中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・70話~74話あらすじを紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

スポンサーリンク

 

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレ感想/始皇帝・天下統一

 

 

第70話・趙への侵攻

2年後、嬴政は献酒の儀式を行ない虎符を照合し斧鉞、旗号を授与すると将軍たちは王命に従い趙を滅ぼすと誓います。

紀元前229年、嬴政18年、秦は再び趙へと侵攻し、趙も大軍を派遣して衝突します。

 

趙王を補佐する太后は秦軍が3方向より進軍して攻め入り魏と楚の交通を遮断する狙いだと李牧から聞かされます。

邯鄲が囲まれたら勝ち目はないので近付かせないためまずは南北の楊端和と李信を急襲して打ち破ると力強い言葉をもらい太后は喜ぶが長期戦となれば食糧不足に陥ると言われ春平君と丞相に補佐するよう命じます。

戦いは五分五分だが兵糧の問題が勃発し、魏と楚への交通は遮断され斉と燕は関係性が良くないので他国から兵糧を得るのは不可能だと言われた太后は頓弱を連れてくるよう丞相に告げます。

春平君は降伏させる気かと丞相を殴り我が軍が李信を破り楊端和の南進も阻んだので秦に弱みを見せてはダメだと太后に進言します。

 

敵ながら李牧を褒める嬴政は彼さえいなければ勝てると確信し疑心暗鬼に陥れるために頓弱に命じて趙の群臣に賄賂を握らせ太后と趙王の耳に入れさせます。

家臣団を守り李牧に矛先を向けろと嬴政の命を頓弱から聞かされた丞相は春平君が買取った兵糧を奪います。春平君は賄賂を配る頓弱を捕まえるよう命じると捕獲した場所が李牧の屋敷であり兵糧運びを引き継ぐ書状を発見し困惑します。

春平君は絶対に秦の奸計だと訴えるが太后は「まずは呼び戻してみては」という丞相の進言を受け入れます。

(趙は春平君が王になっていたらどうなっていたかね。李牧頼みなのに大将軍を変えるなんてありえないよ。太后が息子を王にしたい欲求と大馬鹿者の丞相のせいで趙は失脚していきましたからねw)
スポンサーリンク

 

第71話・邯鄲攻略

趙へ進軍する秦はやっかいな李牧を奸計により退かせることに成功すると趙の丞相・郭開が謀反の罪を着せて葬る。

李牧が命を落としたと報告を受けた秦王・嬴政は辺境の軍を掃討してから邯鄲を包囲するよう王翦に命じます。

包囲された邯鄲は食糧不足に陥り多くの民が餓死していくが趙はそれでも降伏はしませんでした。牢獄されていた頓弱は郭開に逃がされ王翦のもとに行き邯鄲城内の配備図を渡し一気に攻め落とす好機だと伝えます。

しかし苦しむ民を犠牲にしたくない王翦は趙王に投降させるべきと考えます。

 

参内する春平君は絶対に投降してはいけないと進言します。趙王は屈する事はないと意気込むが太后は王宮の衛兵でさえ食べるものがないのに軍民の食糧はどうするんだと訴え不屈の精神だけでは解決出来ないと言います。

隠し持つ蓄えていた食糧を春平君に奪われた郭開はこうなったら共倒れだと王翦のもとに内通の書を送ります。

王翦はこれなら簡単に邯鄲を落とせると確信し夜襲を命じます。郭開から開城の合図を送られ一気に攻め落とすが負傷兵が多いことに王翦は驚きます。

(いつも思うけど馬がかわいそうよねw趙の丞相は最初っからふざけたキャラだったよね)

 

第72話・悲しき帰郷

王翦は趙の丞相・郭開を呼び寄せ趙王に降伏を促せと命じます。

趙王や春平君たちは龍台宮で降伏はしないと意気込むが負けを認め降伏すれば命は助かると郭開に言われます。

春平君は裏切り者に用はないと刀を抜くが郭開はそれより早く春平君の喉を斬り付けると太后は剣を収めるよう命じ趙王に投降させます。

紀元前228年、秦王・嬴政19年、韓滅亡から2年後に趙を破った。嬴政は天下統一は天意だと諸国に知らしめるため邯鄲に向かい人質となっていた幼き頃を思い出します。

 

