映画「サムライせんせい」ネタバレあらすじと結末/作品情報キャストの紹介/土佐の武士が現代にタイムスリップ

スポンサーリンク

 

作品情報とキャストの紹介

黒江S介の同名人気コミックを市原隼人主演で渡辺一志監督が実写映画化したコメディー。

黒船来航以降の時勢の動揺を受けて攘夷と剣半挙藩勤王を掲げる土佐勤王党を結成した土佐藩郷士の武市半平太は後に前藩主の山内容堂に投獄され切腹を命じられるが獄中から気付くと現代にタイムスリップしていた。

学習塾を営む佐伯のもとで居候させてもらう半平太は今いる高知県は未来の土佐だと気付き始める。そんな時、ジャーナリストが訪ねてくるがその男も現代にタイムスリップした坂本龍馬だった。

武市半平太(市原隼人)楢崎梅太郎/坂本龍馬(忍成省吾)佐伯塾長(橋爪功)佐伯寅之助(押田岳)サチコ(武イリヤ)後藤象二郎(西村雄正)岡田以蔵(松川尚瑠輝)武市富(奥菜恵)

幕末・明治維新150周年記念作品

 

ネタバレあらすじ/サムライせんせい

現在の高知県にあたる土佐藩の武士、武市瑞山は剣術家にしてリーダーシップを持ち土佐勤王党を率いて幕末に名を響かせていました。

瑞山の通称は「半平太」で武市半平太と呼ばれている。

文久3年(1863年)、人斬り以蔵が「半平太の命令でしたこと」と自白したために山内容堂に入牢を命じられた半平太は毎日拷問にかけられていました。

このまま最期を迎えるのを待つしかないのかと悔やむが目を覚ますと牢獄ではなく何処かの原っぱでした。

 

見慣れないビルが建ち並び、自動車やバイクを見て「なんだあれ・・・」と驚きます。

ここは何処だと話しかけると高校生の佐伯虎之助はサムライがいると驚きバイクを倒してミラーが割れてしまいます。

「サムライみたいなコスプレしやがって」と罵られた半平太は「みたいなとはなんだ!れっきとした武士だ」と言い放ちます。

歩き疲れた半平太はスーパーに入ると食べ物がずらりと並んでおり、「おまんがここの亭主か、拙者はちと訳あって持ち合わせがない、必ず返しに来るき、1つ売ってくれぬか」とお願いすると受け入れてくれました。

「かたじけない」とリンゴを手にして出て行き公園で食べていると万引きだと通報を受けたため警官がやってきました。

いきなり掴まれたので投げ飛ばすと大勢の警官がやってきたので走って逃げ切るが疲れ果て倒れてしまいます。

 

命の恩人

二日振りに目を覚ますと学習塾を開く虎之助の祖父の家にいました。

スーパーで泥棒が出たと警官が訪ねてきたが佐伯は「知らない」と言ってくれたらしく半平太は感謝します。

「山内容堂を主君にもつ土佐藩郷士・武市半平太と申します」

佐伯家で居候する事になった半平太は身だしなみを整えさせてもらうが髭は簡単に剃れるし肌心地がいいタオルに感動します。

佐伯は年表を持ってきて「あなたがいた時代よりも150年ほど先の日本です」と説明しました。

 

洗濯機の扱いにも慣れてきた頃、虎之助は家にサムライがいるんだと彼女のサチコに話します。

「半平太は幕末の英雄・坂本龍馬とかと活躍した武士だが何故か成りきっているんだ、頭おかしい」

警官から逃げる半平太の姿をサチコは偶然見かけており撮っていた映像をSNSに流していました。東京で女子校がスマホを見て「サムライがいる」と爆笑していたのでジャーナリストの楢崎は見せてもらいます。

 

元の時代に戻れるまで手伝って欲しいことがあるとお願いされた半平太は「命の恩人の佐伯殿の頼みなら例え火の中水の中・・」と熱く訴えます。

塾講師を頼まれた半平太は「サムライせんせい」と人気者になるが、子ども達からスマホの扱い方やゲームを教わり現代の遊びを徐々に覚えていきます。

凜々しい顔付きの「サムライせんせい」は奥様方からも人気が爆発しいろいろと手渡されるが「妻以外の人から施しをもらうわけにはいきません」と告げると「若いんだから」と笑われます。

佐伯から「それはお世話になっている感謝の印みたいなものですから頂いておきましょう」と言われ半平太は手にするが生まれて初めてチョコレートケーキを食べてあまりのうまさに声を出します。

 

再会

サチコと一緒に買物に行き、帰宅した半平太は不審者の楢崎を発見し「盗人か、刺客か」とモップを手に攻めるが楢崎はすべてかわし洗濯の竿を手にしました。

なかなか手強い奴だったが最後は押し倒しモップを突き付けます。

しかし、「互いに違うやり方であっても日本を1つにしようと約束したの忘れたか」と言われ坂本龍馬だと気付きます。

「インスタで見た」と言われた半平太はインスタとは何ぞやと思うがそれよりも再会が嬉しくて喜びます。

スポンサーリンク

 

龍馬の車GTOで出かけた半平太は桂浜を見て変わらんなと思い「150年後にも名が残るってすごいと思わんか」と言われます。

龍馬は現代で6年も生活しているらしく今では徳川幕府そのもの、将軍もいないと言います。文久2年(1862年)に「本能寺凶変」の進講をして帰宅途上にあった吉田東洋を暗殺するよう命じて成功させていたが山内容堂は最初から許すつもりはなく散々利用したあと東洋暗殺の復讐をするつもりだったのだと知らされます。

牢屋に1年以上閉じ込められ「主君に対する不敬行為」という言いがかりのような理由で切腹を命じられたと知り半平太は「武市瑞山殉節地」を訪れショックを受けるが妻の富は援助を受けて87歳まで天寿を全うしたと知り安堵します。

命を掛けてかけずり回ったのにまさか言いがかりで切腹させられるとはと悔しがる半平太だが今の高知県を見て皆が幸せに暮らしているので何もすることはないのだと分かります。

 

結末「サムライせんせい」

虎之助が先輩に連れて行かれるのを目にした半平太は龍馬と一緒に追いかけると倉庫で15人から暴行を受けていました。

「金持ちの坊ちゃんのくせに遊ぶ金を出してくれないんだ」

「年上だったらお前らが遊ばせてやるのが筋だろ」と半平太は訴えるが「おっさん二人で勝てんのか」と粋がります。

「この半平太を倒すのにたった15人とは、見下されたもんだ」、半平太は下駄を脱ぎ龍馬に手を出すなと念を押したあと鬱憤を晴らすかのように次々と倒していきます。

あまりの強さに残党は逃げ出しました。

 

半平太は子ども達に勉強を教えながら元の時代にどうやったら戻れるか考えてみると東京に帰る龍馬に告げます。

飛行機を見送った半平太は「助けてくれてありがとう」と素直に虎之助からお礼を言われます。

「武市半平太夫妻の墓」があると龍馬から聞いていたので虎之助に連れて行ってくれと頼みバイクで向かいます。そして富から教わった鶴の折り紙を墓の前に置きお祈りしました。

「まさか、本当に武市半平太・・・そんなわけないか、本物だったら弟子入りするよ」

 

半平太が歩いて帰ると言うので虎之助はバイクで先に帰るが子どもが夜遅くなっても帰っていないらしく警察がきていました。また被害届が出ていると知った虎之助は「助けてくれただけで正当防衛だ」と訴えるが未成年に怪我を負わせた事は事実だと言われます。

半平太は学習塾に通う子どもが行方不明だと知り、前に「レアキャラが曙山に出るんだ」と言っていた事を想いだし捜しに行きます。

行方不明の3人の子どもは「サムライせんせい」から3本の矢の勉強を受けており協力して紙に絵を描いて移動していました。絵を見付けた半平太と虎之助は子ども達を発見し連れて帰りました。

被害届が出ているため半平太はパトカーに乗ろうとするが子ども達や奥様が止めに入ります。虎之助は「今度は俺が救う」とバイクに乗せて逃走するがトラックに轢かれ事故に遭います。

虎之助は痛みを我慢しながら立ち上がるが半平太の姿は消えていました。

銀行に呼ばれた佐伯は出向くと維新から150年後に開けるようにと依頼され保管されていた封筒を渡されます。

不思議なことに佐伯の名前が書かれており差出人は「瑞山」となっていました。封筒の中には学習塾の絵が描かれてあり虎之助の横には「瑞山、最後の弟子」と書かれていました。

半平太は切腹する前にそれを託していたのでした。

 

感想「サムライせんせい」

坂本龍馬は有名ですが恥ずかしながら武市半平太は初めて耳にしました。すいません、このあたり知識がなくて^^;。

調べると武市半平太立像、殉節地に石碑が建てられ夫妻の墓だけでなく旧宅も紹介されていますね。

1年9ヶ月も投獄されてから切腹を命じられるなんて・・・面倒を見ていた岡田以蔵が活動から脱落した上に無宿人にまで落ちぶれ、あげくは藩庁の拷問にも早々と屈して自白を重ねて多くの同志を道連れにした事が原因なのだろうか。

明治10年に名誉回復し正四位が追贈されたわけだが、調べれば調べるほど濡れ衣としか思えないし病に倒れた容堂が悔やんで詫びていた事からも無実なのだろう。

映画はコメディっぽくて面白かったがもうちょっと分かりやすいように武市半平太を詳しく紹介して欲しかったかな。

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました