中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・57話~60話あらすじを紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレ感想/始皇帝・天下統一

 

第57話・それぞれの思惑

秦王・嬴政は二人で話がしたいと趙王・趙偃に言われ要求を飲みます。もし自分が趙王だったら民を率いてどうやって諸侯と争うかと聞かれ、匈奴の貿易で雲中の憂いをなくし秦と盟約を結んで西を安定させると告げます。

そして、韓を攻めたら秦からの掣肘は避けがたいし魏は斉と楚と隣国で、斉と楚の盟約なしに魏は討てないし燕と斉は仇敵の間柄なので攻めるとしたら最初は燕だと告げます。

趙王から自分が秦王ならまず楚を攻めると言われ嬴政は一瞬言葉に詰まります。

 

燕の丹太子は秦と趙の盟約を阻止するために趙姫(太后)に謁見します。趙王からの酷い仕打ちを秦王は忘れたのかと訴えると父親の先生を殺されていた趙姫は思い出したように怒りが込み上げてきます。

趙王は秦王との盟約を決めるが刺客に襲われます。危険は回避できたが羋啓に三日以内に黒幕を暴くよう秦王に伝えろと言い放ち戻ります。

丹太子の面倒を見るよう命じていた渭陽君から監視していた者が酒を飲まされ勝手な行動を許してしまったと謝罪されるが趙姫が「殺せなかったから代わりにお願い」とやってきました。

「盟約は趙を抑えるためであり秦が招いたのに秦で趙王を殺害したらとんでもない事になる。趙はいずれ滅ぼす、母上の行動のせいで計画が台無しだ」

 

趙王が帰国の準備をしていると知った嬴政は二度と邪魔されないように趙姫を幽閉します。そして趙王には太后の仕業だから追求できないこと、盟約は強要しないことを伝えさせるが趙王が咸陽を出る前に丹太子の様子を見せつけるよう渭陽君に命じます。

燕太子の姿を目にした趙王は秦王に謁見願い私怨にこだわり大利を手放すわけにいかないから盟約を結びたいと告げます。

盟約締結を目前に趙の敵である燕の太子を見掛けたことを訴えられ盟約を結びたい嬴政は丹太子の首を取ってこいと命じます。趙王は確認しようとしたが嬴政の涙を目にして信用して盟約を正式に結びました。

(太后の仕業だと言えば追求されないから正直に伝えていいと思うが燕太子の姿をわざわざ見せつけたのはどうゆう事か最初分からなかったよ。まぁ~なんにせよ計画してから長かったし燕の太子は生きているでしょうね)

 

第58話・戦略

秦と燕が対立すれば安心して攻められると趙王は喜ぶが見送る秦王・嬴政は首は替え玉だったので計画通りにいったと笑みを浮かべます。

そして趙佾の挙兵を阻止しろと頓弱に伝えさせます。

投獄した丹太子に会いに行き渭陽君府にいればこんな事にはならなかったと告げると趙で人質とされて嫌がらせを受けていた事を忘れたのかと言われます。

趙王に暗殺の黒幕を出せと言われ嬴政が替え玉を用意して趙王を欺いたと知り助けられたのだと丹太子は分かるが趙が秦と盟約を結んだのは燕を攻めるためだと訴えます。

 

趙の都・邯鄲では趙佾が秦と同盟を強行すれば趙の危機だから趙偃を廃し新王を立てると訴えます。頓弱は王妃に会いに行こうとする丞相・郭開を呼び止め嬴政が趙佾を守るのは丞相のためだと告げます。

趙佾が倒れれば宗室は趙王に付き丞相は捨てられると聞かされた丞相は太子が王位に付けば趙佾の首など思いのままなのだから事を急がない方がいいと王妃を説得します。

そして帰還する趙王に襲撃しようとする趙佾を背後から襲って挙兵を阻止し大王を迎えるよう命じます。

 

帰還した趙王は秦が楚を攻めているときに燕を攻めると告げるといつも異議を唱える趙佾が何も言わないので不審に思います。

嬴政は楚を討つと見せかけ密かに兵を趙国境へ移すよう告げ、南下すれば邯鄲は裸になるため姚賈を魏に派遣し趙に酈の返還を迫れと命じます。

紀元前236年、趙王は燕を攻めさせ多くの城を獲得し、燕王は太傅の鞠武を秦に派遣し丹太子に秦の援軍要請を促すが嬴政は今はその時ではないと拒否します。

そして「韓、魏、燕は秦の宗室に賄賂を送り趙の攻撃を主張したので圧力に耐えかね趙を攻めるが盟約は守る」と趙王に文を送ります。

邯鄲で呑気に酒を飲んでいた趙王は秦が侵攻し3つの城が陥落し3万の兵が崩壊したと報告を受けます。

(計算通りといえばそう、策士と言えば策士、だが汚い奴と思えば汚い奴、どの視点から見るかで全然違いますね。ようは侵攻の理由なんて物は言い様ねw丹太子との仲は完全に切れたかな?)
スポンサーリンク

 

第59話・対趙攻防

「秦との盟約は趙を陥れるためのものであり秦が趙に燕を攻撃させその隙に趙を攻め立てるための策略だ、龐煖将軍を呼び戻すべき」

趙王は春平君から進言されるが秦王・嬴政から騙されているとは思えず燕への攻撃を命じると邯鄲の援護に向かう龐煖将軍は秦軍に襲われ20万の軍勢が滅びます。

 

旧交を温めるために趙姫に呼ばれた嬴政は燕の丹太子を案内し6国平定後を見据えて天下の文字を改訂しようとしているところを見せつけます。

趙王が病に倒れるなか、侵攻する秦軍は最も恐れる李牧と対峙し膠着状態が続きます。水利工事をする鄭国に会いに行く嬴政は開通する日こそ6国を掃討する時だとねぎらいの言葉を投げかけます。

(そりゃ~ねw燕の太子なのだからどんなに説得されても秦の文字を統一するなんて納得は出来ないし燕に帰りたいと願うのは当然よね。)

 

第60話・趙王の死

秦王・嬴政は20万の兵が邯鄲にいるのに数ヶ月経っても落とせないので燕の丹太子が諸国と手を組むかも知れないと心配します。

逃がした趙の丞相・郭開に偽の情報を与えるために渭陽君はわざと書状を丹太子の目に触れさせます。

 

丹太子から趙を助けたいと書状を受け取る郭開は疑っていると訪ねてきた頓弱から国政を代行する王妃が春平君と宗室を頼っている今、太子の書状を盾に国政の大権を得て奪う事をできると言われます。

郭開は趙佾(春平君)が秦に投降したがっていると報告すると、宗室と共に大王の暗殺を謀り嘉王子の擁立を企てた事があるために王妃は信用します。

王妃は宗室の領地を剥奪すると命じると李牧が率いる辺境軍が入城したと知らせを受け李牧と組んで秦と通じ王位を狙ったなと春平君に詰め寄ります。

 

紀元前236年、趙王が崩御し悼襄と名を諡られ、続いて倡后の子・趙遷が即位しました。

李斯は今こそ邯鄲を攻めねば6国は手を結ぶ可能性はあるが趙佾が李牧や宗室が抑えたとしても遷の即位で臣下と軍師が不安定なところへ邯鄲を攻めたら趙の民は団結すると告げます。

嬴政は大将軍に趙軍を引きつけさせて後退し10万の主力軍を潰すよう命じます。

一気に潰すつもりだった嬴政だが趙の民の愛国心は健在であり王の崩御と敗戦で各国の同情を引いているので大将軍に撤退を命じます。

趙王の葬儀にあたり姚賈は弔問の名目で邯鄲に偵察に向かうと、韓から韓非が招待を受け合従を協議すべくやってきました。

(まぁ~子供である遷と政治に疎い太后が国を守れるはずがなく趙佾に頼むしかないですねw趙の李牧は史実通りなら活躍するはずだが、韓非が登場しましたね。後に嬴政が信頼しはじめると今まで支えていた李斯はおさらばですねw史実通りなら、ですけどw)

61話からのネタバレ