へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 サイレント・ワールド 2012 」< ネタバレ あらすじ >ニューヨーク大凍結?!パニックアクションではなくコント映画では?

 

「サイレント・ワールド」シリーズの2012バージョン。

続いているのは題名だけであってまったくの別ものです。

前作の「サイレント・ワールド2011 地球氷結」

「サイレント・ワールド2011 地球氷結」< ネタバレ あらすじ > 恐怖の寒冷前線が迫り地球を凍らし始めた!!

は緊迫感があり国際気象研究員らしい解決の仕方で見所いっぱいでした。

しかし、これから紹介する「サイレント・ワールド 2012」は緊迫感ないどころかツッコミどころ満載で詳しくネタバレを書く気にもならないほどでした。

パニックアクションとは思わずに半分コントだと思って読んでください。

 

サイレント・ワールド 2012 [DVD]

 

監督 = トラヴィス・フォート

 

ビル(パトリック・ラビオートゥー)

テリー(ジュリー・マッカロー)

ジュリア(ケイティ・ウィルソン)

ネルソン(ニック・アファナシエフ)

ローガン(カイル・モリス)

 

 

< ネタバレ あらすじ >

サイレント・ワールド  2012

スポンサーリンク
 

アイルランドのへクラ火山周辺で火山活動が活発化しており山脈全体が噴火すれば巨大氷河が崩落するため調査員は避難準備に入りました。

気象学者のビルはニューヨークに戻る大学生の娘ジュリアを送るため空港に向かっていました。車には息子ネルソンを乗せており無線でベースキャンプに呼び掛けていました。

無線が繋がるとビルはチームが避難したことを知り噴火がすでに始まっている事を知ります。ジュリアは飛行機に乗り遅れると思いターミナルに着いていたので次に帰れるのはクリスマスの時だからと言って車を降りるが山脈全体が噴火すると聞いて驚き話に夢中なビルは気付きませんでした。

 

山脈全体が噴火し氷の塊がカナダ全域に降り注いでいました。19時間後には巨大な氷河が北アメリカに直撃すると知りビルは議員秘書の妻テリーを迎えに行きます。

気象オタクのネルソンは雲を見て驚きます。氷河のせいで雲の流れが速く危険だと察知したビルはジュリアがいるニューヨークに向けて車を飛ばします。

飛行機はすべて欠航なため車で向かうしかなくテリーは連絡を取ろうと試みるがジュリアは彼氏ローガンとデートしていて電話に出ませんでした。

 

雪が降ってきて渋滞にはまり上空では軍の飛行機が飛び交っていました。このままではアメリカが凍結すると予想され、軍機はミサイルで氷河を破壊するため飛んでいたが視界か悪く氷山に衝突し自滅する軍機もいました。またミサイルを撃ち込んた事で巨大な氷の塊が街を襲います。

偶然にも直撃しなかったビルは道をそれて渋滞を抜け逃げます。バンゴアが壊滅したニュースを見てジュリアから電話があります。ニューヨークに向かっている事と天気が急に変わり始めたら南へ逃げるよう伝えるが電波が悪く伝わっているか分かりません。

 

前方に車があるのに気付かず衝突して車が横転します。玉突き事故が遭ったせいで偶然にも誰も乗ってない車が乗り捨ててありました。

車に積んであった硝酸アンモニウムとディーゼル燃料を混ぜて前方を塞いでいた車を爆破させ拝借した車で進みます。

その頃、ニューヨークも危険だと察知したローガンはジュリアを連れて地下トンネルへ移動していました。

軍機は氷河に核弾頭を投下するが目立った効果はなくボストンの街が凍り付き歩いている人は瞬時に凍結します。

 

ビルは外を歩いている人達を見捨てるわけにはいかないと正義感を見せるがテリーは娘が乗れなくなると反対します。

しかし巨大な氷の塊が人々を襲いこれまた偶然にも直撃しなかったビルは車を飛ばして難を逃れます。

ガス欠になり乗り捨ててある車からガソリンを拝借するが渋滞につかまります。飛行機が欠航しているため最初から何処へ行っても渋滞していたが何故かビルは「何かおかしいぞ」と不審に思い車を降りて確認しに行くと橋が崩壊していました。

寂しくて1人になりたくない男に声をかけられカリフォルニアに行きたいと言われるが断ると銃を取り出したので車を譲ります。

ネルソンは無線を置いてきたと走って追いかけ後部座席から荷物を取り返します。車を奪った男は橋が崩壊しているのに気付かず沈んで行きました。

 

なんとか家を発見したビル達は「こんにちは」と声をかけながら中に入ります。

ビルは食料を頂戴しテリーはヌイグルミを抱いて「ジュリア、もうすぐ助けにいくわ」とつぶやきます。

「おーい」と声を聞いたビルは「服を借りに来ただけなんです。もう行きます、有難う」と出て行こうとします。

するとパパが怪我して動けないから助けてと子供が姿を現しました。物置の下敷きとなっておりビルは助けると「見覚えのある服だな」と言われ「誰もいないと思って、この家にあったのを頂いた」と言いました。

どうせ後少ししたら家も氷河にやられるからなんでも持っていけと言われたビルはセスナ機があるのに気付き貸して欲しいとお願いしました。

 

どこの飛行機も欠航となる天候の悪さ、おまけに竜巻が発生するなか普通は飛べないが飛び立つと大量に爆弾を積んだ複数の軍機と遭遇します。

その頃、ローガンはジュリアを連れて地下トンネルを抜けニュージャージーに到着すると州兵に避難所に案内されていました。

ネルソンに衛星回線に繋いで海洋大気圏局のホームページで氷河の現在位置を調べさせると80キロ後ろから時速320キロで移動していると知り「なんだと?!」と驚きます。

セスナ機が凍り始め燃料が切れたことで緊急着陸を試みるとそこは偶然にも飛行場でした。そして欠航しているはずなのに何故か離陸するジャンボ機がいてかるく接触するが無事に着陸しました。

 

氷河に爆弾を大量に設置し起爆させると巨大な氷がニューヨークの街を襲います。

ビル達を案内してくれた管制官は「ここにいれば大丈夫だから心配しないで」と説明している途中、巨大な氷が直撃して姿が見えなくなります。

ビルは車を拝借しGPSでジュリアの携帯を追跡すると反応がありました。

 

氷河がニューヨークを襲い始めます。2ブロック先まで近付いたので車を乗り捨て向かいます。

3人はジュリアを呼ぶがどこにいるのか分かりません。ビルは死んでいる警官の銃を空に向けて発砲するとジュリアは気付きました。

再会に喜び抱き合うが氷河が迫っているため車に乗り込み凍ったハドソン川の上を走行します。

ハドソン川が凍るほどの天候だが自由の女神まで近付いたビルは「よし!車から降りろ」と言い自由の女神の中に入り階段を駆け上がります。

最後の空爆に成功し氷河が自由の女神の首あたりまで埋め尽くしたところで止まりました。