中国時代劇「尚食」全話ネタバレ鑑賞感想・あらすじ一覧を最終話まで

作品概要・キャスト

瓔珞で共演したウー・ジンイエンとシュー・カイが再び集結し3日で再生数1億超えした尚食局の女官と朱瞻基の宮廷ラブストーリー

明の永楽帝の時代。

皇帝の厨房をあずかる尚食局の新入女官・姚子衿は蘇月華と殷紫萍と友情を育み、宮廷内の権力闘争に巻き込まれながらも料理人として腕を磨いていた。

ある日の夜、永楽帝が溺愛する皇太孫の朱瞻基と出会い書斎に食事を届けるようになって距離を縮めていく。

姚子衿の気遣いと教養に惹かれていく朱瞻基だが姚子衿には秘められた過去があった。

スポンサーリンク

 

姚子衿(ウー・ジンイエン)朱瞻基(シュー・カイ)蘇月華(ワン・チューラン)游一帆(ワン・イージョー)胡善祥(ジャン・ナン)袁琦(ホー・フォンティエン)皇太子妃張氏(リウ・ミン)など

 

華流ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全40話で紹介

 

ネタバレ感想/尚食

 

1話・飲食の道

永楽20年、

皇太子・朱高熾は宮中の尚食局の豪華な食事に満足するが余計なものが入っていたため歯を痛めます。

皆が慌ててひれ伏すなか大丈夫だと告げると殿下か寛大なほど奴碑が増長するのだと皇太子妃張氏がイライラしながらやってきます。

夫の食事を自ら確かめた孝慈高皇后を尊敬する皇太子妃は皇太子が監国として政務に励んでいるのだから寄り添うのは当然と言います。そして何事にも用意周到な孟尚食を叱責すると任期を終え故郷へ帰るために気が急くのでしょうと司膳・姜晩鶯に進言されます。

皇太子妃は、だったら恩人の罪を受ければ良いと姜晩鶯に杖刑を命じます。

 

第3代皇帝の永楽帝・朱棣が北征から凱旋されすでに昌平にいると報告を受けた皇太子は息子である皇太孫・朱瞻基はどこにいるのだと言います。

南巡から帰路に付く朱瞻基は永楽帝が帰還し漢王(朱高煦)が都入りしたと火急の知らせを受けるが悪路に阻まれ馬車の車輪が水溜まりにはまってしまい都にたどり着けずにいました。

その頃、宮中の尚食局では新しい掌膳の選抜が行なわれており厨師として働きたいと願う姚子衿、蘇月華、殷紫萍の3人が審査のための料理作りに励んでいました。

飲食の道を問われ3人は答えると叱咤され追放されそうになるが陛下が帰還した宴で人が足らないためにすぐに手伝いに行けと孟尚食から命じられます。

ラッキーと思う姚子衿たちだったが与えられたのは食器洗いでした。

 

宴の席で永楽帝が食事に手を付けないことで尚食局は慌ただしくなります。

礼部尚書・呂震の婿である戸部主事の張鶴が朝堂で礼を失したが寛大に許したらしいなと皇太子は叱責を受けます。

姚子衿はある提案を告げ・・・

(この時代に何で食通なのよwそんな事行ってる場合じゃないでしょう。永楽帝たった一人が食事に手を付けないだけで城外のいる兵士達は空腹で苛立っているではないかw姚子衿が提案した料理で何とかなりそうね)

スポンサーリンク

 

2話・皇太孫の帰京

2つの宴が重なり臨機応変さが問われたが慌てふためき教えを忘れていたと孟尚食は叱咤すると司膳の胡善囲たちは謝罪します。

皇太子妃張氏から皇太子が罰を受けずに済んだとお礼を言われていた孟尚食は陛下のために作った料理の理由を姚子衿に聞きます。

姚子衿は出征中の記録を見ると永楽帝の好物が減り麺や豆腐料理が増えていたので歯か胃腸の具合が悪いと考え消化を促す食事に変えたのだと説明すると再吟味で首位にふさわしい考察だと称えられます。

孟尚食がその場を去ると胡善囲は皆に休むよう告げるが司膳・王遥清が薬草で肉を煮ようと提案したのかと責めてきます。姚子衿は恐れながら何の過ちがあるのかと訴えると陛下の病状を調べぬまま薬膳をお出しするのは最悪の場合命を危険にさらすことになったと言われます。

追放を命じられるがすでに再吟味を通過したと訴えると罰を受け重りを持たされるがへこたれることなく続けます。

 

姚子衿は天下太平と声を出しながら重りを持ち歩いていると帰還した皇太孫・朱瞻基の前に倒れ込んでしまったため提鈴の罰を命じられます。

皇太孫・胡善祥は朱瞻基が帰還したから出迎えるよう進言されるが寝込んでいると伝えてくれと拒否します。皇太子妃から南巡で疲れの皇太孫を訪ねよと命じられた皇太孫才人・呉妙賢だが不在だと言われてしまいます。

そのころ、朱瞻基は投獄されていた楊士奇を見舞っていました。

胡善囲は胡善祥を訪ね父上は必死の思いで入内させたのに不仲だと知れば失望すると訴えると、かつて皇太子妃を選ぶときに済河に西方七宿の奎と婁が現われたから自分が選ばれたのでしょうと言われます。

細工したのかと聞かれ、生まれた日に紅白の煙が漂ったし大勢の人が目撃しているから細工など無理、これは天意だと告げます。

 

王司膳に何癖を付けられても文句言わず務めを果たす姚子衿は方典膳から自分の変わりに草舎へ行くよう言われます。

皇太孫が静寂を好まれるために書斎を建てられた場所であり食事を届けるよう命じられた姚子衿は侍衛たちにも食事を送ります。

(ふ~ん蘇月華の母親は孟尚食なのね。この時代に料理の話を持ってくるとはややこしいw。漢王・朱高煦も趙王・朱高燧も、そして皇太子も亡くなるし、朱瞻基の息子が草原で捕らわれるし・・・朱瞻基が主役だから亡き後はやらないかもだけど。)

 

3話・菜食の工夫

皇太孫・朱瞻基は父である皇太子・朱高熾が乗る馬が暴れ出したのでロープを使って助けます。漢王・朱高煦は兄上に何をするのだとムチで叩くが制御の効かなくなった馬が永楽帝へと向かって突進していきます。

錦衣衛・指揮同知の游一帆は颯爽と飛び乗って制止すると、永楽帝は太っている皇太子を叱責し尚食局に食事の量を減らせと命じます。

朱瞻基は游一帆から目配せを受け馬は何者かに細工され暴れたのだと気付きます。

 

肉や魚を禁じられた皇太子は苛立って食欲をなくしてしまい皇太子妃は健康面を心配します。工夫を凝らしてもうまくいかないなか趙典膳の青菜炒めに皇太子の箸が動きます。褒美を受け取って戻る趙典膳だったがいきなりやってきた錦衣衛から棒叩きを受けその場を離れようとした殷紫萍も罰を受けます。

軽い罪は宮正司、重罪なら司礼監が処分するはずと孟尚食は訴えると趙典膳の青菜炒めには肉が混ざっていることを知らされます。

 

姚子衿は「もどき」の料理を考え作ると皇太子は嬉しそうに食べ始めました。またもや錦衣衛の游一帆がやってくるが姚子衿は魚や肉はカケラすら使っていないと訴え食べさせて証明します。

それにより尚食局で料理の研鑽に励むよう孟尚食から許可が出ます。趙典膳と白典膳が去り典膳の席に空きが出たため試験が行なわれる事になります。

(朱瞻基と姚子衿は草舎で詩や絵を通して顔が分からない友を思っているのね。姚子衿の方は相手が分かっているけども・・・それにしても游一帆を演じるワン・イージョーさん、今回も嫌な役ですか?w)

スポンサーリンク

 

4話・錦衣衛の取り調べ

游一帆は張鶴を尋問したところ女官採用に関わったときに賄賂を受け取り出自を偽る者を合格させたと証言を得て調べるよう部下に命じます。

今年入った女官が集められ名前と年齢と出身地を順番に言わされます。

尚食局は各地の料理に精通しており先祖代々の料理を得意をするが姚子衿の名簿には祖父はかつての国子監の監丞で父親は剣校だったとあるので何で蘇家の娘をしのぐ知識を持っているのかと游一帆は疑います。

蘇州へ行き誰が姚子衿に料理を教え宮中へ送り込んだか調べるよう部下に命じます。

 

朱瞻基は皇太孫妃・胡善祥のお見舞いに行き心を開かぬ理由は知らないが夫婦はどんな事があっても手を携えて生きるものだと告げます。

そして永楽帝に謁見し南北直隷から山東にかけて、河南の民も水害に苦しんでいるので一律に支援してこそ祖父上の民を思う心を体現できると皇太子に変わって進言します。

帰ろうとすると吐血したため騒がずに医官を呼ぶよう告げると軽い毒に当たったようだと言われます。

 

典膳になりたい殷紫萍からいきなり首を絞められる姚子衿は茶碗を割って破片で攻撃します。ハサミを振り上げたので掴み、善良であることにも限度はある、絶対に何があろうと恩がある人を見下してはいけないと言い放ちます。

泣きながら誰にも言わないで訴えられたので困惑していると錦衣衛の取り調べに呼ばれます。

(殷紫萍は何してんのさw普通殺そうしたら許されない、まぁ~主役は大抵許してくれるけどもwそして身分を偽ったのはどうやら殷紫萍のようですね。心がちょっと卑しいものね・・・)

 

全話あらすじ一覧

 

1話~4話

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

尚食局で新しい掌膳の選抜が行なわれ厨師として働きたい姚子衿、蘇月華、殷紫萍の3人は料理作りに励むが食が進まない永楽帝に機転を利かせた姚子衿は不満に思う王遥清によって罰を与えられてしまう。そんな中、偶然にも皇太孫の朱瞻基を見掛ける。皇太子が太っているため肉や魚が禁止となり尚食局は工夫を強いられる。

5話~12話

5話6話7話8話

姚子衿は出自を偽って宮中入りした殷紫萍を許してあげるが盗み聞きしていた蘇月華が孟尚食に報告してしまう。典膳選びの宴で褒められたのに選ばれなかった殷紫萍。乾清宮で火災が発生し捕らわれた喩美人は皇太子に命じられたと訴えるが姚子衿が病気だと見抜き朱瞻基は漢王府が関与していると突き止めるが・・・

9話10話11話12話

朱瞻基に八つ当たりされた姚子衿は愛ゆえの行動だったがこれから奴婢として接すると言い放つ。臘八節になると必ず厨房に来るが游一帆に料理を作った物は死ぬか怪我をすると言い伝えがあり長寿麺を作ってあげていた姚子衿は・・・/蘇月華は游一帆に騙されて料理に卵白を使ってしまい漢王妃が亡くなってしまう、胡善囲はここぞとばり孟尚食が漢王と通じていたことを暴露し・・・

13話~

13話14話15話16話

更新中