PR

六扇門(りくせんもん)25話~28話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ「六扇門」作品概要

皇帝直下の捜査機関・六扇門が謎と陰謀渦巻く事件を追うアクション時代劇

 

あらすじ

皇帝が昏睡状態に陥って重篤になり朝廷が皇位継承について議論していた頃、都に連続殺人事件が発生する。

遺体はいずれも宦官だったが宮中の人事を管理する司礼監は行方不明者はいないと言う。疑いの矛先が皇帝の弟・斉王へ向かうと皇后は7日以内に潔白を証明せよと命じる。

皇帝直下の捜査機関・六扇門は謎と陰謀渦巻く事件を追う!!

スポンサーリンク

 

豪華キャスト

申力行(レイモンド・ラム)

1979年12月8日誕生、「孤高の皇妃」「賢后 衛子夫」など

蘇溢清(ディリラバ)

1992年6月3日 誕生、「夢幻の桃花」「長歌行」など

斉王/朱見溢(アレックス・フォン)

1980年2月26日誕生、「ミーユエ」「海棠が色付く頃に」など

言亦冬(イン・ハオミン)

1986年6月25日誕生、「海棠が色付く頃に」「独孤伽羅」など

申梓木(ホアン・ウェンハオ)

1962年8月4日誕生、「侠客探偵 簡不知」「海棠が色付く頃に」など

曹懿恩(スン・ヤオチー)

1998年2月26日誕生、「大明皇妃」「神雕侠侶」など

孫鑫(ルオ・ジン)

1981年11月30日誕生、「鶴唳華亭」「康熙帝〜大河を統べる王〜」など

 

ネタバレ感想

25話~28話のネタバレになります。

「六扇門」全40話あらすじ一覧はこちら

 

25話/再捜査の依頼

申力行は万柳が殺したのは誰なのか江陵に聞くと容姿が似ていたから養ったがまさか殺されるとは思わなかったと言われます。

申梓木は客桟を営む田貴を訪ねるが単青を捕らえながら移動する劉進に斬られていました。

斉王は江陵の陛下への謁見を急がせるために万柳の家族をけしかけて訴えさせるが、訴状を取り下げたらしいと蘇溢清から聞かされ捕らえさせます。家族の処刑を急がせるとは何事かとずっと拒まれてきたのに急に受理されたし、万柳を死なせたくないしこれ以上騒いで自分たちが捕まればそれこそ万家は終わってしまうと言われます。

斉王は乗り掛かった舟だから不安は解消すると銀子を渡し死罪が決まっているのだから先延ばしにしたら生き地獄でかわいそうだと説得し再び訴えさせます。

 

めんどくさい徐渭はさっさと万柳を処刑しようとしたが、我々にとって不利な状況でどんな弱みを握られたか分かるまで処刑してはいけないと劉吉に言われ六扇門に万柳の再捜査を命じます。

再捜査を命じられてしまったので斉王は江陵が謁見してくれたら劉吉を抑えられると説得を頼むが趙無極は焦渓が治るまで待つよう言います。

このままでは申力行が窮地に陥ってしまうので蘇溢清は陛下に謁見して皇后の悪行を訴えてくれと江陵に頼みます。劉吉から守るために斉王府で匿っているのだと訴えると斉王が策を弄したのは明らかに謁見させるためで趙無極に遠慮してお前を寄越したのだろうと言われてしまいます。

 

斉王は謁見を急がせるには焦渓を治療するしかないと思い男装する蘇溢清を連れて万花楼へ行きます。松太医が遊びにきたのでお前が気に入っている懿恩やらを身請けしてやるから客をなおしてくれと直談判を試みます。

(やばい、理由を聞いてもいまいち斉王の策がよく分からない。万柳は何も知らないのだから処刑を急ごうが何しようが柳吉は何も聞き出せませんよね?むしろ動く方が危険なのでは?最初から焦渓を治してくれたらと言っているのだからさ・・・)

 

26話/捨て身の妓女

斉王は万花楼を訪れ懿恩を身請けしてやるから客人を治療するよう松太医に依頼します。しかしちょうど万花楼に遊びにきていた孫乾は盗み聞きし、報告を受けた劉吉は復讐の時が来たと懿恩に告げます。

申力行は捜査すれば父・申梓木に迷惑かかるし何もしなければ窮地に陥るので困惑していると妓楼で殺人事件だと報告を受け向かいます。

怯えながら私が殺したと懿恩が言い出すので六扇門に連行すると、斉王が松太医に陛下を毒殺させるよう命じていたから阻止したかったのだと訴えられます。

申力行と言亦冬は焦渓の治療を急ぐ斉王が陛下の毒殺を企むとは思えないし懿恩は間違いなく劉吉の配下だと話し合います。すると錦衣衛を率いる孫乾が殺人犯を取り調べると曹懿恩を連れ去ったのでやはり謀だと確信します。

スポンサーリンク

蘇溢清は懿恩に見覚えがあったが自殺を図って医館に運ばれてきた時に申力行の腕を掴んだ人だと思い出します。

点穴で単青の動きを封じ都に戻ってきた劉進は劉吉の屋敷に乗り込むと趙無極の間者が何の用だと言われます。斉王を倒すのに役立つ者が手元にいるので5万両を渡せば引き渡すと告げると工面するのに時間がかかると言われます。

