へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 三度目の殺人 」< ネタバレ あらすじ > 供述がコロコロ変わる容疑者は何を守ろうとしているのか!

 

三度目の殺人 Blu-rayスペシャルエディション

 

監督=是枝裕和

 

重盛朋章(福山雅治)

三隅高司(別所広司)

山中咲江(広瀬すず)

山中美津江(斉藤由貴)

摂津大輔(吉田鋼太郎)

川島輝(満島真之介)

重盛彰久(橋爪功)

 

< ネタバレ あらすじ >

       三度目の殺人

 

河川敷で食品会社社長・山中光男の焼死体が発見されました。

会社をクビになり借金に苦しんでいた三隅高司がスパナで何度も殴りつけたあとガソリンを巻いてガスバーナーで火を付けたと自白しました。

 

経済的な理由で裁判に勝つ事を最優先するクールなエリート弁護士・重盛朋章はヤメ検の摂津弁護士から三隅の事件の引き継ぎを頼まれます。

会うたびに言う事がコロコロ変わり摂津は根を上げてしまったのです。

三隅は30年前にも殺人で無期懲役になっておりその時に裁判長を務めたのは重盛の父・彰久でした。

今回も強盗殺人を犯しておりこのままいけば「死刑」は間違いないので重盛は若手弁護士・川島と現場検証を行います。

重盛は足を引きずって歩く女子高生を見て関係者だろうか思うが現場に残されていた焼跡が十字架の形をしていたので偶然なのかと気にします。

タクシーのカメラには三隅が映っていて被害者の財布を持っていました。重盛は検察から財布を見せてもらうとガソリンのシミを見つけ「強盗殺人」ではなく「殺人と窃盗」だと思います。

 

重盛は三隅から遺族への手紙を預かり届けに行くと出てきたのは現場で目撃した片足を引きずる女子高生でした。彼女は被害者の娘・咲江だと知ります。

被害者の妻・美津江は「こんな手紙1つで許せって言うの?」と涙を流し手紙を破って返してきました。

重盛は事実はともかくクビにされた事を恨んでの犯行で強盗ではなく窃盗、うまくいけば無期懲役に持ち込めると思います。

重盛は別居中の娘が万引きしたと知らせを受け店に駆けつけます。弁護士の名刺を渡し「いま大きな殺人事件を扱っていて家庭をほったらかしていて………申し訳ありません」と謝罪すると許されます。

 

三隅が週刊誌の取材で「美津江に殺してくれと頼まれたんだ」と答えました。

勝手にベラベラ話されても困ると思い重盛は面会しに行くと給料とは別に50万振り込まれておりそれが美津江からの前金だと残されていたメールで分かります。

どうして最初から言ってくれなかったのかと訴えるが重盛は話に乗っかり、共謀共同正犯で主犯は美津江の保険金殺人の線で進めます。

減刑する事しか頭にない重盛は「あなたみたいな弁護士が犯罪者が罪と向き合うのを邪魔する」と検事に言われます。

勝つためなら「真実」は二の次と思っている重盛は笑って流します。

 

スポンサーリンク
 

 

重盛は大家さんに頼んで三隅が借りていた部屋を見せてもらいます。

大家さんに美津江の写真を見せると知らないと答えたが「足の悪い女の子が訪ねてきていた」と言いました。

飼っていた鳥が死んでしまい庭に埋めていた事を知らされ確認すると石コロで十字架が示されていました。

掘ってみると5羽の死骸があり奇妙だと思います。

咲江を調べると足が悪いのは生まれつきのようだが本人は「工場の屋根の上から飛び降りて怪我した」と周囲に話していました。

重盛は父親に連絡し三隅の30年前の事件の資料を見せて欲しいとお願いします。

彰久は「気持ちを分かろうとするな。殺しを楽しむような人間だ」と言いました。重盛は三隅の故郷に出向き彼を逮捕した刑事に話を聞くと空っぽの器のような人だと言いました。

三隅の娘に情状証人を依頼しようとしたが彼女の行方は分かりませんでした。

咲江を訪ねた重盛は三隅の娘も足が悪かったらしいと知らせると彼女は驚いた様子を見せます。

 

公判での証言の仕方を伝えに行くと「本当の動機はなんだと思ってるの?」と三隅に聞かれます。

重盛は「十字架は罪を裁こうとしたんじゃないですか」と質問すると裁かれるのは自分の方だと言いました。

三隅は「父親と母親も妻もなんの落ち度もないのに不幸で死にました。なのに私は生きている。命は理不尽に選別されているんだ」と嘆きました。

第1回公判後、咲江が訪ねてきて実の父親からレイプされていた事を告白し殺してやりたい気持ちが三隅に伝わったのだと言いました。

三隅を救うために根掘り葉掘り聞かれるのを覚悟で法廷で証言すると言いました。

重盛はその事を伝えると三隅は「そんな話は知りません。実は私、殺しはしていないんです」と言いました。

クールな重盛は「今更なんで…。頼むから本当の事言ってくれよ」と声を荒げます。

摂津弁護士や警察は何を話しても信じてくれないので罪を認めれば死刑にならないと言われ気持ちがおれたのだと言いました。

また振り込まれた50万は食品偽造をしていた事をばらすと脅して手に入れたものであり財布は盗んだが河川敷には行ってないと言いました。

 

「真実」が知りたいと思うようなっていた重盛はどうして話す気になったのか聞くと咲江は「私は母親みたいに見て見ぬ振りはしたくない」と言いました。

それは「食品偽造」と「娘がレイプされている」ことを意味していました。

重盛は三隅がずっと否認し続けているため証言しないよう咲江を説得しました。

今更証言を変えるのは戦術的に不利ではあったが重盛は三隅に強く頼まれ依頼人の意見を尊重したのです。

目撃者は誰もいなかったが三隅の証言は認められず死刑判決が下されます。

三隅から感謝された重盛は咲江に謝罪すると「誰も本当の事を話さない。誰を裁くかは誰が決めるんですか?」と彼女は言いました。

 

「娘変わりと思っていた咲江に辛い証言をさせないために犯行を否認したんですね。美津江を貶めようとしたのは見て見ぬ振りをした罪を償わせようとしたんじゃないですか」

 

「良い話ですね。生まれて来なければ良かったと思っていた私でも人の役に立てたんですから」

 

心が「空っぽの器」のような状態になった重盛は呆然と空を見上げました。

 

 

blog.netabare-arasuji.net