中国ドラマ「始皇帝天下統一」全話ネタバレ感想・あらすじを最終話の結末まで紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。

紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。

呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

スポンサーリンク

 

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

全78話で紹介します

 

ネタバレあらすじ/始皇帝・天下統一

 

第1話・邯鄲の少年

紀元前259年、長平の戦いで大敗した趙は秦との約束を違え城の割譲を拒み秦の昭王は趙に出兵し3年に及ぶ邯鄲攻略戦が始まりました。

趙の人質となっていた秦の王孫・嬴異人の子・嬴政(後の始皇帝)は戦火に煙る邯鄲に生を授け常に死と隣り合わせの日々を送っていました。

呂不韋に促され嬴異人は邯鄲を脱出するが嬴政の手を取る妻の趙姫は嬴異人を逃がすための囮にされたのだと気付きます。

それに気付いた嬴異人は「私の代わりに捕らわれたらどうするのだ、趙兵だらけなのに申越1人で守れるわけないだろう」と呂不韋を叱咤し馬車を止めるが結局は説得され秦の都・咸陽に向かいます。

 

嬴異人は王齕が率いる秦軍と出くわし玉佩を差し出し「安国君の第7子で人質として邯鄲に8年にいた、趙王の手を逃れ邯鄲から逃げていた」と告げます。

趙兵を率いる李堅が迫ってきたので趙王の決心は固いようだと呂不韋は思うが援軍が駆け付けた事で救われます。

趙からの攻撃だけでなく嫡子の地位を狙い帰郷を快く思わない嬴傒にも狙われながらも何とか咸陽にたどり着き目立たぬよう監獄に身を潜めます。

(始皇帝の話はいくつか見たが噂で伝わってきている事が多いのよね。呂不韋は始皇帝の父親という噂もあるけどこのドラマでは趙姫と嬴政を駒にして嬴異人と共に趙を脱出しているしどのような話になっているのか気になる。そして時代劇だとそこそこセリフだけで一気に表現するのがパターンだけど1話では映像がメインって感じでしたね)
スポンサーリンク

 

第2話・脱出

まだまだ安心できないし城内は目立つので呂不韋の進言通り嬴異人は咸陽の監獄で身を潜めます。

呂不韋は華陽夫人と面会するために弟の陽泉君の助力を得て謁見します。秦のために8年も人質になったのは数ある王孫たちの中でも功績は際立つ、太子の嫡子になる可能性は最も高いので華陽夫人が嫡子に推せばいいと説得します。

安国君と相談するから数日まてと返事をもらい呂不韋は食事を嬴異人に届けその事を伝えます。

 

監獄にいる嬴異人はいきなり嬴傒が押し入ってきたので趙王に命を狙われたので戻ってきたと兄上に伝えるが同行の呂不韋が華陽夫人に会ったのは何故だと詰められます。

嬴傒は嬴異人を連行するが「王令はあるのか」と陽泉君が立ち塞がり「争えば私は官爵があるので叱責で住むがお前は太子候補から外れる」と言われ仕方なく引き渡します。

趙の邯鄲で生き残っていた趙姫は申越に守られながら何とか東門にやってくるが魏軍の援軍がやってくた事で城内に戻ります。

秦王は魏軍自体は恐るるに足らぬが楚が加われば一大事だと思い攻撃を緩めず一刻も早く邯鄲を落とせと命じます。

 

嬴異人は華陽夫人に謁見すると名前を子楚と改めるよう勧められ養子縁組の条件として韓王の娘・韓霓を娶れと言われるが4年前に娶り息子は3歳になると告げます。

妻子は邯鄲にいると告げると「ちょうどいい」と言われたので自分が帰国して妻子は危険にさらされているので待って欲しいと跪きお願いします。

邯鄲には魏軍だけでなく楚軍も援軍に駆け付け、呂不韋の説得を受けた嬴異人は韓霓と婚姻を挙げます。

(始皇帝ではなく父親と言われている嬴異人のことを描いてくれるのはいいですね。ただ、やはり呂不韋は権力を得るために華陽夫人に子がいない事に目を付けるところは賢いなと思う。)

 

第3話・子楚の加冠

更新中

子楚は正式な嫡子となった。その加冠の儀で嬴傒に襲われた呂不韋は自分をかばい刺された子楚に深い感謝の念を抱く。それから間もなく西周君は周の天子の名のもとに、合従軍とともに秦への攻撃を始めた。戦いは秦が優勢となり、子楚は監軍役として和議に臨むものの、合従軍の平原君は趙姫と嬴政の命を交換条件に秦へ譲歩を迫った。子楚は苦悩するが、毅然として譲歩を突っぱね