗り切り逃亡した事になるためユタは犯人の犯行理由は分からないが「オザキ・エイト」を達成するのが目的だと気付きます。

エクストリーム・スポーツの先駆けと言われたオノ・オザキは8つの修練という難行を考え挑戦していたが3つ目の挑戦で亡くなりました。

犯人はアフリカで「フォースの噴出」、エベレストで「空の誕生」、メキシコで「大地の覚醒」を達成しています。ユタは次の「荒れ狂う水」は巨大な波が来るフランスだと予想しました。

 

ホール指導官から一時的にFBI捜査官のIDをもらい英国支局のパパス捜査官が面倒を見てくれるからフランスに飛べユタは命じられます。

フランスのビアリッツに到着しパパスにボートを出してもらいます。

仮説を立てた通り現地にはスポンサーが大金を使い若者たちが騒いでいました。

ユタは巨大な波に挑戦するが失敗してしまいます。気付くとアスリートからカリスマだと評されるボーディに助けられていました。

ボーディの仲間であるグロメ、ローチ、チャウダーに10年に1度の巨大の波を横取りした事で因縁をつけられるがボーディに「俺が呼んだんだ」と助けられます。

 

美女サムサラと出会い急速に惹かれていくユタはボーディ達が犯人だと確信し潜入捜査として交流を深めます。

「風の躍動」をやるから一緒に来ないかと誘われたユタは約束場所に行きます。ヘリコプターで降ろされ危険な崖を頂上まで登ります。

山頂からのダイブは風の流れを読んで乗らないと激突して命を落とす。

見事に成功するとユタはボーディ達から仲間だと認められます。

ユタは自分のせいでジェフが死んだ事を話すと飛ぶと決めたのは自分だとボーディに言われます。

「氷の命」嵐が近付いているためラインを見つけ一気にスノーボードで滑走すると仲間の1人が失敗して亡くなってしまいます。

 

スポンサーの金で遊んでいる連中じゃないのかとパパスから責められます。

あと一息だから待ってくれと訴えるウタはボーディに呼び出され鉱山から20年も金を盗んでる会社があるから金の鉱石を自然に返すと言われます。

自然を救いたいなら爆破するやり方じゃなくても良いと訴えるウタだったがボーディはすぐに実行してしまいます。

仕方なくFBIだと名乗り銃を突きつけるが鉱山が爆破されボーディはバイクで逃走します。

ユタは追い詰めるが「最初から警察の犬だと分かっていたが本当のユタに戻したかった」と言われ空に向けて発砲し逃してしまいます。

 

FBIはボーディ達の資金源を断たせるためスポンサーの資産を凍結させます。

ユタは銀行強盗するはずだと疑い調べると道が狭くて1本しかない山の上にある小さな銀行を見付けます。

捜査官と共に包囲すると銃撃戦となってしまいユタは逃げた1人を追い詰めます。先に銃で撃ったあとフルフェイスを脱がすとボーディではなくサムサラでした。

ボーディは仲間を失ったが目的は達成しました。

 

ユタは「六つの命の極意」は重力に逆らうロッククライミングだと予想します。

場所はFBIが干渉できないベネズエラのエンジェル・フォールだと読むウタは「究極の信頼」はどんな修練か解明されていないし失敗した「荒れ狂う水」は何年か待たなければならないため逮捕するしかないと思います。

エンジェル・フォールを登るボーディを発見しウタも必死に登ります。

到達したウタは先に達成したボーディを説得します。ボーディはまだまだ終われないと滝壺に落下し止めようとしたウタも一緒に落ちてしまいます。

なんとか生き延びたウタはこれが「究極の信頼」だと気付きボーディも生きてるはずだと確信します。

そして数年後、オザキ・エイトを達成し完全制覇するためボーディが現れると読んだウタはヘリコプターで向かうとボートを発見し降り立ちます。

必ず死ぬからやめるよう説得するがボーディは「俺の生き方だ。この道を貫きたい。お前なら止めないだろ」と言いました。

ウタは握手しヘリコプターに引き上げてもらいボーディが巨大な波に飲み込まれて行く様子を見届けました。

 

blog.netabare-arasuji.net