「劉皇后の仰せのままに」5話~8話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国時代劇/劉皇后の仰せのままに

リー・ジアチー&リー・ホンイー共演、

最も不釣り合いな皇帝と皇后と呼ばれた2人が最高のカップルになるまでを描く宮廷ラブコメディー

 

あらすじ

仙葩村には男たちが早死にするという呪いがあり黒胖は突如持ち上がった縁談に困惑します。

呪いを解くためには腐れ縁の美顔王子・魚長崖と祝言をあげるべしとのお告げが出るが、文通相手の宣様に嫁ぐと心に決めていたので村を出る。

母親から都にいるサソリとあだ名される奸臣・劉歇が父親だから父さんを頼れと助言を受ける。都では若き皇帝の妻となる皇后選びの真っ最中で・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/リー・ジアチー&リー・ホンイー共演

黒胖/劉金鳳(リー・ジアチー)
段雲嶂(リー・ホンイー)
劉白玉(チェン・シンユ)
段雲重(グオ・チョン)
魚長崖(バイ・シュー)
劉歇(ワン・ドン)
太后(ヤオ・チエンユー)

 

「劉皇后の仰せのままに」全36話あらすじ一覧はこちら

 

ネタバレ感想

 

5話/皇后は刺客?

劉金鳳は騙されているのにも気付かず、覚悟はできているから教えてくれと沈傲を呼び止めます。陛下は何の病なのかと尋ねると幼い頃から喘息を患っていて苦しんでいると聞かされ侍医なら何とかしてくれと訴えます。

すると特効薬を作ったが段雲嶂は宮中の者で薬を試すのは人の道に反すると服薬を拒否するのだと教えられます。量を間違えると危険だと忠告を受けたうえで特効薬をもらい受け陛下のために汁物を作ります。

 

皇后の侍女・素方からスープに薬を1瓶入れていたと報告を受ける段雲嶂は、やはり劉歇の娘で刺客だったかと思います。平然と勧めてくるので朕を殺す気かと訴えるとせっかく仙葩村の特産品である活力水を入れたのにと言われます。

疑っていると冷めちゃったと劉金鳳が飲みだし傾城山へ一緒に行こうと誘われたので宮中だと毒殺がバレるから外に連れ戻すつもりだなと疑い、部下を山賊に扮して襲わせてくれと粛静唐に託します。

劉歇は陛下と皇后が傾城山へ向かったと報告を受け尾行を命じます。先帝によく連れてきてもらった場所であり段雲嶂が懐かしむ中、劉金鳳は二人きりになりたかったので喜びます。

山賊に襲われる劉金鳳は様子を伺っていた覆面した者(魚長崖)に助けられ段雲嶂を連れて逃げ出します。魚長崖は私情で勝手に動くなと忠告されたので皇宮へ入れないつもりなら勝手に入ると宰相に伝えろと訴えます。

 

6話/母娘の再会

段雲嶂は劉歇が自分の忠臣を排除しだしたので急がねばと思い清池宮で仕留めるつもりだと側近たちに伝えます。

劉金鳳は宮中の礼儀作法は覚えたが陛下の親戚のご身分と容姿を全然覚えられず嘆きます。

謝親宴にて親戚が皇后の失態話を続けているので太后は早く呼んで来るよう指示します。劉金鳳は段雲嶂を待っていたが来ないので太后が呼んでいることもあり謝親宴へ向かい、段雲嶂は永福夫人を迎えに行った粛静唐から到着前日に失踪したようだと報告を受けます。

スポンサーリンク

いつまで待たせるのだと親戚一同が怒るなか遅れてやってきた劉金鳳は紫鉄舟に作らせていた料理を運び会った事もない親戚一人一人に挨拶します。一人だけ姿絵集になかった人がいたので笑顔で誤魔化すなか「沐王妃、楽に」と段雲嶂はやってきたので助かります。

段雲嶂は母親が失踪したと伝えたら心配すると思い宰相に会いたくないようだと告げるが劉歇が連れて来た女性を見て劉金鳳が「母さん」と手を振ったので驚きます。

永福が劉金鳳そっくりでがさつな女性だったので一同苦笑いを浮かべるなか、段雲嶂は清池宮の温泉へ参るので一緒にいかがですかと誘います。劉歇は軍機閣があるゆえ参れませんと断るが婿が誘っているのに何で断るんだと永福に責められます。

 

