PR

六扇門(りくせんもん)29話~32話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ「六扇門」作品概要

皇帝直下の捜査機関・六扇門が謎と陰謀渦巻く事件を追うアクション時代劇

 

あらすじ

皇帝が昏睡状態に陥って重篤になり朝廷が皇位継承について議論していた頃、都に連続殺人事件が発生する。

遺体はいずれも宦官だったが宮中の人事を管理する司礼監は行方不明者はいないと言う。疑いの矛先が皇帝の弟・斉王へ向かうと皇后は7日以内に潔白を証明せよと命じる。

皇帝直下の捜査機関・六扇門は謎と陰謀渦巻く事件を追う!!

スポンサーリンク

 

豪華キャスト

申力行(レイモンド・ラム)

1979年12月8日誕生、「孤高の皇妃」「賢后 衛子夫」など

蘇溢清(ディリラバ)

1992年6月3日 誕生、「夢幻の桃花」「長歌行」など

斉王/朱見溢(アレックス・フォン)

1980年2月26日誕生、「ミーユエ」「海棠が色付く頃に」など

言亦冬(イン・ハオミン)

1986年6月25日誕生、「海棠が色付く頃に」「独孤伽羅」など

申梓木(ホアン・ウェンハオ)

1962年8月4日誕生、「侠客探偵 簡不知」「海棠が色付く頃に」など

曹懿恩(スン・ヤオチー)

1998年2月26日誕生、「大明皇妃」「神雕侠侶」など

孫鑫(ルオ・ジン)

1981年11月30日誕生、「鶴唳華亭」「康熙帝〜大河を統べる王〜」など

 

ネタバレ感想

29話~32話のネタバレになります。

「六扇門」全40話あらすじ一覧はこちら

 

29話/皇帝の引見

申力行は父親を殺したのは二人の女性らしいと言亦冬から報告を受け、弔いに付き添っていた蘇溢清は激しく動揺します。

申力行は出て行こうとすると陛下がお呼びだと趙無極に言われ養心殿に向かいます。皇帝に拝謁すると六扇門の長官で遺族でもあるのだから犯人を捕まえるよう直々に命じられます。

刑部の下部組織である六扇門が直々に呼ばれた理由に疑問を抱くと斉王から話があるだろうと趙無極に言われ斉王府に向かいます。

朝廷の役人は劉吉と縁の深い者ばかりで互いに抜擢し合い助け合っているので公平に処理できるものを陛下は捜していたのだと知り信頼に応えなければと思います。

 

蘇溢清は劉進の殺害の罪まで被らされる可能性もあるから斉王府に来るべきと単青の説得を試みるが彼女は申梓木殺害事件の目撃者が現れたと知ると口封じに向かいます。

申力行から下手人は女で右腕を負傷する者だと聞かされた蘇溢清は単青だと確認し動揺して戻ると斉王から居場所はどこだと責められます。再び説得しに隠れ家に行くが尾行されていた事で斉王がやってきます。

外に出ていろと言われた蘇溢清は出て行くと血痕が途切れた場所を探す申力行と言亦冬を見かけ隠れるが、劉進が捕らえていた女を捜す孫乾に見られていました。

 

斉王は自分を縛るよう命じて蘇溢清と単青を逃がします。言亦冬に発見され拘束を解いてもらうと錦衣衛がやってきたので捕獲されたかどうか調べに来たのかと孫乾に言い放ちます。

驚かない様子がうかがえるので襲撃はお前たちの仕業かと詰め寄ると孫乾は困惑しながら捜索を部下に命じます。

(さすがに捜索しているところに斉王がいたら申力行は怪しむのではないかな?板挟みにあい蘇溢清は精神的に疲れるだろうな、かわいそうに。結局、単青は斉王府にいることになったのねww)

 

30話/夜の闇に紛れて

孫乾は申力行に妨害されたが女は斉王府にいるはずだと察し劉吉に報告します。斉王と趙無極から万柳を再捜査するよう言われた申力行は万柳に罪を着せる気なら協力はできないと告げます。

疑念に心潰されかけているが万柳は罰せられて当然なのだから再捜査すれば江陵を陛下に引き合わせられ劉吉を倒せると言われます。

ただの口実だと疑うが背後に隠された事情を暴くためにも万柳を再捜査するため刑部に向かいます。しかし斉王がまた関与してきたと危険を察知する劉吉が毒殺を命じていたために万柳と万楊は既に息絶えていました。

スポンサーリンク

申力行は博打を楽しむ孫乾を訪ね劉進を殺した者はだれかと尋ねると申梓木と劉進を殺したのは同じ人物だろうと言われます。

主は違うが利害は一致するので協力しようと誘われると帰り道で劉吉に声をかけられます。申梓木を殺した犯人が斉王府にいると言われデタラメだろうとその場では断るが斉王への疑念は深まります。

蘇溢清の後を追うと別棟で門前払いを受けたので何隠しているのではないかと疑い日が沈んでから言亦冬と共に斉王府に侵入します。しかし言亦冬が「女がいる」と声を発したために気付かれてしまい逃げそびれて自分だけ捕まってしまいます。

斉王から互いに想いあっていた者と結ばれず20年経っても引きずっているので別棟に楽人を呼んでは気を紛らわしていたのだと言われ、秘密は守ると告げ侵入を許してもらいます。

申力行は言亦冬にお前のせいで捕まったと責め立てるが別棟を整えたのは最近だから妙な話だと告げます。

(蘇溢清が尾行されているのを知った斉王は夜に侵入してくると見抜いて楽人を呼んだのか?めちゃ察しがいいし段取りが早いですね。確かに申梓木を殺した犯人を突き止めたい申力行からしたら劉吉と利害は一致しているからね・・・)

 

31話/不審な箱

申力行は曹淵は皇子の地位を守るために命を捨てたのだと劉吉に言われます。針は目くらましなのかと訴えると、その者こそ父君を殺した犯人だと言われます。

斉王のことをいろいろと言われるが事は重大で犯人を捕らえるまで鵜呑みにはできないと告げると劉吉は懿恩を連れてこさせます。

罪人を勝手に釈放させていたので驚くがなぜか懿恩の父親を殺したのが自分だと思われていたので否定します。劉吉は黒幕は斉王であって申力行は何も知らないのだと告げて懿恩を下がらせます。

 

皇子から何で皇后を禁足しているのかと聞かれる皇帝は後宮が政治に干渉すれば罰を受けて当然だと告げます。しかし反省しているようなら監視はしつつ禁足を解いてやれと趙無極に命じます。

斉王は危険を察知して単青を都から逃がすよう蘇溢清に指示します。斉王は匿っているはずなので斉王府を見張っていれば申梓木を殺した犯人が見つかるはずと劉吉に言われていた申力行は錦衣衛が城門から撤収したと聞かされ向かいます。

不審な箱を運ぶ東廠の一団に声をかけ箱を開けさせると蘇溢清が中に入っていました。そこに趙無極もやってきて二人から劉吉に利用されたの言われます。しかし斉王府の別棟に誰が住んでいるのかと訴えると知らないと言われたので疑いを募らせます。

孫乾は箱に入っていたのは蘇溢清だったと報告すると劉吉は斉王に出し抜かれたが少なくとも申力行は斉王に疑いを持ったはずだと言います。

(斉王の策はなんか微妙なんだよな、苦笑。蘇溢清、疑われても仕方ないのよ。ってゆうか犯人知っていてその場にもいたんだから。それなのに会いに行くのもちょっとね、胸が痛まないのか?)

 

32話/深まる溝

都を出る単青だが護衛の者の様子がおかしい事を見抜き休憩のために寄った店で場所を聞きだします。南へ行くはずが逆方向だと知り隙をついて剣を奪い突き付けると、鉄嶺の張強のもとへ連れていき殺害するよう斉王に命じられたことを知ります。

斉王を陥れるつもりかと訴えるが密書を持っていたので護衛を全員始末し鉄嶺の陣営に向かいます。文を目にする張強がとても受け入れられることではないと口にしたので斉王は本気で私を殺そうとしたのかと意見を求めると秘密を知る者が劉吉の手に渡れば首が飛ぶからだろうと言われます。

帝位のためなら誰でも殺すつもりなら蘇溢清が危ないと思い都に戻ります。

スポンサーリンク

劉吉は懿恩を無罪にするために彼女に罪を着せた者を用意させます。焦渓の病がぶりかえし江陵が斉王を捜していたので申力行は松太医は殺されたことを教えます。

言亦冬が犯人のアジトを突き止めたと報告を受け申力行は急いで駆け付けるとそこにいたのは蘇溢清でした。犯人がここにいたから捜査を助けるために来たけどもう誰もいないようだと誤魔化され、「犯人は女二人だと目撃証言があったが犯人は1人、もう一人は誰なんだ。犯人は間違いなく斉王府に別棟にいた」と言い放ちます。

王府に戻る蘇溢清はすべて話すべきと訴えるが許されるわけないと斉王から止められます。

 

斉王ははやく江陵に謁見させるしかないと思い趙無極に説得するよう願うが拒否されてしまいます。それどころか江陵と焦渓が参拝に出かけ戻らないと知り、東廠の出入りが頻繁にあるので孫乾に調べさせた劉吉は江陵を失ったようだと知ります。

(蘇溢清は逆切れし過ぎじゃないかww単青の時も隠れて斉王に話していたのだから申力行を信じて話しちゃえばいいのに・・・)

33話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想