ネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

「 パニッシャー 」ネタバレ あらすじ・家族友人皆殺しにされた潜入捜査官は復讐し新たな生き方を見付ける!

アクション-マフィア

 

妻子を殺された潜入捜査官は執行人パニッシャーとなる!

監督・脚本ジョナサン・ヘンズリー

◆フランク・キャッスル(トム・ジェーン)◆ハワード・セイント(ジョン・トラボルタ)◆クエンティン(ウィル・パットン)◆バンポ(ジョン・ピネット)◆リヴィア(ローラ・ハリング)◆ボビー(ジェームズ・カルピネロ)◆マリア・キャッスル(サマンサ・マシス)◆ウィル・キャッスル(マーカス・ジョーンズ)◆ジョン(ジェームズ・カルピネロ)◆ミッキー(エディ・ジェイミソン)◆デイブ(ベン・フォスター)◆ジョアン(レベッカ・ローミン=ステイモス)

ネタバレ あらすじ

パニッシャー

 

潜入捜査を得意とするFBI捜査官フランク・キャッスルはハワード・セイント率いるマフィアの手下ミッキーに近付き違法武器密輸現場の摘発に成功し撃たれて死んだように装いました。

久しぶりに仕事から解放されたフランクは家族の元に戻るが次はロンドンに異動のため引越しばかりで息子ウィルは不貞腐れます。

一方、ハワードの次男ボビーが死んでしまったためマフィアは逮捕されたミッキーを釈放させ仲介者の事を詳しく聞き徹底的に真相を調べていました。

休暇を取ったフランクは妻子を喜ばせるため友人や親族を招いてプエルトリコでバカンスを楽しむが黒幕を突き止めたマフィアに襲撃されます。

ハワードの妻リヴィアが家族全員始末しろと命じていたためフランクは必死で戦ったが全員殺されてしまいます。フランクは銃で撃たれガソリンで爆破され海に吹き飛ばされたが病人や怪我人を呪いで治す噂のカンデラリアに助けられ命は助かりました。

スポンサーリンク

 

時は経ち、カンデラリアの看病で復活したフランクは武器を整えるためプエルトリコを後にします。

復讐のために密かに暮らす同じアパートには臆病でピアスマニアのデイブ、臆病で料理が得意なバンポ、元麻薬中毒者のジョアンが住んでいました。

フランクはミッキーを捕まえて部屋で拷問したため誰か焼かれたと勘違いしたデイブやバンポから恐れられます。 

 

メキシコ湾一帯で売春や賭博をするキューバ人のトロ兄弟が取引相手であり稼いだ金はハワードの会社=セイントがタバコ輸出用のボードで偽造しグランドケイマン島経由でアメリカに運びきれいな金になって戻ってくる仕組みでした。

ハワードは家族想いで裏切りが大嫌い、妻リヴィアに近付くものは抹殺する。息子ジョンは親に守られているため性格悪く女遊びが激しい。そしてハワードに20年仕える弁護士で会計士のクエンティンは実はゲイである。

ある程度の情報を掴んだフランクはミッキーに協力させてセイント会社に潜り込み金を外にばら撒き追ってきた2人のマフィアを射殺しました。

 

フランクが生きている事に動揺するハワードは居場所を突き止めるよう命じトロ兄弟には損額5000万ドルを弁償しました。

フランクはアパートに戻るとジョアンが男に襲われていたので倒し追い返します。臆病で何も出来なかったデイブとバンポからは助けられたと恩義を持たれジョアンからは家族を失って傷付いた心を心配されます。

もう乗り越えたと答えたフランクは部下とキスしている写真を撮りリヴィアが出掛ける日にクエンティンをホテルに呼び出します。それによりハワードは妻リヴィアとクエンティンがあやしいと疑い出します。

金の輸送を次々と阻止されるハワードは激怒しマイケルは殺し屋に度々襲われるようになるが返討ちにします。

 

クエンティンやジョンがアパートにやってくるがデイブは 拷問を受けてもフランクの事を話しませんでした。初めて人生で仲間ができた事が嬉しかったのです。

ジョアンに止められるがフランクは決着をつけるため武器をすべて持ちアパートを後にします。

 

フランクはリヴィアのイヤリングを盗みクエンティン家に侵入しベッドに置きます。

リヴィアの駐車違反の請求書(フランクがクエンティンをホテルに呼びつけた日)を送り付けると疑っていたハワードはクエンティンの家に行きイヤリングを見付けました。

誤解し激怒したハワードはクエンティンとリヴィアを殺害しました。

フランクはマフィアの残党を始末したあとクエンティンはゲイでリヴィアとは何の関係もない事を教えハワードを始末しました。

 

ジョアンとデイブとバンポにハワードから奪った札束をプレゼントしアパートを後にします。

復讐をすべて終え家族のもとに行こうとするがジョアンの言葉”良い思い出は人生を救う”を思い出します。

フランクは犯罪者を始末するパニッシャーになる事を誓いフランク・キャッスルの名を捨てました。

 

テキストのコピーはできません。