「シャークネード」ネタバレあらすじ①巨大台風がサメの大群を巻き込んで接近(感想・キャスト)

スポンサーリンク

 

作品情報とキャストの紹介

サメとの闘いを描く「シャークネード」全6作品の中の第一弾。

テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」に出演していたアイアン・ジーリングが全作品で主役を勤める。

メキシコ沖で発生した巨大ハリケーンは急激な海流の変化で大群となったサメを巻き込みカリフォルニアのビーチに押し寄せていました。やがて台風は大都市ロサンゼルスをおそう。

監督=アンソニー・C・フェランテ

◆フィン(アイアン・ジーリング)◆エイプリル(タラ・リード)◆ジョージ(ジョン・ハード)◆ノヴァ(キャシー・スケルボ)◆バズ(ジェイソン・シモンズ)◆ボビー(アレックス・アーレオ)

ネタバレ・あらすじ

  シャークネード

 

急激な海流の変化でメキシコ沖32キロ地点ではサメの大群が出現していました。

漁船ではサメの密売交渉が拗れ争いごとが勃発していたがサメを巻き込んだ巨大ハリケーンにおそわれ全員帰らぬ人となってしまいました。

 

ハリケーン上陸

カリフォルニアのサンタモニカビーチでは多くの人々が楽しんでいました。伝説的サーファーのフィンはいつもと波が違う事に気付きどこかで発生したハリケーンの影響だろうと思います。

フィンの予想は的中しハリケーンはサンタモニカに向かって北上しており、ハリケーンから逃げるようにサメの大群も北上していました。

サメがサーファーを襲いフィンは仲間のバズを助けて救出し止血するが異変に気付いた人々が一斉に逃げだします。それほど重大なことと思っていないフィンは自分が経営するBARでハリケーンが消えればサメは帰るだろうと伝えサメから逃げた話をおもしろいように語ります。

しかしニュースではハリケーンが接近しており広範囲での洪水が予想されると発表されていました。

フィンは店の窓から様子を伺うと波が激しく荒れていました。離れて暮らす妻子に逃げるよう伝えるが重く受け止めてないらしく話を流されてしまいます。

 

みんなに帰って避難するよう伝えるがハリケーンによって飛ばされたサメが店の窓を突き破ってきました。

サメの大群を巻き込んだ巨大ハリケーンが上陸し観覧車を破壊し、打ち上げられたサメにより多数の死傷者が出ます。ハリケーンが過ぎ去ると店だけでなく仲間達の家も吹っ飛び帰る場所がありませんでした。

フィンはロスにいる妻子が心配だからと車に乗り込むとバズと常連客ジョージ、そして従業員でフィンに恋心を抱くノヴァも一緒に行くと言いました。

 

街中がサメだらけ

豪雨の中、ロスに向けて車を走らせるが洪水化しておりよく見るとサメが普通に泳いでいました。

このままでは動けなくなるため高速道路に乗ろうとするが大波が前方の車をおそいました。水位が上がり水の中だけでなく空からもサメが降ってくる状態であり周囲の人々が犠牲になっていきます。

スポンサーリンク

 

高速入り口の坂の途中に車を止めたフィンたちは車から出れない人々を救いに行くがジョージが犠牲になってしまいます。

フィンは波の動きを読んでタイミングを見計らってアクセルを踏み込み脱出します。

丘の上に住む妻子の家に到着するが「別れたのに何?帰って」と言われてしまいます。しかしマンホールからサメが飛び出してきたのを見てノヴァが手にしていた銃で仕留めるとそのまま逃げるように家に押し入ります。

 

妻エイプリルと娘クラウディアに「ここも危険だから避難するぞ」と伝えるが聞いてくれません。その時エイプリルの恋人コリンがやってきて「サメなんているわけないだろ」とカーテンを開けると飛び込んできたサメにおそわれ部屋の中が一瞬にして水溜まりとなってしまいます。

コリンは犠牲となってしまいフィンはサメを誘き寄せみんなに車に乗るよう伝えます。車を走らせた瞬間、家は崩壊しました。

息子マットが心配だと車を走らせると「息子もいたの」とノヴァに言われます。

動けなくなっているスクールバスを目にしたフィンは「まずは自分の子供を救うのが先決でしょ」と言われるが無視することはできません。

橋の上からロープを使って降りていきドアを開けると子供達は喜びます。子供全員とバスの運転手を引き上げたたフィンは最後に地力でよじ登りました。

 

結末/トルネードを消し去る

マットが働くバンナイズ空港に到着すると全員が無事ではあったがこれから何が起こるのか理解していませんでした。サメを巻き込んだ3つの巨大ハリケーンが上陸し職員が飛ばされ他の者達は奥へと逃げ込みます。

過ぎ去ると街は破壊され嘘のように強い日差しが照らされていました。

サメに備えるため電動ノコギリなど武器を手に入れるが薬品を見たマットが「ヘリコプターでトルネードに向かい作った爆弾を放り込む」と言いました。

 

ヘリコプターに武器を積んでいくとバズは念のためと言って車にも積んでいきます。

マットが操縦し幼い頃にサメにおそわれ祖父を失ったノヴァも同乗します。フィンたちは心配そうに見送りながら飛んできたサメに向けて発砲します。

トルネードに接近するヘリは爆弾を放り投げると成功し2つのトルネードを消し去りました。しかし車の準備に取りかかっていたバスはサメの犠牲となってしまいました。

フィン達が空港の隣にある老人ホームに逃げ込み最後の1つのトルネードを見ていると接近するヘリコプターにサメかじりついていました。ノヴァはサメをナイフを突き刺すが足を滑らせ落下しサメの犠牲となってしまいます。

操縦不能となったヘリコプターが落下するのを見てフィンは駆け付けると気を失いながらも無事に着陸していました。

 

フィンはバズが準備していた爆弾が積んである車に乗り込みトルネードを追いかけます。そして爆弾を準備し車から飛び降りると取るね-度に巻き込まれた車は爆発しました。

トルネードが消え去ったのを見てクラウディアが駆け寄ってくるが巨大サメが降ってきたのを目にしたフィンは電動ノコギリを持ったまま飛びかかります。クラウディアをおそったサメはフィンごと飲み込みました。

クラウディア達は言葉を失うがサメからノコギリの刃が飛び出してきてフィンが出てきました。

それだけでなくこのサメはノヴァを飲み込んだサメでありフィンは掴んで彼女を引き摺りだします。息はしていなかったがマットが蘇生を試みるとノヴァは息を吹き返しました。

続編はこちら

 

感想/シャークネード

バズは何の準備をしていたのでしょうか。車に積むだけで良かったのにね。

トルネードにヘリコプターで接近するのは無理があるけど方法は面白い。ただあれだけ大量のサメがいるなかで偶然にもノヴァをおそったサメが最後に現れるのは「うそ~~」って感じ。

笑いながら気楽に見るパニック映画ですね。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました