PR

六扇門(りくせんもん)全40話ネタバレ感想とあらすじ一覧を最終話の結末まで紹介

中国ドラマ「六扇門」作品概要

皇帝直下の捜査機関・六扇門が謎と陰謀渦巻く事件を追うアクション時代劇

 

あらすじ

皇帝が昏睡状態に陥って重篤になり朝廷が皇位継承について議論していた頃、都に連続殺人事件が発生する。

遺体はいずれも宦官だったが宮中の人事を管理する司礼監は行方不明者はいないと言う。疑いの矛先が皇帝の弟・斉王へ向かうと皇后は7日以内に潔白を証明せよと命じる。

皇帝直下の捜査機関・六扇門は謎と陰謀渦巻く事件を追う!!

 

豪華キャスト

申力行(レイモンド・ラム)
1979年12月8日誕生、「孤高の皇妃」「賢后 衛子夫」など
蘇溢清(ディリラバ)
1992年6月3日 誕生、「夢幻の桃花」「長歌行」など
斉王/朱見溢(アレックス・フォン)
1980年2月26日誕生、「ミーユエ」「海棠が色付く頃に」など
言亦冬(イン・ハオミン)
1986年6月25日誕生、「海棠が色付く頃に」「独孤伽羅」など
申梓木(ホアン・ウェンハオ)
1962年8月4日誕生、「侠客探偵 簡不知」「海棠が色付く頃に」など
曹懿恩(スン・ヤオチー)
1998年2月26日誕生、「大明皇妃」「神雕侠侶」など
孫鑫(ルオ・ジン)
1981年11月30日誕生、「鶴唳華亭」「康熙帝〜大河を統べる王〜」など

 

スポンサーリンク

 

ネタバレ感想

1話~4話のネタバレになります

各話の詳しいネタバレは下記にある「あらすじ一覧」のリンクから飛んでください

 

1話/招かれざる客

皇帝は重病を患うも跡継ぎ選びは未解決のままであり、文武百官は不安に陥り朝廷から江湖に至るまで騒乱が起きました。

入京を命じられていた斉王は領地の済南から都へ向かっていたが刺客に襲われ多くの仲間を失いました。孫鑫と蘇溢清は皆を連れて逃げるよう言われるが斉王府で育てられた身なので死んでも側を離れないと跪きます。

そんな時、怪しげな老人が現れ、夜になれば霧が濃くなり互いに姿は見えないから逃げられると教えられます。刺客は弓矢の名手で音で判断するが逆に爆竹など騒ぎ立てながら逃げれば大丈夫だと言われすぐに準備に取り掛かります。

しかし、蘇溢清は老人に扮する若者の目撃情報を聞いていたので尾行し何者だと剣を突き付けます。今まで矢文で情報を与えてくれていた人物だと分かると刺客が現れたので斉王は彼の指示通りに動けと命じます。

 

「斉王暗殺できず」と伝書鳩で知らされる首輔の劉吉は都には入れさせないと皇后に謝罪すると、斉王が戻っては皇子にとって不利になると叱責されます。

斉王が即位したら党派は邪魔でしかなくなると念を押される劉吉は失敗すれば死あるのみと刺客に伝書鳩を飛ばします。

再び刺客に襲われると蘇溢清たちは囮となって逃げだし斉王を逃がします。追いつかれると謎の人物(申力行)が、錦衣衛でも東廠でもないなら皇帝直下の捜査機関・六扇門のはずだと訴えられていたので蘇溢清は驚きます。

刺客は百戸の方毅だと見抜いていたようだったが二人して崖から転落してしまいます。

 

斉王は都まであと一歩のところで刺客に追いつかれてしまうが駆け付けた東廠を率いる司令監の首領太監・趙無極により助けられます。趙無極は斉王に恩を売るとわざわざ錦衣衛と争う必要はないので逃がします。

(刺客がすでに誰か分かっているのに野放しにするとは趙無極も何を考えているか分からないね。孫鑫を演じるルオ・ジンは斉王を逃がしてこれで終わりなのかな、どこかで生きてるのか?そして、まだ名前が明かされていない申力行は六扇門だと訴えられていたけど、まだ加入してないよね?)

