PR

六扇門(りくせんもん)13話14話15話16話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ「六扇門」作品概要

皇帝直下の捜査機関・六扇門が謎と陰謀渦巻く事件を追うアクション時代劇

 

あらすじ

皇帝が昏睡状態に陥って重篤になり朝廷が皇位継承について議論していた頃、都に連続殺人事件が発生する。

遺体はいずれも宦官だったが宮中の人事を管理する司礼監は行方不明者はいないと言う。疑いの矛先が皇帝の弟・斉王へ向かうと皇后は7日以内に潔白を証明せよと命じる。

皇帝直下の捜査機関・六扇門は謎と陰謀渦巻く事件を追う!!

スポンサーリンク

 

豪華キャスト

申力行(レイモンド・ラム)

1979年12月8日誕生、「孤高の皇妃」「賢后 衛子夫」など

蘇溢清(ディリラバ)

1992年6月3日 誕生、「夢幻の桃花」「長歌行」など

斉王/朱見溢(アレックス・フォン)

1980年2月26日誕生、「ミーユエ」「海棠が色付く頃に」など

言亦冬(イン・ハオミン)

1986年6月25日誕生、「海棠が色付く頃に」「独孤伽羅」など

申梓木(ホアン・ウェンハオ)

1962年8月4日誕生、「侠客探偵 簡不知」「海棠が色付く頃に」など

曹懿恩(スン・ヤオチー)

1998年2月26日誕生、「大明皇妃」「神雕侠侶」など

孫鑫(ルオ・ジン)

1981年11月30日誕生、「鶴唳華亭」「康熙帝〜大河を統べる王〜」など

 

ネタバレ感想

13話~16話のネタバレになります。

「六扇門」全40話あらすじ一覧はこちら

 

13話/幼なじみの死

申力行を逃がす言亦冬は錦衣衛が乗り込んできたので六扇門の捕吏たちと共に出迎えます。申力行はどこだと詰め寄られるがお前たちが刑部の牢に捕らえただろうと言い放ち衝突すると黒装束の蘇溢清は駆け付けて六扇門に加勢します。

駆け付けた龔芮渓の馬に乗って逃走し追手を振り切ったが関わらせてしまったことを申し訳なく思います。

芮渓は夫婦になれないならと別れる決意を固め最後に抱きしめてもらうと申力行を眠らせ追手を引き付けます。

 

錦衣衛に挟み撃ちにされた芮渓は矢を射られ落馬し駆け付けた言亦冬は錦衣衛と剣を交えます。蘇溢清は芮渓を抱き抱えるが申力行をお願いと言い残して息を引き取ってしまい、駆け付けた斉王に生き返ることはないからすぐに申力行の護衛に向かえと命じられます。

目覚める申力行は芮渓が絶命したと報告を受け急いで向かおうとするが娘の犠牲が無駄になると龔元枚に頬を叩かれます。

父君を救い芮渓の仇を討つには曹淵の死因を探らなければならないと斉王に言われ申力行は都に戻ります。

 

申力行は曹淵を検視すると刀傷だらけだったが江陵たちと同じように針を見つけます。曹淵と何の会話をしていたのかと斉王に聞かれるが疑念が生じていたので様子を探りに来ただけだと思うと告げます。

劉吉によって三日以内に自首しなければ申梓木を処刑すると手配書を目にする申力行は劉進の家で殺害に使われた針を発見し斉王に報告します。斉王から協力を頼まれる趙無極は東廠を動かすと、言亦冬は申梓木を救い出すため鎮撫司へ乗り込みます。

そこに劉吉や斉王、そして潔白を証明すると申力行が駆け付けるが、趙無極がやってきて陛下が回復なさり朝議が行われると言います。

(申力行なにしに来たんだww潔白を証明すると口にしたのに誰も聞きたくないの?姿を現したんだから牢に戻されるのは当然よね・・・芮渓、正直鬱陶しくてちょっと邪魔だなと思ってたけど死んでしまうとは思わなかったよ。故郷に戻りいい人を見つければよかったのに。)

 

14話/密書の威力

趙無極を斉王府に招いてくれと指示される蘇溢清だが皇帝の意向が分からず斉王は形勢が不利な状態であるため門前払いを受けてしまいます。

孫乾は申力行を刑部の牢に護送し言亦冬たち捕吏は見回りだと言いながら護送に同行します。

皇帝は朝議の席で奏状のある者は書状にしたためるよう指示すると後継ぎについて話し合いたいと告げます。

劉吉は皇子が大業を継ぐべきと推すと意見を求められた斉王も賛同するが皇子が体が弱い事を皇帝は指摘します。すると趙無極から密書を献上される皇帝は顔色を変えて急に朝議を終了させ、斉王は陛下のご意向を見極めてから趙無極は我々を助けたのだろうと察します。

