中国時代劇「尚食」ネタバレ鑑賞感想・5話~8話あらすじを紹介

作品概要・キャスト

瓔珞で共演したウー・ジンイエンとシュー・カイが再び集結し3日で再生数1億超えした尚食局の女官と朱瞻基の宮廷ラブストーリー

明の永楽帝の時代。皇帝の厨房をあずかる尚食局の新入女官・姚子衿は蘇月華と殷紫萍と友情を育み、宮廷内の権力闘争に巻き込まれながらも料理人として腕を磨いていた。ある日の夜、永楽帝が溺愛する皇太孫の朱瞻基と出会い書斎に食事を届けるようになって距離を縮めていく。姚子衿の気遣いと教養に惹かれていく朱瞻基だが姚子衿には秘められた過去があった。

姚子衿(ウー・ジンイエン)朱瞻基(シュー・カイ)蘇月華(ワン・チューラン)游一帆(ワン・イージョー)胡善祥(ジャン・ナン)袁琦(ホー・フォンティエン)皇太子妃張氏(リウ・ミン)など

 

「尚食」全話あらすじ一覧はこちら

 

全40話で紹介

 

ネタバレ感想/尚食

 

5話・運命の2人

姚子衿は出自を偽って宮中入りしたと疑われるが証拠となるはずの左の手のひらにホクロがなかったことで疑いは晴れます。

尚食・孟紫澐は錦衣衛はどこでも踏み込めて誰でも捕えられるが言いがかりは許されないと言い放つと司膳の胡善井と王遥清もこれ以上調べを続けられたら務めを果たせないと訴えます。

游一帆は孟紫澐が言うなら信じようと言い残し去って行きます。

 

姚子衿は自分を殺そうとした殷紫萍の左の手のひらにホクロを消した痕跡を発見し本当にあくどい奴だと告げます。

孟紫澐にすべて話せと強引に連れだそうとすると先祖が逆臣だったために科挙も受けられず底辺の職を就き見た目がいい女は身を売って官府へ重税を支払うんだと言われます。

母のように媚びを売りたくないし父のように卑屈になるのも嫌、せっかく運命から逃げ出す機会を掴んだんだと八つ当たりされるが姚子衿はかつての師匠に似ていると感じ抱き締めて許してあげます。

しかし盗み聞きしていた蘇月華が孟紫澐に正体をバラしたために殷紫萍は厨房入りを禁じられます。驚く姚子衿だが首を振って従うように殷紫萍に合図を送ると蘇月華が盗み聞きして尚食に報告したのだと知ります。

 

胡善井は胡善祥のもとに押し掛け皇太孫妃と座を掴んだのに命を粗末にするのは何故なんだと怒ると人命を犠牲にして得た贅沢を楽しめというのかと言われます。

何のことかと聞くと医師として務めを果たしていたときに身重の母親に誤った薬を処方して死なせてしまったことを悔やんでいるのだと分かります。父親が手を回して救い今ここにいるじゃないかと告げるが権力を得るための道具にされただけだと言われます。

徐々に衰退する毒を服用していたが皇太孫・朱瞻基にバレなかったのは幸いだとし、皇太孫に疎まれたら瑞兆でさえなくなると訴えます。

 

姚子衿に励まされた殷紫萍は必死に許しを請うと自尊心はないのかと訴えてきた蘇月華を無視して通り過ぎます。そんな殷紫萍に姚子衿は朱瞻基を見掛けたと嬉しそうに話します。

孟紫澐は部屋に入ると漢王・朱高煦がいたので驚くドアを開けて帰るよう促すと命の恩人に冷たいな、実の娘との再会にも心動かないと言われます。

(孟紫澐が夫の兄に乱暴されて自分の身を守るために殺した時に助けてくれたのは高煦なのね。蘇月華の父親は高煦なのかな?高煦は見返りを求めたわけじゃないと訴えるのなら命の恩人にとか連発しないでもらいたい、笑。どうせお菓子を作らせてそれで太子を狙う魂胆だったのでしょう)
スポンサーリンク

 

6話・典膳選び

孟紫澐は高煦に恩はあるが従うのは皇太子妃のみだと告げると昭献貴妃の亡きあと花の鑑賞会を開いていないと言われ承知します。

姚子衿は夜食を持って行雲草舎を訪れ返事がないため中へ入ると机に置かれた書に気付きます。読んでいると朱瞻基が戻ってきたため机の下に隠れます。そして朱瞻基を知れば知るほど親しみを感じこの世で最高の殿下だと思えると殷紫萍に話します。

 

典膳選びは今回はお題がなく得意な料理で姚子衿たちは挑むことになります。胡善井からそのように伝えられるがやはり進め方を変えると孟紫澐がやってきて宴の席で皇太子妃がお題を決めると告げられます。

皇太子妃は豆腐を使った料理と決めるが寵愛を受ける皇太子側妃・郭氏がやってきて粗末な料理ばかりだとイチャモンを付けられ魚料理がいいと訴えるので仕方なく始めてと孟紫澐に告げます。

皆が食事を終えると郭氏が先に帰ろうとしたので皇太子妃は山東と河南の被災民を救うため寄付を募ろうかと思うと告げると郭氏は腕輪を置いて去って行きました。

後宮の妃嬪や役人の妻たちにも天災に苦しむ民を気遣ってもらいたいと告げると荘妃は言われる前にするべきだったと反省します。

そしてこんな時に豪華な食事をして噂になり都の富豪たちが模倣し豪華な贅沢な料理を好むようになったらどうなるかと訴えかけ皇太子妃は殷紫萍が作った豆瓣魚は忘れられない味となったと称えます。

