中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・49話~52話あらすじを結末まで紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレあらすじ/始皇帝・天下統一

 

第49話・次の波乱

失脚した呂不韋は咸陽を離れるが多くの民、そして重臣達が見送ってくれたので一生に後悔はないと思います。

6国平定までの道筋を書いた巻物を秦王・嬴政に渡してくれと李斯に託し、他国出身者を制限し宗室との衝突を回避せよと告げます。

 

水利工事が10年経っても完成しない事で労力と金の無駄使いだと思う嬴姓一族は鄭国一族と他国出身の臣を秦から追い出そうと動き出します。

嬴政は宗室の意向を知りながら水利工事を完成させるために税の軽減と引き換えに労働者の招集を行ないます。韓王から水路が完成すれば秦の国力は増し東進が始まるから未完成なものにしろと命じられた鄭国だが8年かけて多くの労働者と頑張ってきたので従えないと使者に告げます。

宗室が韓の密偵・鄭国を捕らえたと知らされる嬴政だが工事のために全てを投げ打っていたから二心はないと李斯から報告を受けます。

波乱を避けるためにひとまず逐客の詔を下すが・・・

(なんだかよく分からないが皆さん権力が欲しいだけのようだ。宗室みたいに敵を排除する事しか頭にないと統一は無理だろうねw水利が完成すれば秦にとって利益になるのに何でおかしなとこに宗室は目をつけ追い出そうとするのか?)

 

第50話・逐客

秦の宗室と客臣が官位の枠を争っているようだと丞相から報告を受けた趙王は今こそ責めるべきと進言を受けるが逆に団結させてしまうと告げます。

 

嬴政は宗室の3人は意見が合わず議論ばかりで労働者は手持ち無沙汰になり、このままでは水利が壊れ10年かけて投入した人員と物資が水の泡だと渭陽君に告げます。

李斯は秦から出ようとすると秦軍に包囲されるが「函谷関にで任務あり」と嬴政の命を伝えられ向かいます。すると函谷関で客臣を引き留めている事がわかり流れ出ていった者のほとんどは趙が迎え入れたようだと知らされます。

李斯は流出を阻止するため密かに陳馳を派遣し飯代と宿代を付けにして賞金も何もない、趙のでっち上げと噂を広めさせます。

 

(嬴姓一族のおかげで特に書く内容がない、笑。嬴政は鄭国がいなければ水利は完成しないと宗室に伝えたかったのでしょうね。ただ権力しか頭にない嬴姓一族が工事を引き継いだおかげで失敗し、そこではじめて治すべき箇所を嬴政は教えたのでしょう。それは鄭国の意見だと・・・。そもそも8年かけてやってきた工事を横取りしてうまくいくはずないw)
スポンサーリンク

 

第51話・対立を超えて

「客臣を追放するとは遺憾の極み、その者らがなんで秦に背くと思うのか、先君が他国出身者を客臣として用いなければ現在の秦もなかった。客臣を排除し敵国を助け自らの力を弱めれば国の安定はない」

文書を目にした渭陽君/嬴傒は李斯の仕業だと思います。

朝廷の要職はすべて宗室が思う通りに代行していたために文書は燃やすべきと一族から進言され嬴傒は燃やします。

 

嬴傒の率いる水路が決壊し秦王・嬴政は鄭国を連れて向かい決壊を収める策を伝えさせます。

100年間は水害に苦しまずに済む井渠法を渡された嬴傒は他の宗室の者たちの代わりに失礼なことをしたと謝罪します。

嬴傒は李斯の書状を燃やして破棄したことを反省し客臣は必要である事を自ら書いて上奏しました。

客臣が不在の職場はうまく回らず大きな損失すら出している状況から嬴政は逐客令廃止の詔を告示し客臣の帰還を迎えることにしました。

鄭国は水利工事に復帰し重臣達は客臣を帰還させます。

 

第52話・東進への道

秦王・嬴政は垣城、蒲陽、衍氏の3つを攻めれば趙と、韓、魏、楚の3国の通路を断て東への道が開けると告げます。

魏は嫪毐と結託し秦に介入したので楊端和と李信に15万の軍で侵攻するよう命じます。

魏王から救援要求を受ける趙王だが妓女とお楽しみでそれどころではなく垣城ぐらい秦にくれてやれと言い放つが派兵を許可します。

嬴政は両翼から趙の兵が接近しているが気にせず蒲陽に攻め込めと伝令を送り、桓齮の軍を雲中へ、王翦の軍を東郡へ、蒙武の軍を上党へ向かわせ両翼の趙の侵攻をおさえさせます。

 

李斯は韓非の屋敷を訪ねるが仕える王が異なるため会えませんでした。韓王に謁見し密かに嫪毐を助け秦を乱そうとしたと訴えると魏に圧力をかけられただけだと言われます。鄭国を使い水路建設を名目に秦を疲弊させようとした件はそう弁明するんだと訴えると先帝が派遣したから分からないと言われます。

魏王が韓に援軍の派遣を要請したらしいがどうするつもりかと追求し援軍を阻止します。

 

韓と斉の援軍を阻止し趙の軍も撤退させたと報告を受けた嬴政は前線に兵糧を補充させます。

(これから秦は侵攻し魏を投降させるわけだがセリフが長ったらしいねwある程度歴史を知ってないと何の話してるのか分からないよね)

53話からのネタバレ