スポンサーリンク

趙無極は朝議の場で密書を渡すべきではなかったが皇子は曹淵と共に宣府の武官を抱き込んだのは事実だと皇帝に告げます。

曹府では曹淵の葬儀が行われていたが棺桶の代金を払えと騒ぎ立てられます。劉吉は棺桶代ごときで桑巍に乗り込むとは卑しい奴等だと言い放ちつまみ出すと曹淵の娘・懿恩から父を殺したのは申力行ではないのかと聞かれます。

頷く劉吉は犯人よりも黒幕の斉王のほうが邪悪なんだと告げ心遣いだと銭を渡します。

 

曹淵の死因に皇子が関与しているのかと皇帝から聞かれる趙無極は、曹淵は国子監の長官に昇進した後は徒党を組み劉吉の勢力を拡大したと告げます。唆された皇子が帝位を狙い、劉吉が斉王を陥れ劉進に曹淵を暗殺させ申力行を投獄したと知る皇帝は釈放させて六扇門の副長官に昇進させるよう命を下します。

(趙無極はどこまで知っているんだ。斉王は顔を隠す者と密会しているけどあの女性は何者でしょうね。間者を送り込んでいるようだが急に出てきた懿恩?敵の懐に潜り込むための発言と思えばあり得るね・・・っていつも予想は外れますけどねww)

 

15話/皇帝の意向

趙無極は刑部尚書・徐尉を訪ね、曹淵殺害の罪を捜査に尽力した申力行と申梓木に着せた罪で観察処分とすると勅令を伝えます。

釈放された申力行は六扇門の副長官に任じられ斉王から祝福されるが自分のせいで幼馴染が命を落としたので芮渓を想い涙します。言亦冬は芮渓の遺体を運び出して実家に連れて帰り埋葬すると申力行は結婚してなくてもお前は息子だと龔元枚に言われます。

申力行は酒を持って牢に行き芮渓の葬儀を済ましてきたと報告すると申梓木は一緒に事件を捜査しようと言われ彼女を想い献杯します。

 

立太子が棚上げとなった翌日に皇帝は斉王を引見し偉大なる明を託すと告げます。皇后は趙無極が皇帝に渡した密書の内容は何なのか急いで探るよう命じるが観察処分とされた劉吉は皇子が宣府の武官を抱き込んだと書かれているのだと察します。

皇帝の意向を知った趙無極は深夜に斉王府を訪ね皇子から斉王に替えるようだと祝福します。斬首を覚悟して参ったのだから信用してほしいと告げると斉王は疑っているのではなく身に余る話でどうしたらいいか分からないのだと言います。

(趙無極は今まで散々本音を告げず危ない時は居留守を使っていたのに皇帝の意向を知ると夜中なのにやってきて信用しろとはちょっとご都合主義ですね。ところで何で釈放されるのは申力行だけなんだ?ww)

 

16話/難を逃れた皇子

趙無極は目先の危険しか見ていないが根本的な解決を目指さねばならないと斉王に告げます。局面が混乱するなか陛下が皇子に不満を抱いている今こそ好機であり慈悲深さは時として毒になると忠告します。

スポンサーリンク

皇帝に呼ばれた皇子は劉吉と皇后の助言を受け、武官と交流した事実を認めるが胸を痛めながらも曹淵に罪をなすりつけます。皇帝は死んだから許されることではないと激怒し曹淵の家財没収を命じます。

懿恩は曹淵が亡くなると親族の結束が崩れ財産を巡って争い事が起こったので呆れると家財没収の勅令が届きます。劉吉は斉王を倒さなければ曹府みたいなことになるのだと教訓として周囲に教え結束力を強めます。

趙無極は皇后が訪ねてきたので陛下には側にいるよう命じられたが皇后が何も話さないので茶を淹れると引き下がり会話を記録するよう命じます。

 

斉王の命を受け申力行、蘇溢清、言亦冬は、江陵について調べるため河間に向かいます。懿恩を援助する劉吉は斉王を倒すためには申力行と蘇溢清を先に始末するべきだと唆します。釈放された申梓木は斉王に感謝を伝えにいくと手がかりを探しに李威に会いに行きます。

針の使い手は関外にいる武林の者だと知りどのような腕を持つのか確かめに行きます。

(劉吉の話はいつも矛盾しているのだがこれは権力者だから何も言われないだけなのかな・・・懿恩は斉王の間者ではないのかと疑っていたけど違うっぽいな。そして申梓木も釈放されたけど時間差があるのは何でよww皇后は野心があるように全然見えないね、皇后は親心、劉吉は自分たちの権力を長きものにするため皇子を唆している)

17話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想