 

殷紫萍は自分が典膳になったら厚遇するねと姚子衿に上機嫌に伝えるが選ばれたのが蘇月華だったので驚きます。

掌膳の位が空いたままになっていると告げられると姚子衿は肘で殷紫萍をつっつくが自分が選ばれたので驚き荘妃からの褒美を困惑しながら受け取ります。

その夜、乾清宮で火災が発生すると喩氏が投獄され他の妃嬪たちも関与が疑われ錦衣衛は永寧宮に乗り込み李昭儀を連行し荘妃まで軟禁します。

皇太子妃は喩美人ごときが陛下暗殺などできるはずもなく黒幕がいるはずと告げると朱瞻基は陛下のもとに向かい司礼監と錦衣衛のやり方は横暴で度を超えていると進言します。

(急にいっぱい登場されても誰が誰の妃嬪なのかさっぱり分からないw展開がはやい、今日は料理だけのんびり見てればいいのかなと思っていたら火事ですかwこの時代に何かやらかすのは漢王や趙王しかいないけどもねw)

 

7話・父と子

錦衣衛に捕らえられた喩美人は皇帝暗殺を企てたのは皇太子から命じられたからだと自白します。

姚子衿と殷紫萍は軟禁されている荘妃に食事を届けると喩美人の面倒を見ていたが本当に何も知らないのだと告げられます。

皇太子は20年間何度も監国として父の留守を預かり些細な務めも疎かにしなかったのに奸臣の流言を信じて我が臣下も捕えたのかとショックを受けます。

このままでは朝廷に酷使が増え民間には密告が横行すると嘆き首を吊ろうとすると皇太子妃や側妃郭氏は慌てます。駆け付けた朱瞻基は芝居だと見抜きそろそろ皇太子の体重に椅子が耐えられず壊れると計算して失礼します。

 

尚食局も協力したと喩美人が主張したことで尚食局は錦衣衛の監視下に置かれ孟尚食たちは捕らわれてしまいます。

監視されて三日間動けなかった姚子衿は軟禁される荘妃が心配で見張りの者たちに酒入りの食事を与えて眠らせてから食事を届けるが遊一帆に見付かり牢獄されてしまいます。

永楽帝の前で真実を話すよう脅された姚子衿は小食で最近イライラしていたという荘妃の言葉がひっかかかり喩美人は病気ではないかと訴え賭けに出ます。

診察させると余命3年の病気だと判明し絶望して皆を道連れにしようとしたのだと荘妃は訴えます。

そこに喩美人の自白には裏があると疑う朱瞻基が現われ、ある者が喩美人の実家に金を届け父母の世話を約束したのでその代償に罪を犯したのではと訴えます。

金を届けたのは漢王府だと告げると漢王は濡れ衣だと必死で訴えます。永楽帝は喩美人を投獄しその他は全員釈放し怒って出て行きます。

 

漢王の息子だった遊一帆は罠を仕掛けていたが母親の墓に手を合わせているときに漢王に叱責されます。

「今まで息子だと気付きもしなかっただろう、母親も密通という無実の罪を着せられ苦しんだんだ」

(遊一帆は漢王の息子だったんかい。つまり結局は太子の敵になるのでは?どっちに転んでも良かったのではないかな?そして永楽帝は皇太子が疑われたときは問題にしたのに兄弟の争いだと知ったら逃げるのダメでしょw)
スポンサーリンク

 

8話・それぞれの強み

漢王府の従者は取調べも受けず獄中から姿を消したと知る朱瞻基は游一帆が怪しいと永楽帝に告げようとするが陛下から目隠しをした置物が贈られ静観することにします。

雨に打たれ風邪を引いてしまった姚子衿は殷紫萍から看病を受けるがその薬は内密に朱瞻基が届けさせたものでした。

 

蘇月華は王司膳が心血を注いだ菜譜を渡され輔助して完成させ編纂するよう言われ感謝します。

また姚子衿は皆に疎まれている胡善井に食事を届けると教えを受けたいかと聞かれます。何で自分なのかと聞くと殷紫萍は心根が偏狭で蘇月華は傲慢、あなたは公平で皆に公正に接するからだと言われます。

胡善井に教えを受けることにした姚子衿は勝ちぬくには「異」が大事と言われ殷紫萍にアドバイスを送ると彼女は跪き厨房へ入らせて貰えるよう孟尚食に願い出ます。

与えることも利となると訴えるとあなたの言葉とは思えないと疑われるが許しを得れたので感謝します。

 

姚子衿は食事を運んで勝手に書物を物色していると朱瞻基に見付かり至近距離で対面します。書物の整理を手伝えと言われるが尚食局の奴婢なので礼に反すると告げ逃げるように離れ食事を並べると膳をすべて担当せよと命じられます。

ジャワなどの使者が近々都入りすることになり光禄寺主導で宴が開かれるが尚食局は使者の普段の膳を用意することが決まりました。

食材が届くと王司膳は仕入れに不正があり足りないと訴えるが高位の者が着服しているのを察知した孟尚食は問題ないとやり過ごします。

(どん場所にも不正や派閥がありますなぁ・・・姚子衿は殷紫萍に殺されかけたのに今や一番の親友となっていますね。なかなか赦しの心がないとできない事です。そして仲の良さを蘇月華が嫉妬してますねw)

9話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想