段雲嶂は二杯目の杯を落とした時が合図だと決死隊に告げていたが一杯目の時に杯をパチンコで弾き飛ばされます。予定とは少し違ったが杯が落ちた事で決死隊は劉歇に向かっていき段雲嶂は待機していた連弩隊に合図を送ります。

謝親宴を成功させたことで公主・雲嫣は劉金鳳を姉さんと呼ぶことになり太后と徐太妃も何気に良い人っぽいから皇后は居心地はよくなってくるね。
紫鉄舟も料理の評価を得れば皇后に感謝するだろうし・・・。劉歇を抑えたいならわざわざ捕らえようとしなくても永副をそばにいさせればいいのでは?ww
ところでパチンコが飛んできたのは劉歇の指示かな?段雲嶂の計画を読んでいたけども連弩の情報がなかったとか?

 

7話/暗殺計画失敗

段雲嶂は劉歇を捕らえようとし連弩隊の放った矢を命中させるものの返り討ちに遭ってしまいます。段雲嶂は自らも匕首を手に襲い掛かかった歯が立たず射手たちもいつの間にか全滅させられていました。

段雲嶂は侍医を呼べと命じたがそれだと私の命を狙ったことがバレるだろうと劉歇に止められます。さっさと殺せと言い放つと捕虜でさえ簡単には殺さないし、うまくいかないなら穏やかに共存できる方法を探すと言われてしまいます。

 

劉金鳳は自分を口実に劉歇を呼び出して襲ったんだと察すると見て見ぬふりするべきと母・永福に言われます。夫の命が狙われたのに呑気なもんだと思うが太后との食事の席で我慢ならず段雲嶂を連れ出します。

「仇の娘を愛してしまい愛情と憎しみの板挟みにあって嘘を重ねてしまったのは分かる。許してやるからすべて正直に話せ!!」

謝罪もしないので怒ると宣様なんて存在せず劉歇によるただのでっちあげだと言われ真相を確かめに向かいます。

劉歇の書斎で文を見つけたので問い詰めると陛下とお似合いだと思ったのだと言われ嘘だと判明し仙葩村に帰ると言い放ちます。しかし永福は宰相夫人として残るのだから会えなくなるぞと言われ手を出したら許さないと忠告します。

 

粛静唐、沈傲、紫鉄舟を巻き込んでしまったために段雲嶂は謝罪するが何で計画がバレていたのか疑問を抱きます。

劉金鳳にちょっと言い過ぎたかもしれないと思う段雲嶂は皇后が欽天台にいると報告を受け急いで向かいます。

 

8話/別々の道へ

スポンサーリンク

段雲嶂は欽天台で酔いつぶれる劉金鳳を負んぶして帰ります。

腰の激痛で目を覚ます劉金鳳はクズ宣とは縁を切ると侍女・素方に宣言します。何やら報告されそうだったので陛下の話はいらんと拒否するが「即刻、皇宮から出て二度と戻るな」と伝言を伝えられます。

段雲嶂は劉歇とに死闘が始まるのでこれ以上利用されないよう巻き込まないために追放を命じたが、そんな事を知る由もない劉金鳳は追い出されてたまるかと段雲嶂は根っこからの悪で皇帝に相応しくないと放送を使って皇宮内に響かせます。

驚く太后だが沈傲から話を聞きだし夫婦のことだから陛下に任せた方がよさそうだと思います。

 

劉金鳳は陛下とは別々の道へ行くと宣言すると昼飯20品作れと嫌がらせを受けるが永福と会えなくなるので逃げることはせずやり遂げていきます。段雲嶂は20品作り上げた事にも驚くが紫鉄舟の料理よりもうまかったので箸が進んでしまいます。

しかし食べ過ぎてお腹を壊すと洗濯ものを命じると汚く返り、掃除を命じるものの愛馬の毛を全剃りされてしまいます。

仲がいい夫婦にしか見えないねww
劉歇はなんだかんだいって陛下を守っているのでは?悪人に見えないけどなぁ・・・何かありそうね。
永福は強制的に連れてこられ謝親宴が終わったら村に帰る予定だったが宰相夫人にされてしまいましたね。強引は強引だけど永福の方が気が強いしなぁww
段月籠が管理する欽天台に時代にふさわしくない放送があるのが変よ。

段攏月が管理する欽天台に、このご時世になんで放送できる機能があるんだろうかww

9話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク