中国ドラマ「山河令」最終話ネタバレ視聴感想・33話~36話あらすじを結末まで

作品情報/キャスト

人気作家Priestの耽美小説「天涯客」を映像化し中国配信サービスYoukuにてジャンルの中で作品評価1位となったチャン・ジャーハンとゴン・ジュンW主演の中国ドラマ

朝廷の暗殺組織・天窗から抜け出すために体に釘を打ち込み代わりに残された3年間の自由を得た天窗の元首領・周子舒は謎の男の温客行と出会い、一夜にして無敵になれるといわれる武庫の鍵・琉璃甲をめぐる壮大な争いに巻き込まれていく。

原作で描かれた壮大な世界観を受け継ぎ個性的な登場人物と武術による豪快アクションで善悪や愛憎が複雑に絡み合う武侠の世界を作り上げブロマンスと武侠の要素を融合。

 

スポンサーリンク

 

周子舒ジョウ・ズーシュー(チャン・ジャーハン)温客行ウェン・コーシン(ゴン・ジュン)顧湘グー・シアン(ジョウ・イエ)曹蔚寧ツアオ・ウェイニン(マー・ウンユエン)張成嶺ジャン・チョリン(スン・シールン)高小怜ガオ・シアオリエン(ジン・ロー)など

 

「山河令」全話ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/山河令

 

第33話・選択の機会

柳千巧(艶鬼)のおかげて趙敬の本音を知る事ができた蝎王は2人分の解毒薬と毎月の抑製薬を渡します。

「于丘烽がお前と駆け落ちする気なら祝儀になるだろう。解毒剤を与えるか抑製薬で服従させるかは自分次第だ」

柳千巧は薬のことは言わずに「私を信じて、駆け落ちして一ヶ月幸せに暮らそう」と誘うが良い返事がもらえなかったので別れを決意し解毒剤を渡しました。

 

武林の盟主を決める英雄大会の日。腕比べに推挙された莫懐陽(清風剣派・掌門)は統率力を示すために趙敬と対戦するが腕が立つので驚きます。

そこに「武林の盟主は人徳と実力を兼ね備える、お前は相応しくない。もとは下働きの息子で子を失った太湖派の前掌門を義父と仰いだことで五湖盟の一員に成り上がり容炫と交友を持ち武庫を造ったのだろう」と周子舒が現われます。

趙敬の悪事を告発した周子舒は自分は四季山荘の荘主だと名乗り手合わせを願うが死んだはずの温客行が姿を現したので驚きます。

 

温客行は鬼谷主とは同姓同名であり自分は四季山荘の者であり本名は甄衍だと訴えると蝎王は悪事から身を引いた無常鬼たちを連れてきます。

「かつての主ではありません。知らぬ者です」

周子舒は驚くなか、温客行は鬼谷主は白鹿崖で成敗され亡骸は五湖盟の拠点にあるだろうと訴えます。そして周子舒から刀を借りて神医谷・甄如玉の技「秋明十八式」を披露し父である事を証明します。

趙敬はすべての罪を沈慎(大孤山派・掌門)に押し付けようとすると「父の命と盟主の地位を奪っただけでなく声望を地に落とし死に至るまで冤罪で苦しめた。あなたは自分の過去を知る者を惨殺したんだ」と顧湘に連れられやってきた高小怜は言い放ちます。

また張成嶺は鏡湖山荘・掌門が残していた文に20年前の趙敬の悪事が書かれていた事を告げます。

 

毒で操っていた鄧寬まで証言者として現われ、皆に見捨てられた趙敬は剣を手に高小怜を狙うが温客行に斬られます。

最後まで罪を認めない事で温客行は両親を仇をとるため秋明十八式の技で斬り刻みます。蝎王は歩み寄り薬を飲ませたあと「あなたは弁が立つ、もう二度と話さないようお休みください」と告げます。

周子舒、温客行、張成嶺は帰ろうとすると「我々が集まったのは鬼谷主を始末するためだ」と莫懐陽が立ち塞がります。

(結局、莫懐陽も武林の盟主になりたいだけねw温客行の策は見事だったのに鬼谷主だとあっさり認めちゃいましたねw大丈夫かな?ってゆうか張成嶺、その文はいつから持っていたのだ。さっさと出しとけと思ってしまったw)
スポンサーリンク

 

第34話・赤い糸

周子舒、温客行、張成嶺は帰ろうとすると鬼谷主を成敗すると莫懐陽が立ち塞がります。

葉白衣が現われたので莫懐陽は喜ぶが青崖山の封鎖と鬼の出入り禁止を命じただけなので困惑します。そうすれば100年後にはすべてが風化するだろうと訴えると「殺生戒を破らずに済む」と皆が賛同します。

 

温客行はどんな計略だったか何も知らなかった周子舒と顧湘に説明します

大孤山派を訪ね沈慎、張成嶺、高小怜にすべて話し、その後自分の罪を認めて葉白衣に謝罪し協力を願いました。

白鹿崖では趙敬を欺くために葉白衣と本気で戦い張成嶺の暗器で崖に落下し予め用意していた偽の死体を沈慎に発見してもらったのです。

すべては英雄大会で皆の前で悪事を暴露することであり趙敬にとどめを刺さなかったのは蝎王との約束があったからです。趙敬の陰謀を暴くには鄧寬が必要であるので殺さない約束で解毒してもらったのです。

 

蝎王は話せなくさせた趙敬に「温客行と手を組んだのは得意の絶頂にいる時に突き落として手中に収めるためだ」と言い放ちます。

「私を欺かなければあなたは天下を取れたのに。何度も機会を与えたのに裏切った。唯一の家族だから殺しはしない。私が王に成り上がる手腕をみせてあげます。」

 

周子舒は「俺の弟子が俺の与えた暗器で目の前でお前を殺したのに何故黙っていた」と温客行に怒るが自分に武芸を使わせないためだと内心分かっているので酒を飲めと罰を与え許します。

今まで復讐心に駆られていた温客行は全うに生きる事がこんなに幸せなのだったのかと酔い潰れます

温客行は鏡湖山荘を滅ぼした無常鬼たちを水牢に閉じ込めると「下手人を討っても何も変らないから牢で罪を償ってもらう」と張成嶺は言います。そして顧湘と曹蔚寧の婚儀を開いたあとは葉白衣との約束を守るため谷を封鎖する事を伝えます。

すると莫懐陽が清風剣派の弟子を連れて結婚を祝いに来たと報告を受け顧湘と曹蔚寧は喜び、温客行は仕方なく招くが・・・・

(まさか葉白衣にも話を通していたとは、さすが温客行です。計略を知らなかった周子舒が怒るのも理解出来ますね。さて蝎王が何やらしでかしそうだし晋王もいる、なんか趙敬の目が死んでいないような気がするが気のせいかな?)

 

第35話・痴心妄想

曹蔚寧と顧湘は莫懐陽が清風剣派の弟子を連れて結婚を祝いに訪れたので喜んで出迎えるが「お前が弟子をたぶらかした妖女か」と顧湘は罵られます。

顧湘は曹蔚寧が必死に許しを請うので我慢すると受け入れられたようなので安堵するが目の前でいきなり曹蔚寧は首をへし折られたので絶句します。莫懐陽の狙いは鬼谷を滅ぼす事であり襲撃の合図を送り一斉攻撃に出ます。

太鼓の音を耳にした温客行は急いで出て行くと曹蔚寧の仇をとるために戦っていたが顧湘が斬られるのを目にし清風剣派を蹴散らしていきます。

 

盟約のために温客行から武庫の鍵を受け取っていた蝎王は莫懐陽が持つ3つの琉璃甲を手に入れればすべてが揃うと趙敬に語りかけ薬人に襲撃をかけます。

莫懐陽は騙された事に気付き撤退命令を下すが顧湘が命を落とし仇をとるために温客行は薬人を蹴散らしながら追い詰めます。

周子舒や張成嶺、そして鬼谷の喜喪鬼たちも異変に気付き駆け付け薬人と戦います。艶鬼は想いを断つために薬を飲んで于丘烽を忘れているために駆け付けた彼を敵と思い斬り付けます。

 

温客行は莫懐陽を始末するが顧湘の敵なのに簡単に殺してしまった事を謝罪しながら倒れます。

蝎王は始末された莫懐陽の懐から琉璃甲を奪い今にも息絶えそうな温客行にとどめを刺そうとすると周子舒の剣が飛んできてはじかれ気付くと喉元に剣を突き付けられていました。

「殺すならお前を必ず道連れにする。琉璃甲などいらないからさっさと消えろ」

蝎王は取り引きに応じて撤退すると鬼谷の連中の死体がそろったと報告を受け、清風剣派では莫蔚虛だけが行方不明だとしるがほっとけと伝えます。

周子舒は曹蔚寧と顧湘のお墓を作って埋葬し酔生夢死を投与した温客行の看病を張成嶺に任せます。

周子舒は温客行が殺されたと勘違いしたときに英雄大会で復讐するために体内から釘を取り出し武芸の腕前を復活させていました。晋王が武庫を開けるのを阻止するために・・・

 

(私の一番のお気に入りの顧湘が亡くなるなんて、涙。曹蔚寧は守ると言っておきながら1回も守った事ないじゃないか、それより急に後の方になって出てきた莫懐陽に腹立つわ。葉白衣の命でほっといても鬼谷は滅びるのですよ、つまり勝手な言い分を作って武庫の鍵が欲しかっただけだ。そして顧湘って温客行の妹だったの?)
スポンサーリンク

 

最終回36話・天人合一/もう一つの結末

晋王を殺してしまうと地位を狙ったものたちが蜂起するので大義のために生かすしかないと思う周子舒は勢力の均衡を保つためにも負傷させ寝込ませるしかないと告げます。

琉璃甲を得た晋王は陰陽冊を狙うはずと思うが、かつて先祖が中原の果てに天下安泰の秘密を宝庫に残し6個の鍵を六族の族長が保管したゆう伝説を七爺から聞かされ琉璃甲と鍵の話にそっくりだと思います。

 

昏睡状態の温客行を張成嶺や大巫、七爺に託し周子舒は雪原に隠れた武庫へと向かいます。

蝎王と段鵬舉は琉璃甲をはめるが鍵が偽物だと気付きます。周子舒は奇襲をかけ一斬りで段鵬舉を始末すると巨大な雪崩が発生し皆が撤退する中、いきなり葉白衣の内力で助けられた温客行が現われ周子舒に贈った簪を抜き取り武庫の鍵を開けて中に逃げ込みます。

「生死を共にすると言ったろう。奴らを尾行すれば会えると思った」

 

神医谷の奥義書・陰陽冊は足下に転がっていて簡単に手にします。書庫には農書ばかり保管されており足を勧めると「六合心法」を発見し温客行は喜びます。

周子舒は殻類が保管されているのを目にし天下安泰の秘密なんだと気付きます。部屋にあったのは農具や殻類、農書、つまり自給自足の暮らしを送る方法を残していただけなのだと思います。

「前晋王に命じられ宝庫を発見したが大した物はなく、父親は真実を伝えても前晋王は信じないと思い師匠を巻き込まないよう宝庫の意義さえ伏せた可能性が考えられる。そして何もなかったから容炫に武庫として提供したのだろう」

温客行はこれのために晋王は必死だったのかと笑います。

 

周子舒は温客行の協力を得て修業(六合心法)を始めます。実は温客行は葉白衣に助けられた際に「約束通り周子舒を助ける方法を見付けたがお前の命と引き換えになる」と言われていました。

それで良いと返事し六合心法を授けられました。残された者の方が辛いと分かるが温客行はすまないと口にし鍛錬した真気を送りこみ経脈を再構築させ生死の境界を越えさせました。

周子舒は温客行の経脈が壊れて白髪に変っていたので驚き手を握るが・・・・

(数年後に周子舒と温客行は仲良く暮らしていたので六合心法を2人とも会得したとゆうことね。でも不老長寿となった2人はこれからずっと神仙として雪原で氷雪だけ食べ生き続けるのか、そして今まで氷雪だけ食べてた葉白衣は俗世の料理を食べていたので老化が始まりもう他界した可能性もある。てっきり周子舒を助けて温客行は命を落とすのかと思って少しウルウルしてしまったではないかw何の情報もなく山河令を見たので話が難しかったがもう一度見れば面白く感じるかも)

 

宿命を背負う姫と二人の王、三大スター共演・超大型ラブロマンス時代劇

「狼殿下」全話ネタバレあらすじ一覧はこちら

 

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想