映画「P.S.アイラヴユー」ネタバレあらすじ/脳腫瘍で亡くなった夫から手紙が届く

スポンサーリンク

 

作品情報キャストの紹介

亡くなった夫から何故か次々と手紙が届き、なんとか立ち直って新たな人生を歩んでいくヒロイン。

世界的ベストセラーを2度目のアカデミー主演女優賞に輝いたヒラリー・スワンク、「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラーの共演で映画化。

◆ホリー・ケネディ(ヒラリー・スワンク)◆ジェリー・ケネディ(ジェラルド・バトラー)◆デニーズ・ヘネシー(リサ・クドロー)◆シャロン・マッカーシー(ジーナ・ガーション)◆ジョン・マッカーシー(ジェームズ・マースターズ)◆パトリシア・ライリー(キャシー・ベイツ)◆ダニエル・コネリー(ハリー・コニック・Jr)◆キアラ・ライリー(ネリー・マッケイ)
 

ネタバレあらすじ

P.Sアイラヴユー

ニューヨーク・マンハッタンで暮らす結婚して9年目のホリーとジェリー。

ホリーは19歳の時にアイルランドを旅して出会ったジェリーに夢中になり母親の反対を押し切って結婚しました。

結婚した時は今頃、立派な家を買って子供がいる予定だったが現実は違います。ホリーは職を転々とし今は不動産屋に勤めジェリーはリムジン会社で働いています。

予定通りには行かず苛立ちから喧嘩ばかりだが仲直りすればすぐ抱きしめ合う仲良い夫婦です。

しかし・・・幸せだったホリーだがジェリーが脳腫瘍でこの世を去ってしまう。

 

亡くなった夫からの手紙

ジェリーの留守電の声を繰り返し聞き現実を受け止められず引きこもってしまうホリー。

母親や友人達は何回も電話するが応答がないことを心配しホリーが30歳の誕生日を迎える日に家を訪ねます。

部屋は散らかっていて食器だけでなくホリー自身も何日も洗ってない状態でした。

誕生日パーティーの時に、

死んだはずのジェリーからケーキとボイスレコーダーが届きます。

ホリーはジェリーの指示通り(引きこもってないで友達と今夜は飲みに行け)に行動すると母親のBARで働くダニエルと出会います。

 

夫からの指示

ジェリーは手紙が届くから「まだ、さよならは言わない」と言っていた。

翌朝ポストを確認するとジェリーからの手紙が本当に入っており喜ぶホリー。

「オシャレな服を買いベッドの横には明かりを付けよう。」

ホリーはジェリーと、どっちが電気を消すかで喧嘩したことを懐かしむ。

不動産屋を辞めたいと思い転職サイトを見ている時にジェリーの手紙が届きます。

「ディスコのカラオケへ行こう」

クソったれのジェリーに捧げるためディスコでホリーは永遠に愛していると歌い招待したダニエルと電話番号を交換します。

初めてジェリーと会った時にホリーは寒くてジャケットを借りていました。その思い出のジャケット以外の私物はすべて捨てるよう書かれた手紙が送られてきます。

ホリーはダンボールにジェリーの私物を入れ実家に送りました。

 

故郷

引きこもりから脱出したホリーだが35歳の若さでジェリーが亡くなるはずないと現実を受け入れてはいませんでした。

ホリーは友達(シャロンとデニース)と一緒にジェリーの故郷アイルランドへ旅行に行きます。

クラブで演奏をしていたウィリアムを見てジェリーも同じような事をしていた事を思い出します。

思い出ばかり蘇るホリーは悲しくなって落ち込み友人達が宿へ連れて帰ります。

シャロンは妊娠しデニースが結婚すると釣りボートの上で一変に報告を受けます。祝福の言葉を捧げるが自分と比較して悲しくなったホリーは故障したボートを救出にきたウィリアムと一晩共に過ごしてしまいます。

ホリーは10年振りに男に抱かれるがウィリアムはジェリーと親友だった事が分かり動揺します。

スポンサーリンク

 

目標

エニスケリーに住むジェリーの両親のもとを訪ねます。

ジェリーの死に目に会えなかった両親は辛い日々を送っておりジェリーの変わりにもっと訪ねてきて欲しいと言いました。

そして、

両親の手からジェリーからの手紙を渡されます。

ウィックロー山脈 国立公園で初めてホリーと出会った事が鮮明に書かれていました。

迷子になったホリーは瞬時にジェリーに惚れ何か新しいものを作って世の中の人に見て貰いたいと言いました。

別れる時にはジェリーもホリーに惚れていてキスをしました。

「君にしか作れたいものを帰ったら探せ」

デニースやシャロン、母親からの電話を無視し必死で目標を探すホリー。

年収10万ドル、広い部屋に住む、と紙に書き始めるがジェリーから仕事を続けるには現実的に考えろと言われ悩み続けるホリー。

 

現実

ホリーはデニースが結婚式で履く靴をデザインし始める。

ウェディングドレスを決めるため見立て役をホリーに頼んだのに連絡が取れないデニースは怒っていました。

仲直りしたホリーは式の靴を作らせて欲しいとお願いするとデニースは喜びます。

自分の事をジェリーと呼ぶホリーに対して我慢出来なくなったダニエルはジェリーに手紙で指示されないと付き合えないのかと口にします。

君は悪くない、惚れた自分が悪いのだと言ってダニエルは去ります。

父親が出て行ったため14歳の時に男は信じないとホリーは誓いました。しかしジェリーに会って心から愛してくれたから結婚したのに死ぬなんて信じられないと気持ちを母親にぶつけます。

仕事も家も何もいらない、ジェリーがいないなら生きる意味がないと泣き叫びます。

 

結末

近所を母親と一緒に散歩するホリー。

母親は出て行った夫とジェリーが似ていたから結婚を反対していました。

子に自分と同じ苦しみを与えたくなかったのです。

「会えない人を待つのは止めて」と言った母親からジェリーの手紙を渡されます。

ジェリーはホリーのために手紙を用意して母親に頼んでいたのです。

手紙を送り続けていたのは母親でした。

最後に母親は「独りでも歩き続けて欲しい、独りなのはホリーだけではない」と言いました。

 

最後のジェリーの手紙をダニエルに見せるホリー。ダニエルは声に出して読みます。

もう独りでやっていけるはずだから僕を想い続ける必要はない。悲しくなったり不安になった時には僕が見守っていると思い出せ。妻になってくれてありがとう、人生に悔いはない。でも僕はホリーの人生の一部でしかない。新しい恋を恐れないで、恋の合図を見落とすな。永遠に愛している。

合図かと思ってキスしてみるとダニエルは妹とキスしたみたいだと感じ、ホリーはなんか違うと思うがジェリーはもういないのだと現実を受け止めることが出来きます。

母親の笑顔を取り戻そうとアイルランドへ連れて行くとたまたまウィリアムと会います。

母親はウィリアムの父親を見て思わず驚いて手に持っていた荷物を落とします。

ウィリアムの父親は「この地域では美人が落し物をすると男は誤解するから危険だ」と言って荷物を拾うと母親は声を出して笑いました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました