ネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

「ロスト・ボディ」ネタバレ あらすじ ・死体安置所から確実に殺したはずの妻の死体が消えた!

ミステリーサスペンス

 

作品情報・キャスト

亡くなったばかりの資産家女性が死体安置所から消え警備員が事故死!

ハイメ警部は愛人がいる年下の夫アレックスの財産目当てによる犯行だと疑うが・・・

◆ハイメ警部(ホセ・コロナド)◆アレックス(ウーゴ・シルバ)◆マイカ(ベレン・ルエダ)◆カルラ(アウラ・ガリード)

 

ネタバレ あらすじ

   ロスト・ボディ

 

森の中を必死で逃げていた男は道路に出たところ走ってきた車に轢かれました。

出動願いがあり現場に向かったハイメ警部は被害者が死体安置所の警備員だと分かり監視カメラを調べると何かに気付き脅えて逃げ出した事が分かります。

 

そして…死体安置所から大手テクノ企業の株を過半数持つマイカの死体が消えていました。

スポンサーリンク

 

アレックスはマイカが所有する製薬会社の研究員であり不倫相手のカルラと結ばれるためにTH-16の液体をワインに混入し出張から帰ってきてバスブロに浸かるマイカに飲ませ殺したのです。

しかし妻の死体が消えたと連絡を受け急いで向かうとマイカかアレックスに恨みを持つ者が死体を盗んだのではないかとハイメ警部から言われます。

 

マイカは心臓発作で亡くなったわけだが詳しく調べるにも死体がないので解剖も出来ない。

ハイメ警部は死んだばかりの妻の事を冷静に過去形で話すアレックスを疑います。

 

アレックスは物音がする方へ行くと死体があった場所に妻の所持品と何故かTH-16があり慌ててポケットに入れるがハイメ警部に見付かってしまいます。

家に帰るとビジネスクラブ年次晩餐会の招待状が届いていて裏面には”目を閉じればいつも一緒”と書かれていました。

晩餐会はカルラと一緒にいて約束を忘れた日でありメッセージはその日の夜にメールで受け取ったものでした。

 

マイカが3ヶ月前に探偵を雇いアレックスの不倫を疑っていたこと。そしてアレックスの製薬会社で開発されたTH-16は心臓の毒薬で体内に入ると8時間後に心停止となり痕跡を残さないものだと判明します。

拘束され厳しい取り調べを受けたアレックスはマイカが雇った探偵が殺され資料が事務所から消えていることを知ります。

 

マイカが生きていると確信したアレックスはハイメ警部にすべてを話しカルラが復讐されるかも知れないから助けるようお願いしました。

カルラの家を調べると死体安置所のセキュリティーを知り尽くしている事が分かり車のトランクにはスコップや銃が見付かりました。

森の中からマイカの死体が発見されカルラという女性はアレックスが頭の中で作り上げた共犯者だと警察は結論付けました。

 

 結末 

 

ハイメ警部は今日は妻の命日だと話し始めます。

まだ娘が小さかった頃、家族を乗せてドライブしているところ横から来た車に追突され妻が亡くなりました。

すぐに救急車を呼べば助かったが加害者は逃げたのです。

娘が大きくなってから加害者が乗る車のナンバーと会社のロゴ、そして男女が乗っていた事を思い出します。

ハイメ警部と娘エヴァは徹底的に調べ殺したのはアレックスとマイカだと突き止めます。

エヴァはカルラと名乗ってアレックスに近付き父親と共に10年考えた復讐計画を実行したのです。

妻殺害を唆しマイカの遺体を盗んで山に埋め、実はマイカは生きているのではと思わせる証拠を用意しアレックス追い詰めたのです。

アレックスはマイカの亡霊と警察から追い詰められ、

ハイメ警部が話す真実を聞きながら心臓発作により死にました。

 

テキストのコピーはできません。