中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・41話~44話あらすじを結末まで紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレあらすじ/始皇帝・天下統一

 

第41話/秘密の露呈

渭陽君(嬴傒)は朝廷で嫪毐に短剣を突き付け徒党と組み無実の者を死に追いやったはずだと追求します。

それだけでなく妻に乱暴し自害に追い込んだと怒りをあらわにすると秦王の嬴政は太后が嫪毐との間に出来た子を産んでいる秘密までばれてしまうと恐れ渭陽君の腕を斬り落としてしまいます。

 

呂不韋は渭文君を訪ね太后と嫪毐の剣をご存じだったのかと確認を取り、これを機に協力して嫪毐を排除しようと誘います。そして太后(趙姫)を訪ね「爵位を返上したうえ咸陽を離れるべき、拒否すれば大王は宗室に顔向けができない」と訴えます。

嫪毐は駄々こねるが嬴姓一族の将軍が咸陽に続々と集まり狙われているのが分からないのかと言われ言葉に詰まります。

嬴政は渭陽君を訪ねて髪の毛をバッサリ切り嫪毐を必ず排除するから信じて欲しいと訴え宗室を説得します。

 

呂不韋は嫪毐はただの駒に過ぎず嬴政がすべてを把握し動かしていることに気付きます。嬴政は太后と嫪毐が住む甘泉宮を訪れると2人の子どもが目の前に現われます。

嫪毐は秦王がいたので驚いて遊んでいた木刀を落としてひれ伏すと、秦王は何事かとやってきた母・趙姫を睨み付けます。

(はやく終わってくださーいw始皇帝の時代を1回でも見た人なら嫪毐は有名ではあるが引っ張りすぎなんだよね。ただ渭陽君の片腕を切り落としたのは知らなかったけど、これは実話ではないようだw)

 

第42話/王の布陣

秦王・嬴政は嫪毐は継父なのかと訴えると趙姫(太后)はオドオドしながら「父親は先王で仲父は相邦・呂不韋でしょう、流言に惑わされないで」と言います。

下がれと命じられ逃げるように出て行く嫪毐はもはや逃げ道はないと思い大王を排除し新王を立てるしかないと思います。

宮女・姸の様子から異変を感じ取った嬴政は戻り庭を一緒に散歩しようと誘うと疲れているから1人で行ってと言われます。一緒では嫌なのかと告げ手を取って出て行き自分が連れて来た護衛たちが現われるのを待って去ります。

嫪毐は刺客を集めて包囲していたが太后がいたの合図を送れませんでした。それを察知していた趙姫は嫪毐を呼び出し嬴政が機転を利かせていなかったら殺していたのかと叱咤します。

 

太后璽があるのだから大王を非難する誅殺令を出せばいいことだと嬴虞に言われた嫪毐は頷きます。

李斯は嬴虞が趙・魏・韓に出向いているので嫪毐の指示で援護を要請をしているはずだと嬴政に告げます。そして酔っ払った嬴虞を捕らえて連行させると趙だけは秦を攻める行動を起こしていると言われます。

(嬴政の加冠の儀までに謀反を起こすらしいが嫪毐でこんなに引っ張る?w正直飽きてます)
スポンサーリンク

 

第43話/王璽

嫪毐との謀反を成功させるため嬴虞はひそかに他国と通じ働いた結果、趙・魏・韓が50万もの兵を率いて秦の国境に迫ることになりました。

呂不韋は太后璽が押された大王の詔書が届き嫪毐殺害の件について趙姫に相談し向かいます。予想通り庇うので「爵に封じ土地を与え宗室との関係を壊したうえ徒党を組み私腹を肥やした。大王や秦に危害を及ぼす者は罰しなければ」と訴えます。

しかし嫪毐との間に子供がいると聞かされ驚き、政治的な絆は失われたと悟ります。

 

呂不韋は大王が加冠する時期に三晋が攻めてくるというのは偶然ではなく嫪毐が通じているからだと嬴政に訴えます。

聞く耳を持ってくれないので燓於期に捕らえさせ、くびり殺そうとしたが駆け付けた趙姫と嬴政に止められます。

先王亡き後ずっと管理していた王璽を太后に渡し、嫪毐は王璽と太后璽の両方を手に入れ至高の権力を握ることになりました。

成陽周辺の兵を動かし一気に秦王を葬ろうと詔書を嬴虞に書かせます。

 

第44話/漁夫の利

嬴政は加冠し親政を始めるために式典を行なう雍城に行くので監国を務めてほしいと呂不韋に願います。

嫪毐を殺すのを何で止めたのだと責められ、謀反を起こした後に始末すれば正当な行為と言えると告げます。呂不韋と嫪毐をぶつけて漁夫の利を得る気であり、さらに燓於期をよび王子の身に何かあれば首を刎ねると命じます。

 

紀元前238年4月

嬴政は加冠のため雍城に向かいました。咸陽の嫪毐はすでに挙兵の準備を整えており勝ち誇って相邦府に向かうが既に備えられていたために矢の雨が降り注ぎます。

燓於期は章台宮を必死に守り渭陽君は伏兵で交戦し陽泉君は狼煙をあげて雍城にまで知らせます。

反乱の知らせを受けた嬴政は重臣達をあつめ嫪毐に爵位を授けた母・趙姫にどうすべきか訴えると粛清すべきと言われます。

あらかじめ用意していた詔書に王璽を押させ逆賊討伐の勅命を発します。

(渭陽君、片手なのにかなり強いですねw趙姫、あなたのせいで散々な目に遭いましたよ。あなたの権力ももはやこれまでです)

45話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想