中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・45話~48話あらすじを結末まで紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレあらすじ/始皇帝・天下統一

 

第45話/王子のゆくえ

王翦将軍は軍紀違反ではあるが秦王・嬴政がいる雍城の危険を察して急遽1万の援軍を統率し反乱軍の撃破に向かいます。

嬴政の息子・扶蘇王子がいる章台宮をはじめ咸陽の隅々まで嫪毐の反乱軍に占拠され呂不韋のいる相府や李斯の屋敷にも無数の兵が一気に押し寄せていました。

燓於期は章台宮を守り抜くために決死の戦いを繰り広げ王子を守る冬は必死に逃げ出します。

 

相府の前で陣取っていた嫪毐は章台宮を占拠したと報告を受け向かうが王子がいないので探すよう檄を飛ばします。

李斯の家族は逃げ隠れた場所で渭陽君と出くわします。嬴姓一族は王子が嫪毐の手に落ちれば完全な敗北となってしまうため章台宮が占拠されたと知り王子の救出に向かいます。

雍城には反乱軍と戦うと秦の民が押し寄せ嬴政が指揮を高め敵と戦わせます。

 

子供の頃から嬴政と一緒だった冬はいずれ嫁ぐ事ができるとわずかな望みを抱き王子を守っていたが嫪毐の剣により命を落とします。

燓於期が王子を抱いて逃走するなか嫪毐を討伐せよと命書が各場所に届き士気が高まります。

(何度も言うけど嫪毐の乱でどんだけ引っ張るのですか、そして絵的に誰が何をしようとしているのか、分かりにくいよ)

 

第46話/加冠の儀

嫪毐ひきいる反乱軍は相府の門を破壊するが既に弓部隊が準備しており一気に押し返されます。

秦王の命書を受け取っていた呂不韋は総攻撃を仕掛けると嫪毐たちは章台宮へ向かって逃走し呂不韋を追跡を命じます。

嫪毐を誅殺するために嬴姓一族も総攻撃を仕掛けます。

一方、咸陽の行方が気になるなか、雍城では加冠の義が執り行われます。

 

王翦将軍は嬴虞から虎符を取り返し驪山の軍を奪回すると范陽へ行き嫪毐を討伐する者と嬴政がいる咸陽への護衛を二手に分けます。

紀元前238年4月、

秦王・嬴政は22歳にして加冠の儀を終え国政を握ることとなりました。反乱は収まっていなかったが焦りも恐れもありませんでした。

母である趙姫から王璽を受け取り嫪毐を捕らえた者には100万金を与えると命じました。始末した者には50万金を与えると告げると趙姫は貧血を起こし倒れそうになります。

また国書を韓・趙・魏に送り国境からの即時撤退なくば侵略と見なすと言い放ちます。

 

王翦将軍は軍紀違反ではあるが逆賊の王竭を討ち取り嬴虞を捕らえ驪山の全部隊も従わせ咸陽に帰還すると嬴政から武勇なりと称えられます。

太后を辞めると口にする趙姫に謀反が成功したら監国を捨てていたかと嬴政は訴えかけます。歴代先王が100年かけて築いた礎を転覆させようとしたのだと言い放ち、もう会う事はないと趙姫に告げました。

嬴政という息子を失ったと悟った趙姫は嫪毐との間に出来た2人の子も長くはないのだと察知し泣き叫びます。

(王翦将軍は一番の功労者であり趙姫は自業自得です)
スポンサーリンク

 

第47話/親政の始まり

追い詰められた嫪毐を守る者はおらず次々と投降し嬴姓一族に追い詰められると嫪毐は身内に捕らえられます。

秦王・嬴政は無事に都・咸陽に到着すると多くの民に出迎えられ天下統一の大業を成し遂げ必ず守ると約束します。

冬の遺体と体面し悲しむ嬴政は涙を流して悼み守るよう命じた燓於期を捜し出せと命じます。

処罰を託された李斯は子供の命をチラつかせて太后の元に送り込んだのは呂不韋であると吐かせ嫪毐を車裂きに処します。

嬴政は呂不韋を呼ぶと嫪毐の件については自分に責任があるとして任務を退き朝廷を離れると言われます。

 

嬴政は嫪毐の乱を平定した臣に各々の功績に応じた爵位と恩賞を与え羋啓と隗状を左右の丞相、李斯を参謀に親政を開始します。

咸陽にいる宗室のうち8割近くが犠牲になったのに羋姓一族や蒙家には重職を、丞相職はよそ者に与えられ大傅職に付いた渭陽君は嬴姓一族から不満を訴えられます。

渭陽君は嬴政に謁見し秦を守るために多くが犠牲になったので宗室の者をもっと用いて頂きたいと願いでます。

(李斯は呂不韋を失脚させるために遠回しにいろいろと言葉を吐かせていますね。当然、好みの問題ですが最初からあまり好きになれないキャラでした。まぁ~史実通りにある程度描いてくれれば李斯もいずれ失脚するからいいのだけどw。嬴政は趙姫の子供も始末したはずだがドラマではどうでしょうね)

 

第48話/呂不韋の失脚

渭陽君は天下統一のためにも宗室の者をもっと用いてもらいたいと願い出ます。

嬴政から秦には法があり功績のない者を要職につければ国は乱れ王位も脅かされると言われるが華陽の変も嫪毐の謀反も先頭になって戦ったのは嬴姓一族だと訴えます。

官吏は優先的に宗室から選ぶよう昌平君に言っておくと言われ渭陽君はその言葉で十分だと引き下がります。

 

呂不韋は嬴政の仲父で情があり親不孝と非難されるので罰することは出来ないだろうと嬴姓一族は考え、変わって宗室がやるべきと思います。

太后なしでは官位が保てない呂一派は衛氏絵に謁見し雍城に幽閉され家族と離れ孤独な日々を送っている趙姫は嫪毐の讒言に惑わされただけだと訴えます。

しかし、嫪毐と通じ私を捨て監国の大権を嫪毐に渡し民を扇動して挙兵したのは反逆ではないのかと詰め寄られ27名の臣下が処刑されます。

渭陽君は今は動くべきではないと思うが一族に説得され嬴政に謁見し呂不韋の処刑を進言します。

嫪毐を引き入れ朝廷を乱したと訴えると相邦の職を解き平定に功績があったのに処刑は出来ないと言われます。

 

自分が去れば嬴政が安心して政務ができると思う呂不韋は領地を移る事を受け入れます。嬴政は華陽太后を訪ね胸の内を訴えると隠れていた羋啓は楚へ出向き6国合従の阻止をしてみせると名乗りでます。

(なんだかよく分からんが羋啓は合従を協議すると見せかけて楚の転覆を謀っているかのように、それぞれの国の文字で書いた書状を使って騙したと言う事ね。ちょっとややこしい。こんな時に李斯は何もしないのかいw)

49話からのネタバレ