中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・29話~32話あらすじを結末まで紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレあらすじ/始皇帝・天下統一

 

第29話/巻き狩り

連合軍に勝利した秦は油断して撤退中の連合軍に追い打ちをかけ燕の丹太子を捕らえるが燓於期は解放して逃がしてやります。

楚は遷都を強いられるはめになり龐煖は趙で冷遇され韓、魏、燕も力をそがれ10年は合従などできないことは予想されます。

 

大臣だけでなく民からも称えられる秦の王・嬴政は親政を始める時だと告げると宗室の大臣たちの前で太后に言うべきと李斯から進言されます。

加冠の儀を前に親政への準備を進めるため嬴姓一族の宗室だけを宴に招待すると戦功が爵位へと変わる日を待ち望み親政を支持してくれます。

監国太后の趙姫に呼ばれた呂不韋は甘泉宮を訪ねると今まで国政を補佐してきたがどう思うかと聞かれ成長し自らの足で立っていると告げます。たった1人の息子だから嬉しいと趙姫は口にすると嫪毐は不満な様子を見せます。

 

成蟜は狩りの時に嬴政を振り落とした馬を手懐け連れて帰ると生母・韓霓から大王の顔を潰してはいけないと叱責されます。

呂不韋は大将軍の出征を認めると副将にしてほしいと燓於期が訪ねてくるが今回は咸陽に残ってくれと告げます。

(燓於期は何で丹太子を解放したのかと思ったが確か亡命して嬴政を狙うのよね、ずっと後の話だけど・・・。李斯は呂不韋より権力を得ることを狙っているようだけどあなたもいずれ失脚しますからねw)
スポンサーリンク

 

第30話/勝ちは禍

嬴政は大将軍を見送って戻る際に民の様子がおかしい事に気付き何を噂しているのか探るよう燓於期に命じます。

すると馬で成蟜に負けたことで劣っていると噂され大王になれたのは先に生まれたからだと思われていると知ります。民の口を封じても人心は得られないので放っておけと告げるが趙姫は成蟜の母・韓霓を呼び出し叱責します。

 

李斯は大王の加冠に呂不韋が無関心だったので罷免するのも手だと進言すると仲父は自分と秦を育てたのだから二度と口にするなと叱責されます。

大将軍は趙の龍城を落とすが急病で指揮が執れなくなり撤退を余儀なくされます。嬴政は4代の秦王に仕えた大将軍・蒙鰲の見舞いに駆け付けこれまでの功績を称えると呂不韋や息子達に看取られ静かに息を引き取りました。また、この年に荘襄王の生母・夏太后も亡くなります。

 

韓霓は成蟜に軍功を上げさせたいと思い父に文を送るが訪ねてきた兄・韓雲から成蟜を秦王にすべきだと言われ驚きます。

そんな器ではないから簡単に殺されてしまうと訴えると困ったことがあったら韓非の知り合いである李斯を訪ねろと言われます。軍功を立てるために韓の5城を明け渡すと言われ成蟜は感謝するが嬴政は出征を拒否しました。

韓は成蟜を秦王にさせるつもりだと読む呂不韋は嬴政を説得できるのは、こちらの考えを既に把握しているであろう李斯だけだと思います。李斯は大王のためだから協力すると告げるが親政を拒むためなのだと見抜いていました。

大王を説得するが呂不韋の真意を伝え燓於期を同行させるべきと進言します。

(成蟜の存在を忘れてたよw李斯は呂不韋が親政を拒んでいることを伝えつつ嬴政が天下統一を果たすためにも成蟜は邪魔だと思いわざと燓於期を同行させたのかな?)

 

第31話/渦巻く懸念

成蟜が開戦まえに韓の5城を奪ったと報告を受けた秦王・嬴政は功績に応じて爵封を与えるつもりだと重臣たちに告げます。

そして加冠して親政を始める前に駐屯地に行き軍を視察することを伝えると李斯から王翦将軍を随行させるべきと言われます。

 

成蟜が大王に対し異心を抱いていると噂が広がっていたので嬴政は李斯に調査を命じます。

李斯は呂不韋を訪ね出迎えるために藍田に向かったので衆人の前で成蟜を褒め称えれば誰であろうと手を出せないし相邦の仕業だとすぐに分かると告げます。

長安君に封じられた成蟜から再度の趙討伐について申し出があり話し合うがそこに嫪毐が謁見を願ってやってきます。

成蟜と母・韓霓が韓と通じていることを証明する密書を持参しており、呂不韋は長安君を廷尉府に引き渡し韓雲を捕らえるよう命じます。

 

監国太后の趙姫は韓霓を尋問していると華陽太后がやってきます。渭陽君から文を受け取った嬴政は兄弟殺しの汚名を着せられると激怒し咸陽に戻り趙姫を訪ねます。

成蟜が王位を望むなどあり得ないし嫪毐の告発だけで処分は出来ないと訴え成蟜を釈放させます。

(趙姫は目立たない方がいいのでは?w普通に考えて誰にも知られずに二人の子を出産して隠すなんて無理だよねw嫪毐はどうやって密書を手に入れたのだろうね・・・)
スポンサーリンク

 

第32話/仕組まれた謀叛

釈放された成蟜は元気な姿を見せると母・韓霓に抱き締められます。しかし韓霓は息子が無事ならあなたの秘密も一生隠されると趙姫に告げ自害してしまい成蟜は泣き崩れます。

嬴政は噂の出所が相邦府だったと李斯から報告を受け耳を疑うと権力ある呂不韋と趙姫が成蟜を殺したがっているのにどうやって救うのかと訴えられます。

 

嬴政は親政を始めなければ成蟜を守れないと渭陽君に相談し朝議で支持して欲しい願います。

燓於期は趙の密偵を捕らえ成蟜が王座を狙って謀反を起こすから加勢して欲しいと文を送ります。成蟜は軍功を上げるために呂不韋を訪ね韓魏趙の三晋を攻めたいと訴えます。呂不韋は成蟜の出兵を許可したことを華陽太后に告げ干渉を控えて頂ければ上郡に追放した陽泉君を咸陽に戻すことを約束します。

 

嬴政は成蟜を平民とし咸陽から追い出すから出征を撤回させて欲しいとお願いするが成蟜はすでに出発していると知らされ動揺します。

趙の丞相から「潞州を領地として与えたあと韓、魏との連合攻撃を考えている」と文が届きます。燓於期はすぐに承諾しようとするが成蟜は土壇場になって本当に呂不韋たちは自分を殺そうとしたのだろうかと迷います。

しかし燓於期に連合軍として進軍し秦王を消せばあなたが大王だと言われ趙の丞相に会いに行きます。

(丞相の策だがやはり呑気な成蟜はひっかかってしまいましたね。これで謀反人となってしまうわけだが趙姫は成蟜に何か起こったら秘密がバレますよwなんで自害した韓霓の言葉を忘れるのでしょうね)

33話からのネタバレ