ネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

「シャークネード4(フォース)」ネタバレあらすじ ④砂や岩、オイルや放射能を巻き込んだ巨大ハリケーン(感想・キャスト)

ホラー-スリラー

 

作品情報とキャストの紹介

コメディ要素たっぷりのシャークパニック第四弾。

気象安定システムによりシャークネードを食い止め平和が訪れていたが5年後、遊びに出かけたラスベガスで巨大竜巻が襲来し水槽を破壊してシャークネードとなった。やがて原発まで破壊し放射能までも巻き込むトルネードが・・・

監督=アンソニー・C・フェランテ

◆フィン(アイアン・ジーリング)◆エイプリル(タラ・リード)◆ジェム(マシエラ・ルーシャ)◆マット(コディ・リンリー)◆クラウディア(ライアン・ニューマン)◆ガブリエル(イマニ・ハキム)◆ギルバード(デヴィッド・ハッセルホフ)◆アストン・レナルズ(トミー・デヴィッドソン)

ネタバレ・あらすじ

シャークネード4(フォース)

 

シャークネードが消え去ってから5年後。

アストロX社は天候安定システムで竜巻の発生を阻止し世界は平穏を取り戻していました。また前作で月に残されたフィンの父親ギルバードは高性能な宇宙船に救出され帰還していました。

CEOのレナルズはもうシャークネードは発生しないと宣言し、ラスベガスにシャークホテルを完成させました。外から見ると巨大水槽となっており、中に大量にサメが泳いでいました。

 

カンザス。亡き妻エイプリルの名を取った農場で母親と息子ギルと暮らすフィン。

フィンは息子ギルを母親に預け姪のジェムと迎えに来た車に乗り込みます。行き先はラスベガス、軍の休暇に入る長男マットとプールがあるビルの屋上で待ち合わせをしているのです。

マットはラスベガス上空でガブリエルと結婚し二人してスカイダイビングして降り立つ予定だったが砂嵐に煽られます。フィンは二人が違う方向に飛んで行ってしまったので救出に向かうが砂嵐はシャークホテルの水槽を破壊し大量のサメを巻き込みました。

マットとガブリエルを救出したフィンとジェムはなんとか生き抜きカンザスに帰るため列車に乗り込みます。

砂嵐と洪水とサメに襲われた歓楽都市ラスベガスは一瞬して崩壊し、アストロX社自慢の天候安定システムは10億ドルを投資し建設したポッドであるため信用回復は難しい状況になります。

シャークホテルを建てたレナルズはポットの責任者をクビにして原因を探れと部下に命じました。

 

列車をシャークネードが襲いフィン達は乗客を先頭車両に集めて車両を切り離しました。実は洪水も向かっていたがレナルズがグランドキャニオンを爆破させ食い止めていました。

アストロX社のヘリコプターに救出されたフィン達は「マスコミの前に立ち安心させるために何も問題ないと発言してくれ」とレナルズから頼まれます。

父親の命の恩人だからヘリコプターに乗って会いに来たが適当なことは言えないとフィンは断ります。

 

シャークネードは砂漠の砂と岩を巻き込みシャーク・サンド・ボルダー・ネードと進化していました。

車でカンザスに向かっていたフィンはバックミラーで嵐が接近してくるのを目にします。チェーンソー店に駆け込み武器を調達し身構えるが嵐は油田に直撃してオイルを巻き込み炎をあげました。

シャーク・サンド・ボルダー・オイル・ファイヤー・ネード(もうキリがないから止めた 笑)。

街が焼かれてしまうのでフィン達は大量の消化器を利用しなんとか炎だけは消すことができました。しかし発電所に突っ込み雷ネードとなってしまいます。

スポンサーリンク

 

サンフランシスコではギルバードがレナルズの頼まれたメカスーツの開発を続けていました。またフィンの娘クラウディアはスタッフとして働いています。

カンザスに向かう嵐とは別の嵐が発生し凍ったサメが降り続きます。ギルバードとクラウディアは車に乗り込み逃げようとするが嵐に巻き込まれ飛ばされます。

亡くなったはずのエイプリルは父親であるウィルフォード博士によりサイボーグとして復活しておりニュースを見ていて家族は生きているのだと初めて知り施設のドアを破壊して探しに行きます。途中、逃げる子供に目掛けて車が降ってきたので受け止めて子供を逃がすがその車には娘クラウディアが乗っていて偶然の再会を果たします。

ギルバードとクラウディアは何故生きているんだと驚きエイプリルを乗せてウィルフォード博士のもとに向かいます。いろいろと責め立てるがウィルフォードからプレゼントがあると見せられたギルバードは「完成したから迎えを寄越せ」とレナルズに電話しました。

 

ギルは祖母と一緒にシェルターに逃げ込みます。フィンは納屋に保管していたノヴァが作った武器を取りに行きマットにシェルターに行くよう言います。

マットはシェルターに到着するがギルが「パパに会いに行く」と飛び出して出て行ってしまいます。残念ながらガブリエルはシェルターの手前でサメの犠牲になってしまいました。

フィンは息子やジェムと家の中に入り込み嵐に巻き込まれるが必死でしがみついて難を逃れます。

するとエイプリルが助けに駆け込んできたので驚きます。サイボーグ化しても受け入れるフィンはギルに母親だと紹介するが母親はサメだと思っているので違うと言われてしまいます。

 

結末/シャークネード4(フォース)

レナルズが修復したポッドで2つの嵐を消し去るがフィン達を襲った嵐は原子力発電所に直撃し放射能を巻き込みヌークリアネードとなりました。

普通のシャークネードに戻せば消せるとレナルズに言われたフィン達はウィルフォード博士に相談すると量子箱が誘導するのは水ではなく強磁性流体という液体金属だが竜巻には強磁性流体が放射されていると知ります。

ギルバードは開発したメカスーツのエンジンを外してレナルズに渡すと彼は責任は自分で取るとムササビスーツを来て飛行機から飛びます。

量子箱をナイアガラの滝に近付ければ水が竜巻に流れ込みます。あとは起爆させるだけだが着地した岩が崩壊し転落してしまいます。

着陸したフィン達一家は我々の出番だとナイアガラの滝に向かうがメカスーツに乗り込もうとしたギルバードがサメの犠牲となってしまいます。またクラウディアとマットもヌークリアシャークに食べられてしまいます。

 

メカスーツに乗り込んだフィンとサイボーグのエイプリルは嵐の壁を突き破り量子箱を取り戻します。フィンは起爆すると水が嵐にどんどん吸い込まれていき普通のシャークネードに変わります。

アストロX社がポッドを放つと嵐は消えるが巻き込まれていたクジラがサメを次々と飲み込んでいました。5歳のギルはチェーンソーを使ってクジラの胃の中に入り飲み込まれたそれぞれのサメを切りマット達全員を救出します。

エイプリルはクジラをソードで切るとギルは「ママ」と喜びます。飲み込まれたフィンだけは心臓停止していたが皆の必死な蘇生で復活しました。

続編はこちら

 

感想/シャークネード4(フォース)

いいかげん身内の誰か犠牲になってくれませんかね(笑)最後のパターンがずっと一緒だし、「はいはい、胃の中から出されて助かるね」って感じ。

エイプリルなんてサイボーグとして復活するし、もういいって(笑)

無理に人物を増やさなくてもいいのに。最初フィルがラスベガスに向かうときてっきり一緒にいるのは娘クラウディアだとずっと思ってましたよ。

 

テキストのコピーはできません。