嬴政は趙王の遷を平民とし参拝できるよう先祖の宗廟は咸陽に移設するよう告げます。領地献上は郭開に取り仕切るよう命じると邯鄲周辺の土地10万頃を没収してきました。

嬴政は嘉王子が代王を宣言したことで反乱が起きると予想すると龍台宮に火を付けられたと報告を受けます。また先生の供養していた嬴政は周囲で見ている趙人も襲撃してくるだろうと想定内であり伏兵に合図を送り一掃します。

母の太后の実家には趙人の恥と悪戯書きがされており激怒した嬴政だが太后の旧居と5里以内に住むもの全員を生き埋めにするよう命じたことで憎しみを断ち切ります。

そして私欲に走るものは秦に必要ないので郭開に釜茹でを命じました。太后が危篤だと知らせを受け咸陽に戻る嬴政は最期を看取り涙を流します。

(釜茹でって、最悪よね。誰が考えたんだろう、汗。この時代のドラマをよく見るが何で秦が天下統一を果たせたのか?そこそこ不思議なんだよね。飛び抜けて目立った人は途中までだが呂不韋なんだけどやはり彼の存在が大きいと思うね・・・)

 

第73話・揺れる4国

韓と趙が滅び、残された4国のうち楚は紀元前228年、国を弱体化させたとして即位して2ヶ月の哀王と令尹である李園を殺害し負芻が楚王に即位しました。

秦王・嬴政は楚王が魏、燕、斉と合従し我らに対抗すると宣言したと報告を受けたころ、領地剥奪を不服とする韓の士人は旧都の新鄭で反乱を起こします。

楚の援軍が向かっている事で反乱軍を鎮めなければ函谷関の外は混乱に陥ると李斯から進言された秦王は負芻は内紛を恐れているはずなので楚王の血を引く昌平君・羋啓を派遣し王位継承を主張させます。

それにより咸陽に迫る楚軍は帰還を命じられ撤退を余儀なくされ、秦王は反乱軍を鎮圧するよう命じます。

 

魏の使者が訪れ魏王は降伏し王位を返還すると言われ、今になって何故なのか秦王は聞くと魏王が密かに斉、楚、燕と合従しようとして過ちに気付いたのだと言われます。

趙を滅ぼした20万の兵を率いる王翦が易水に留まっているので警戒する燕の丹太子は国を守るために嬴政の暗殺計画を進めます。

民が秦法を学べば法の恩恵が受けられ秦法に従い行動できれば秦人たる証だ進言を受けた嬴政はよい考えだとしてすぎに羋啓に伝えさせます。

斉では楚と同盟を結ぶ、秦に付くべきとの意見が分かれます。

(丹太子が嬴政の命を狙うのは有名な話ですね。幼い頃は共に趙の人質として共に育ち友人だったのにねぇ・・・。それにしても今まで出てこなかったのに最終が迫る時に急に当たり前のように登場させるのやめてもらいたいw)
スポンサーリンク

 

第74話・秦王暗殺

秦王・嬴政の暗殺を試みる燕の丹太子は秦から懸賞金を掛けられてい燓於期の首を献上してくれれば引き受けると刺客に言われ困惑するが命の恩人である燓於期を始末し刺客を見送る。

その頃、我が秦に抵抗できるのは斉と楚だけと思う嬴政は魏と燕は取るに足らぬ存在だが弱さを自覚せず斉と楚の罪までなすりつけてくるので排除せねばと臣下に告げます。

 

燕が和議の申し出に現われたと報告を受けた嬴政は嬴傑を向かわせると督亢の地図と燓於期の首を献上されたと報告を受けます。

入京を許可すると巻物である督亢の地図に毒を仕込んでいた刺客がいきなり襲ってくるが危険な目に遭うものの返り討ちします。

暗殺を謀るなど燕の独断で独断であり3国が燕を助けたくても阻む勇気もないから返事が来ないのだろうと李斯は言います。

紀元前227年、嬴政20年、秦王に命じられた王翦と李信は大軍をもって燕に攻め込み主力軍を全滅させました。

20万の民のため太子は犠牲となり燕人は遼東に逃れ召公を始祖とする燕は800年で幕を下ろしました。

 

(燕を攻める理由がなかったのに丹太子の浅い企てにより滅亡しましたね。すべて真実とは限らないがどのドラマを見ても秦王は友のことを思っていたのに丹太子が人質に取られていた恨みが強く暗殺を企てた・・・とした内容なのよね)

最終話までのネタバレは更新中