PR

六扇門(りくせんもん)21話22話23話24話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ「六扇門」作品概要

皇帝直下の捜査機関・六扇門が謎と陰謀渦巻く事件を追うアクション時代劇

 

あらすじ

皇帝が昏睡状態に陥って重篤になり朝廷が皇位継承について議論していた頃、都に連続殺人事件が発生する。

遺体はいずれも宦官だったが宮中の人事を管理する司礼監は行方不明者はいないと言う。疑いの矛先が皇帝の弟・斉王へ向かうと皇后は7日以内に潔白を証明せよと命じる。

皇帝直下の捜査機関・六扇門は謎と陰謀渦巻く事件を追う!!

スポンサーリンク

 

豪華キャスト

申力行(レイモンド・ラム)

1979年12月8日誕生、「孤高の皇妃」「賢后 衛子夫」など

蘇溢清(ディリラバ)

1992年6月3日 誕生、「夢幻の桃花」「長歌行」など

斉王/朱見溢(アレックス・フォン)

1980年2月26日誕生、「ミーユエ」「海棠が色付く頃に」など

言亦冬(イン・ハオミン)

1986年6月25日誕生、「海棠が色付く頃に」「独孤伽羅」など

申梓木(ホアン・ウェンハオ)

1962年8月4日誕生、「侠客探偵 簡不知」「海棠が色付く頃に」など

曹懿恩(スン・ヤオチー)

1998年2月26日誕生、「大明皇妃」「神雕侠侶」など

孫鑫(ルオ・ジン)

1981年11月30日誕生、「鶴唳華亭」「康熙帝〜大河を統べる王〜」など

 

ネタバレ感想

21話~24話のネタバレになります。

「六扇門」全40話あらすじ一覧はこちら

 

21話/辺境での再会

目覚めると拘束されていた懿恩は返済できないなら妓楼で働くよう強いられます。

申梓木は鉄嶺の役所へ行くと「立て続けに高官がお見えになるとは」と言われ、錦衣衛の都指揮使・劉進が二日目に訪ねてきた事を知ります。

検視場に案内させ座長の遺体を検視すると、これまでと同様に針を発見します。帰ろうとすると下手人の女が薊遼総監・張強の軍営に逃げ込んだから手出しできないと相談されます。

張強は旧知の仲であり彼が匿うとなると大物にちがいないので悩みます。

 

申力行は東廠で万柳に会うために出て行こうとすると蘇溢清にバレてしまうが先に医館に行くよう言われます。

そこに妓楼で体を売るなんて冗談じゃないと自殺を図った懿恩が運ばれてきます。身売りを強要したら六扇門が許さないと言い放つが、強引に運ばれてきた懿恩は劉吉に唆されていたために敵がのこのこ生きていたのかと生きる気力を取り戻します。

刺客を雇うために豪富と高官だけの客を寄越すのなら逃げずに妓楼で働くと女将に話を付けます。

 

申梓木は張強に会いに行き都の連続殺人に関与している可能性があるから劉進を捕らえてほしいとお願いします。手出ししない条件で会わせてもらい、あんたのせいで息子が投獄されることになったから黙っているわけにはいかないと言い放つと、こちらも濡れ衣を着せられて黙っているわけにはいかないのだと言われます。

申力行は万柳の取り調べに向かい殺したのは本当に江陵なのかと問い詰めます。殺したはずの申力行が東廠で万柳を尋問していると知り孫乾は確かめに行きます。

(申梓木がめっちゃ強くてびっくりww懿恩は人殺しを依頼するために金が必要なんでしょうけどまず真実か確かめましょうよ。それに私の額は2倍にしろという前に客取れるの?妓楼で活躍できるとは思えないのだけど・・・)

 

22話/軍営の一夜

申力行が生きていて万柳の尋問をしていると知った劉吉は連れ戻しに行けと徐渭に命じます。刑を執行するから引き渡せと押し掛けてきたと報告を受ける趙無極は気にせずに明らかになるまで尋問をするよう申力行に伝えさせます。

錦衣衛を率いる孫乾が東廠を包囲したと蘇溢清から報告を受けた趙無極は徐渭の相手をし、斉王は孫乾の相手をしに行きます。

二人が対応している間に出会いから殺害するまでの経緯を聞き出す申力行はやはり万柳が殺したのは偽者の江陵だったかと確信します。

趙無極に報告すると心配そうな顔をしていたので何か気になると蘇溢清に告げます。

スポンサーリンク

申梓木は劉進が取引しようと夜遅くにやって来たので幕舎に招きます。使い手は薊遼総督軍営に隠れていて喜福成の芝居の最中に追った女だと言われます。女は武術の達人にして暗器の使い手で隠れてることに長けているので正体を見た事がないが歩き方で分かると言われ、申梓木は何をもって信用すればいいのだと訴えます。

東廠から逃げられたのは趙無極によって釈放されたからだと言われ、劉進は東廠が錦衣衛に送り込んだ密偵だと知り驚きます。

趙無極は斉王に味方し勢いは増しているが女は斉王、張強と懇意な間柄だと言われ謀反を狙っているのかと激しく動揺します。柳進は趙無極のため、申梓木は息子を守るために手を組むことにします。

その夜、火事が起こり劉進の衣を着た焼死体が発見されます。張強が「殺せと趙無極から密書が届き悩んでいたから火事に救われた」と口にするが見張っていた部下から張強の配下二人が火をつけていたと知らされます。

(錦衣衛を勝手に動かしたら斬首なのね、そりゃ~斉王に指摘されたら孫乾は何もできないでしょうww行動が浅すぎるがまだ理解はできる。だけど寛無極にお茶を勧められて足止めされるだけの徐渭は何しに来たんだかww)

 

23話/茶の道

替え玉を使い逃れていた劉進は針の使い手の女を追っており剣を突き付けます。

 

申力行は万柳の件を劉吉たちに利用されるかもしれないと斉王に告げるが江陵が斉王府に押し掛けてきたので驚きます。江陵から秘密を打ち明けるからと処方箋を渡された斉王は薬草を調達するよう指示すると太医院が管理する貴重な薬剤だと知ります。

焦渓を治療するための処方箋だと申力行が気付くなか、斉王は趙無極を訪ね薬剤の調達と江陵が本物かどうか確認してほしいと頼みます。

江陵は配下の方々と焦渓を迎えに客桟に行きたいと要求し申力行と蘇溢清は斉王に指示され同行します。

(申し訳ないのだけど江陵と焦渓、2人ともめんどくさい。さっさと用件話すなり従うなりしてくださいな、苦笑)

 

24話・それぞれの思惑

斉王は疫病で亡くなったはずだと訪ねると江陵から知りたいのは皇后の秘密ではないのかと聞かれます。一生隠し通すつもりだったが大勢を巻き込むために焦渓の治療をしてくれれば皇帝だけに打ち明け、その際には斉王に有利になるよう話すと江陵は言います。

趙無極は斉王府を訪ねると江陵がいたので目に涙を浮かべ跪き再会を喜びます。その頃、劉進は針の使いての女・単青を監禁し、劉吉ではなく斉王の配下だと察します。

スポンサーリンク

 

処方箋を入手する隆吉は斉王が誰のために行っているのか分からず妓楼に通い詰める松太医を呼びます。どの妃のために用意した薬剤なのか問い詰めると趙無極の指示で手配しただけで誰かは分からないと言われます。

松太医が好んでいる妓楼の花魁は懿恩だと知り何でこんなところにいるんだと同情する芝居に打って出ます。

申梓木は劉進が追った女は斉王の配下だと張強から知らされ、斉王の利害関係が表沙汰になれば謀反を疑われ斬首されるから協力はしないと決めているんだと言われます。

劉進が女を都に連れて行けば斉王は終わりだが申力行も危ういと言われ早く捕らえるべきだと訴えられます。

斉王は劉吉が周辺を嗅ぎ回っていることを知り、万柳の家族を呼んで刑部が処刑を延期したせいで生き地獄を味わい生活に困っていると訴えるよう促し銀子を渡します。

 

(斉王の狙いがよく分からないな・・・申力行は何やら後悔しているようだけど万柳は江陵を殺してなかったとは言え殺人者であることには変わりないのでしょう。劉吉は処方箋ひとつにしても、何のため、誰のためだといちいち調べるのねww)

25話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想