 

2話/うごめく策略

皇帝は斉王が無事にやってきたので安堵するが何度も刺客に襲われたと知って激怒し犯人を突き止めるよう趙無極に命じます。

斉王が入京したことで皇后に叱責される趙吉は斉王の命を狙った者の口封じを急ぎ、わざと斉王を招くと刺客は自害したと報告させます。

斉王が蘇溢清の捜索を東廠を率いる趙無極に頼んだころ、目を覚ます蘇溢清は村人に助けられていました。一緒に見付かった男性(申力行)は医館にいると知らされ案内を頼むが放火されており方毅がいる刺客がいたので逃げ出します。

包囲されてしまうが駆け付けた東廠に助けられると方毅は逃げていきます。

スポンサーリンク

目を覚ます申力行は父親の申梓木から厳しく叱られると医館が燃やされ医師の弟子が殺されたことを知ります。田畑家を守れと父親に言われるが自分も六扇門に入って力を発揮したいと思っていました。

蘇溢清は斉王と再会すると助けてくれた若者は右腕的存在になるのではないかと告げます。斉王は申力行の捜索を命じるものの多くの人が命を失ったので領地へ戻り藩王の務めを果たすと告げます。

すると政敵と見なされているので離京すれば殺される、都にいれば陛下のご加護で命を保てると趙無極に言われます。

(劉吉、なかなかせこい策を講じますね。わざとらしくて怪しい。斉王はなんだかんだいっても怖いから逃げようとしているのでは?多くの仲間が犠牲になったのだからしっかりせぇ!!方毅はすぐ消されると思ってたよ、刺客なのに敵に顔を見せすぎだったしww)

 

3話/勅使への暴行

劉吉が方毅を始末し腹心を切って保身を図ったと趙無極から知らされる斉王は用心せねばと思います。

劉吉たちは朝議の場で明の将来を考え跡継ぎをはやく決めるべきと皇子を推すが、皇帝は受け流し斉王を狙った刺客は誰か分かったのかと趙無極に聞くと錦衣衛の劉進がご存じだと言われます。

錦衣衛が何で事情を知っているんだと訴えると裏切り者の方毅の仕業だったと謝罪されるが百戸を殺したのに奏状さえ提出しないのかと呆れます。

 

斉王が信頼を受けていたので警戒する劉吉は陛下が倒れた際に、斉王は帝位を狙ってい皇帝に毒を盛り宦官を口封じて殺したと噂を流します。

噂話をする男たちを痛めつける蘇溢清は六扇門の言亦冬の取り調べを受けるが斉王府のものだと知ると男たちはすんなり引き下がっていきました。

東廠の小栓子は勅令を携えて錦衣衛に乗り込み斉王を襲った方毅の一味を捕らえようとするが孫乾によって痛めつけられてしまいます。趙無極は錦衣衛を庇う劉吉に勅使を打ちのめすとは謀反も同然だと言い放つと方毅を処刑したのにまだ捜査を続けるのかと言われます。

孫乾と趙進が小指を切り落とし見舞金を寄越したので小栓子を痛めつけた件はこれで許したやるが斉王を狙った件は捜査を続けます。

(劉吉、意味不明なんだけど・・・勅命に逆らった大事件なのに酒の席を用意させてる場合じゃないでしょ。それに応じる趙無極と斉王もどうかと思うけどさww私だったら勅命に逆らい、更に劉吉が庇っていると陛下に報告するね。)

 

4話/板挟みの六扇門

六扇門を訪ねてきた劉吉が称賛を言葉を述べたので言亦冬は喜ぶが、申梓木は余計なことはしないよう忠告するために顔を見せたのだと告げます。

解決したら六扇門にとって不利になるので事件の捜査を東廠に任せることにします。しかし趙無極を警戒する劉吉から再捜査するよう命じられてしまいます。

劉吉と皇后から怒りを買わないよう穏便に解決するため旧友に犯人の身代わり探しを依頼します。

スポンサーリンク

龔芮渓に一日だけだからと外出に目をつぶってもらった申力行は馬と銭を用意してもらい都へ向かいます。父親には内緒だと念を押し言亦冬の捜査を手伝うために共に遺体安置所へ行こうとすると龔芮渓が現れたので驚きます。

(東廠と錦衣衛がバチバチな中、六扇門の内部はまるでコメディのようだww芮渓なんて遺体安置所でキョンシーのフリをして驚かせたりしているし、笑。今でこそ主役ばかり抜擢されるディリバですがこの作品はブレークする前のようですね)

 

全40話あらすじ一覧

1話~8話

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

陛下に呼ばれる斉王は都に向かう道中で度々刺客に襲われるが東廠を率いる趙無極に助けられる。首輔の劉吉と皇后は皇子を跡継ぎにさせるために斉王は邪魔な存在でした。斉王の侍女・蘇溢清は助けてくれた申力行の捜索をお願いし・・・

5話6話7話8話

蘇溢清と再会する申力行は斉王から龍袍を見せられ謀反の罪を着せようとした犯人を突き止めてくれと依頼される。執事の張世傑を疑うが殺されてしまい二人の捕吏も犠牲になってしまうが張世傑も江陵も外傷は目くらましで死をもたらしたのは針だと知り・・・

9話~16話

9話10話11話12話

念願の六扇門に入る申力行は江陵の事件を再捜査し錦衣衛都指揮使の劉進を捕らえる。劉進に逃げられてしまうなか、皇子に不利な秘密を握っていたようだと知り曹淵を訪ねようとすると自らやってくる。申力行は濡れ衣を着せられ曹淵殺して投獄されるが申梓木が身代わりとなり・・・

13話14話15話16話

申力行を逃がすために追手を引き付けた龔芮渓が命を落とす。唆された皇子が帝位を狙い、劉吉が斉王を陥れ劉進に曹淵を暗殺させ申力行を投獄したと知る皇帝は釈放させて六扇門の副長官に昇進させるよう命を下す。曹淵の娘・懿恩は家財を没収され・・・

17話~24話

17話18話19話20話

河間を訪れる申力行たちは万貴妃の子を皇宮の外へ運び出して死体とすり替えたと焦渓から聞かされる。死んだように見せかけ錦衣衛から逃れていた申力行と蘇溢清は言亦冬と合流するが焦渓たちに逃げられたと聞かされ、焦渓の従兄が江陵だと疑う

21話22話23話24話

下手人の女が薊遼総監・張強の軍営に逃げ込んだと知る申梓木は旧知の仲であるため訪ねる。江陵は自ら斉王府を訪ね焦渓の治療をしてくれれば皇后の悪事を皇帝に話すと告げます。劉進は針の使いての女・単青を捕らえると斉王の配下だと察します。

25話~32話

25話26話27話28話

申力行は殺人事件の報告を受け妓楼に向かうと斉王が松太医に陛下を毒殺させるよう命じていたから阻止したのだと懿恩に言われます。青単を捕らえる劉進は劉吉に金を要求するが錦衣衛を率いる孫乾に襲われ絶命。逃げる青単は親切心で申梓木に声をかけられるが劉進の仲間だと勘違いして始末してしまう

29話30話31話32話

蘇溢清は劉進の殺害の罪まで被らされる可能性もあるから斉王府に来るべきと単青を説得。申梓木を殺した犯人が斉王府にいると劉吉に言われた申力行は監視していると不審な箱を運ぶ東廠の一団に声をかける。中に入っていたのは蘇溢清であり・・・

33話~40話/最終回

33話34話35話36話

懿恩にほれ込んだ言亦冬は申力行の忠告に耳を傾けず高額の身請け金を工面するが単青に殺される。斉王は単青の命を犠牲にして劉吉に罪を着せ蘇溢清と申力行の仲を復活させる。死を悟った江陵は万貴妃が皇宮で出産した皇子は生きていると告げると調査する申力行は・・・

37話38話39話40話

陛下は皇子を跡継ぎにと考えているようだと知る趙無極は判断を誤り、斉王は第一皇子の存在を知らせる。陛下が崩御すると趙無極は新皇帝の下で命を守るには斉王を捕らえるしかないと思います。斉王は妻子を人質に取って挙兵するよう張強を脅し・・・申力行は父親を殺したのが斉王に忠誠を誓う単青で蘇溢清の母親だと知らされる。新皇帝が親征を決意し・・・