中国時代劇「尚食」ネタバレ鑑賞感想・17話~20話あらすじを紹介

作品概要・キャスト

瓔珞で共演したウー・ジンイエンとシュー・カイが再び集結し3日で再生数1億超えした尚食局の女官と朱瞻基の宮廷ラブストーリー

明の永楽帝の時代。皇帝の厨房をあずかる尚食局の新入女官・姚子衿は蘇月華と殷紫萍と友情を育み、宮廷内の権力闘争に巻き込まれながらも料理人として腕を磨いていた。ある日の夜、永楽帝が溺愛する皇太孫の朱瞻基と出会い書斎に食事を届けるようになって距離を縮めていく。姚子衿の気遣いと教養に惹かれていく朱瞻基だが姚子衿には秘められた過去があった。

 

スポンサーリンク

 

姚子衿(ウー・ジンイエン)朱瞻基(シュー・カイ)蘇月華(ワン・チューラン)游一帆(ワン・イージョー)胡善祥(ジャン・ナン)袁琦(ホー・フォンティエン)皇太子妃張氏(リウ・ミン)など

 

「尚食」全話あらすじ一覧はこちら

 

全40話で紹介

 

ネタバレ感想/尚食

 

17話・名画の再現

姚子衿は行雲草舎に入る皇太子妃・胡善祥の姿と、嫡母からの遺言「宮中に入り本来の地位を奪い返して。このままでは安らかに眠れない」を思い出します。

梅花湯麺を皇太子・朱瞻基に届けると胡善祥がいた時に入ってこなかったのは何故かと聞かれ「自分は女官として一生尚食局で勤めたい」と告げます。

わずかでも遺憾の意や哀れみがあるのなら逆らうのを許して欲しい、妃嬪になるのは嫌だとひれ伏します。

朱瞻基は張皇后に言い含められ胡善祥と関係を築こうとするが姚子衿のことが頭から離れず用がなければ先に戻れと告げます。まだ遅い時間ではないと告げ高台に登り遠くの山影や湖畔の夜景が見れるから今から行こうと誘うと詩を解さず絵も苦手でお供しても興を削ぐだけと言われ、1人で行くと追い抜いて行きます。

 

蘇月華は姚子衿が描いた「輞川図」を差し出し冷菜で再現すると胡善囲に告げます。殷紫萍は得意なのは料理だけで絵心なんかないはずだと訴えると内廷の絵師が模範した物を参考のために借りただけと言われます。

姚子衿は殷紫萍を止め本当に輞川図で再現するのかと訴えると蘇月華しかいないでしょうと胡善囲に言われます。姚子衿が描いたものだと言い放つ殷紫萍は卑劣な行いには恐れ入ったと言い放つが姚子衿は期待していると告げ殷紫萍を連れて行きます。

そして、記憶を頼りに描いたがなくしたものは証拠にならないから仕方ないでしょと告げます。

 

(これは游一帆が蘇月華に頼まれ盗んだっぽいな。胡善囲も盗んだのを知っても結果さえだせば問題ないとか告げてたけど上に立つ者の言葉ではないね。だけど姚子衿は盗まれるの知ってて坊主の絵を描いたのだろうか?何も知らないのに蘇月華は人の褌で相撲を取ろうとするから負けるのよw游一帆は最初からなんかうざいな、同じ先帝の孫でありながらも自分とは違い恵まれている朱瞻基に嫉妬してるだけね、みにくいw料理の対決は是非映像でご覧あれ)
スポンサーリンク

 

18話・西苑での宴

何で負けたんだと蘇月華に訴えられた姚子衿は王維は禅を尊び仏教を信仰したが輞川図には船や旅人はいるけど僧侶はいないと教えてやります。

太祖は皇覚寺で出家したが坊主や僧侶と呼ばれるのを嫌い口にした者を厳しく処罰した、それを皇后様は覚えていたんだと告げると、「おとなしくしてればいいものを人の物を盗んだりするからだ」と殷紫萍は言い放ちます。

姚子衿は蘇月華が結果に拘るので、勝ったのは自分だと告げどんなに見事でも食べられないと意味はない、料理だということを忘れ技法に気を取られたせいだと教えてやります。

見事だと姿を現した游一帆に描いた絵を疑うことなく信じていたのか?と投げかけその場を去ります。

 

典膳の地位を剥奪すると胡善囲に言われた蘇月華は姚子衿に勝てるのは自分だけと訴え第2局までのチャンスを得ます。

第2局を陛下に代わり太液池で重臣をもてなす事になった朱瞻基だが心を開いてくれない姚子衿のことで悩み西苑で開かれた宴の席で出された料理を素直に食べずケチをつけます。

姚子衿は刺客に襲われたところ游一帆に助けられるが、眉の下にホクロがある者が逃げたと告げます。

その頃、朱瞻基の義弟がアレルギーを起こして倒れ胡善囲は鹿角菜が原因だと訴えます。いきなり罪を押し付けられた孟尚食と作った殷紫萍は投獄され、駆け付けた姚子衿はしっかり茹でたはずだと訴えます。

 

姚子衿は無礼を承知で皇后の行く手を遮り、無実の罪が着せられるので助けくださいと跪きます。

捕えられそうになるが太祖は冤罪を訴えるときに鳴らせと正門に太鼓を置かれ孝慈高皇后と仁孝皇后も公平な采配を置かれたと訴えます。

妄言だと胡善囲が横やりを入れてくるが皇后は訴えを聞くと言います。

(胡善囲・・・「運命の桃花」では聡明な人だったのに、涙。料理ですよ、みんなで協力して美味しい料理を提供してくださいよ)

 

19話・貴妃の企み

衛王に毒を盛ったと疑われた殷紫萍たちが捕らわれたので姚子衿は張皇后に冤罪であると訴え出ます。

胡善囲から罰を受ける姚子衿は宮中追放で済むよう頼んであげると言われるが宦官に自分を狙わせたくせに心にもないことを言うなと告げます。

耐えていると游一帆がやってきて己の過ちを認めて助けを請えば生き延びられると言われるが過ちとは何なのかと訴えます。

「相手が善人でないのを知りながら命を捨てて救おうとするなら1度救っても同じ事をする」

その後見かねた皇太子・朱瞻基も手を差し伸べようとするが姚子衿は頑固に拒否し下された回数分の棒打ちを受けました。

 

張皇后に呼ばれた姚子衿は体を痛めた状態で向かうと他人の冤罪のために何で犠牲を払うのかと聞かれます。

尚食局が潔白であるという証拠はあるのかと聞かれ「ない」と答えるが厨房に皇后様の使いが来たから衛王の件に巻き込まれるでしょうと告げます。

皇后は衛王のお見舞いに行こうと行こうとすると貴妃が自分を疑うようなことを言っていたので疑念があるなら直接聞けと言い放つが衛王に近付こうとすると皇帝に近付くなと言われます。

しかも藪医者を信じて妻の命を救った盛寅を免職にしていたので驚くが、そこに朱瞻基と胡善祥が衛王を診察させるために盛寅を連れてきました。

胡善祥は毒ではなく風邪とのぼせによる背疽だと告げると朱瞻基は戴院判を捕えて尋問せよと命じます。勝手に命を下すなと皇帝に叱責されるが戴院判が誤診するはずないので何者かが偽らせたのでしょうと告げます。

皇后はそうゆうことかと察して貴妃を睨みつけ朱瞻基は衛王を預かると連れて行きます。

 

殷紫萍たちは無実が晴れて釈放され最初に毒だと喚いた胡善囲は皇后の後ろ盾を失います。

孟尚食は姚子衿を典膳に、殷紫萍を掌膳に昇格させます。胡善囲の後ろ盾を失った蘇月華は避けられるようになるが機会を待てばいいと言い聞かせ尚局にいるかぎり荒い続けると訴えます。

しかし、根本的に相手にしていない姚子衿は優劣をつけて品定めをするなんて卑しいことだと言い放ちます。

(くだらないなぁ・・・一番美味しい物を作る人が一番よ、笑。皇后は姚子衿に罰を与えたけど彼女のおかげて自分が狙われていたと気付いたでしょうに。感謝しなさい!!。貴妃は罰せられないわけ?)
スポンサーリンク

 

20話・大抜擢の顛末

衛王が運ばれた御膳をひっくり返したので姚子衿は手を掴み、作るのにどれだけの人が苦労してきたかを訴えます。

確かに厨師が料理するのは当たり前だが殿下の皇族としての職責とは何ですかと問います。

朱瞻基がやってくると衛王は生意気な女子の首を刎ねてと訴えます。朱瞻基は皆に下がるよう命じ朱家の子孫、明の親王として失望したぞと叱責します。

権力を振りかざして命を奪っては心から敬服されることはないと言い聞かせます。

 

蘇月華は尚局に生き残るために政務に忙しい皇帝に御膳を届ける際、色目を使います。出てきたところを目にした孟尚食は南京の皇宮修繕で200人が派遣されるから発つよう命じます。

しかし、蘇月華は家伝を継ぎ精妙な技を持つから司膳に昇進とし乾清宮の膳を担ぐよう勅命が届きます。

蘇月華が皇帝のために料理を始めたので姚子衿は黙っていたが陛下好みの脂の多い料理を作っていたので玉体のご健康によくないと指摘します。

昇進したのにお祝いの言葉もないのかと訴えられるが陛下の夜食は薄味にし夜食は控えるべきと気付いて欲しいだけだと告げます。

安易な道を選べば過去の努力や実力は軽視され流言や中傷がついて回ると忠告します。

蘇月華が作った料理で皇帝は鼻血を出し、さらに陛下に取り入ろうとしたことがバレて貴妃から両手を潰されそうになります。陛下との再会に協力していた姚子衿は願いを叶えてやると言われていたので駆け付けて蘇月華を助けてあげます。

 

(蘇月華みたいな相手を騙しても勝利に拘る人が好きになれない。そもそも姚子衿は勝負とも思ってないのに。姚子衿も人が良すぎる、そもそも今では仲良くしているけど殷紫萍にも命を狙われたのだからねwはっきり言って感謝もしない蘇月華なんか助ける必要ないでしょうよ。殷紫萍と同じように今後仲良くなるのでしょうけどさ、人が良すぎるのは見てる方からすると・・っというか私は冷めてしまうのよね。)

21話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想