劉吉の屋敷を見張っていた蘇溢清は劉進が現れたので斉王に報告すると何やら取引したようだと言われます。しかし蘇溢清は斉王に会いに行くと伝えろと言われていたので何か取引があるはずと告げると斉王は探りを入れるが劉進は趙無極の間者だと知り驚きます。

 

劉吉は銭を用意させるが人を渡さない場合に備え劉進の潜伏先を調べさせ、劉進が戻ったら自分の地位が危うくなると考える孫乾も利用するべきと思います。

(劉進はいったい何がしたいのかね。金を手に入れてお気に入りの妓生・月秀を身請けして二人で住むことか?下手人に仕立て上げられた事に対しての恨みはないのかな?趙無極は秘密を守り脅威をなくすために殺すよう張強に密書を本当に送ってたのね)

 

27話/父の死

申力行は劉進を助けるのは妓生・月秀しかいないと思い言亦冬を連れて妓楼に向かいます。なじみの客を相手にしていると女将に知らされるが男装する蘇溢清だったので見張りは任せて帰ります。

申梓木は自分の誕生日の宴に蘇溢清を招いて息子との仲を認めるつもりだったが申力行が迎えに行くと心の準備がまだできていないと蘇溢清に言われてしまいます。

蘇溢清に見張られている事に気付く劉進は劉吉のもとに向かうと額が大きいから三度に分けたいと言われます。話にならないと訴えると錦衣衛を率いる孫乾が押し掛けてきたので逃走します。

 

蘇溢清は劉進の潜伏先で棚に閉じ込められている師匠・単青を発見し、斉王から亡くなったと聞かされていたので驚きます。

とにかく出ようとすると劉進に見付かり二人で協力して戦うが劉進を追う錦衣衛が乗り込んできたために斉王府で会う約束をして二手に分かれて逃走します。

劉進は孫乾に殺害され、申梓木は単青に声をかけ錦衣衛から逃がすために協力しようとしたが劉進の仲間だと勘違いされてしまい殺害されてしまいます。単青は蘇溢清が慌てて駆け付けて来たために勘違いだと気付くが手遅れであるために彼女の手を引きその場から逃走します。

 

殺人事件の報告を受け申力行たち六扇門は駆け付けるが申梓木だったので言葉を失います。

(なんてこった・・・蘇溢清どうするんだろう。はっきり言えるのはすぐには申力行に嫁がないという事だ。これがバレたら当然斉王にも協力しないだろうし蘇溢清は板挟みにあうね。でも何で申梓木は声をかけたのだろうか。追ってもいなかったし・・・)

 

28話/目撃証人

斉王に呼ばれた蘇溢清は単青は理由があって殺したはずだからこの件は伏せておけと命じられます。単青に会えたら守れるのは斉王府しかないから来てもらえと指示を受け頷くが申力行の父親を殺した事にショックを隠せずにいました。

そして斉王や趙無極と共に葬儀に向かうと恨みを買う人ではないのに惨殺されたと訴えられ俯きます。

単青から密かに呼び出された蘇溢清は探りを入れられたが斉王には何も話していないと告げます。しかし斉王に単青はどこにいるんだと責められ、劉吉に捕まっても六扇門に捕まっても危ないので斉王府に戻るよう説得してみると告げます。

スポンサーリンク

皇帝は松太医、申梓木、劉進の高官が立て続けに殺されたと趙無極から報告を受け激怒します。劉吉を呼び都の治安がここまで悪化した責任をどう取るのだ、政権争いはやめろと叱咤すると、禁足中の皇后は陛下がご立腹だと知り劉吉と皇子に会いに行きます。

申力行の看病をしていた蘇溢清は申梓木の殺害を目撃した者を言亦冬が見つけたと知り苦しみながらも斉王に報告します。

申力行は急いで話を聞きに行くが面倒に巻き込まれるのは御免だと情報を得られませんでした。弱みを握って情報を聞き出すしかないと思い見張りを指示するなか懿恩を調べる蘇溢清は彼女は亡くなった曹淵の娘だと突き止めます。

 

申力行と蘇溢清は投獄されている懿恩に会いに行くと正気を失っていたので引き返します。しかし松太医と懿恩の間に遺恨などないので芝居だと見抜き斉王に報告した後ふたたび牢に向かうと懿恩はいませんでした。

このタイミングで訴えを起こしていた万陽が隆吉に捕らわれたと知り斉王はすべて懿恩の行動も劉吉の指示だと確信します。

言亦冬は目撃者の弱みを握り追及すると二人の女性が逃げて行くのを見たと聞かされます。

(斉王が怪しくなってきたな。いまになって急に単青は生きていると言い出すし申梓木を殺した犯人を知っているのに話さないのでその時点で六扇門を欺いている。むしろ唆す皇后と劉吉を排除すれば皇子は普通の人だし跡継ぎでいいのではないかな)

29話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想