へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 忍びの国 」< ネタバレ あらすじ > 人間ではない忍び人。愛する女性を守るため織田軍に立ち向かうがその裏には上忍の欲が絡んでいた

 

「忍びの国」初回限定(2枚組) [Blu-ray]

 

 

監督=中村義洋

 

無門(大野智)

お国(石原さとみ)

下山平兵衛(鈴木亮平)日置大膳(伊勢谷友介)

織田信雄(知念侑李)北畠凛(平祐奈)

下山甲斐(でんでん)下山二郎兵衛(満島真之介)

百地三太夫(立川談春)北畠具教(國村隼)

長野左京亮(マキタスポーツ)

 

< ネタバレ あらすじ >

           忍びの国

 

織田信長の天下統一目前の戦国時代。

伊賀国では百地三太夫(国喰代の地侍)と下山甲斐(国上比奈知の地侍)の小競り合いが始まります。

伊賀国一の忍びである無門(百地家の下人)は城門を突破して帰ろうとするが三太夫から「下山の次男である二郎兵衛を斬れば百文」と言われ話に乗ります。

無門は安芸国に忍びに入った時に一目ぼれしたお国を「銭には困らないから妻になれ」と連れて帰ったのだが稼ぎがまっくなく家に入れてもらえないのです。

下山家嫡男、平兵衛は「また小競り合いしてんのか」と戦況を見ていたが目の前で弟が川(一騎討ち)により無門に討たれてしまいます。父親ふくめ誰も弟の死を悼むものがおらず平然としていたので伊賀国の者は人間ではないと非難します。

 

織田信長の次男である信雄は義父である北畠具教(国司)を討ち伊勢国を手中にしました。元家臣だった日置大膳は「元主を斬れるわけない」と訴えていたが同じく元家臣の長野左京亮が斬られそうになったので討ってしまったのです。

伊賀上野山にある平楽寺では伊賀上忍・十二家評定衆が行われ伊勢国を手中にした織田軍には歯が立たないと話し合います。伊賀国は織田の軍門に下る事に決定し三太夫は下山平兵衛を使者として送りました。

しかし、平兵衛は裏切り織田信雄に伊賀へ攻め込むべきだと訴え伊賀領内へ城を築くよう進言しました。

織田信雄から家臣に迎えたいから両国の和平の証として丸山に築城せよと大金が届いた伊賀上忍はあっさり受け入れます。

無門も1日150文と言われ喜んで働くと、遠くから見ていた大膳は「平兵衛の言った通り馬鹿だ」と罵ります。「金さえ貰えれば主人は誰でもいいのだろう」と左京亮に言われた大膳は「おぬしも同じだろう」と言い捨てました。

 

無門は仕事を終えて帰ろうとすると最近稼いでるせいかお国が迎えに来てくれました。城造りが終わればまた稼ぎは無くなってしまうが無門は喜びお国と一緒に帰ります。

途中、忍びの訓練の場を通るとまだ小さい子供が過酷な訓練をしており死体も並んでいました。無門は「弱い者は死ぬから仕方ない」と平然としていると「侍におなりなさい」とお国から言われます。

無門は「たまに忍びをしてお国と暮らせれば良い」と考えを述べるとまた家を追い出されてしまいました。

 

スポンサーリンク
 

 

稼いだ三太夫と甲斐は予定通り完成したばかりの城を爆破させ織田軍の侵攻に備えます。

織田信雄はこれが狙いだったのだと怒り平兵衛を牢屋にぶち込みました。

織田軍が攻めてくると知った無門は稼げない合戦に出ても意味ないとして京へ逃げようとするがお国に「卑怯者」と反対されます。

仕方なく「伊賀攻めを止めろ」と忍び入るが織田信雄から「すべての者の首をとる」と言われてしまいます。

「だったら合戦に出て俺がおまえを討つしかないない」と言い捨て逃走するが間違って牢屋に入ってしまいます。

そこには牢獄される平兵衛がいたが、同じく牢獄されていた北畠具教の娘、凛から「父親の仇である織田信雄を討って欲しい」と1満貫する北畠家秘蔵の茶入れを差し出されます。

「遠慮なく」と無門が受け取ると凛は自害してしまうが無門には意味が分かりませんでした。

 

ただの小競り合いで弟を殺され誰一人悼む人がいなかったから平兵衛が裏切ったと知った大膳は「それはおまえを裏切らせるための術だ」と言い放ちます。

平兵衛は「城を築かれたらお終いだ」という声を襖越しに耳にしたが聞かされたのだと気付きます。

三太夫と甲斐は織田信雄が攻めると決めても元主人の暗殺に加担させられた大膳は恨んでいるため戦に出るわけないと読んでいたのです。

すべてを把握した大膳は織田信雄のためではなく自分のために伊賀攻めに加わると訴え出ます。天下一の父がいる事で苦労していた織田信雄は辛い心中を話し謝罪すると家臣達は一致団結します。

 

無門は凛から受け取った茶入れを売れば1満貫手に入ると説明してお国を連れて京へ向かいます。

織田軍は1万の兵を3つに分けて侵攻すると伊賀国は予定通り地の利を活かした戦いの準備に入ります。

しかし無門と一緒にほとんどの下忍が京へ向かっていたので「少なっ」と驚きます。それだけでなく戦に出ないと読んでいた大膳が参加し織田軍には平兵衛もいたので戦い方が見抜かれていました。

 

伊賀国の半分の下忍と一緒に京へ向かっていた無門だが「やはり国を捨て逃げるのはやめます」とお国の反対を受けます。

茶入れを手渡された無門は仕方なく「合戦に加わる者には褒美を出す。雑兵首には十文、兜首には十貫、そして織田信雄を討ったものには5000貫だ」と声をあげます。

下忍達は一致団結し凄まじい勢いで我が国へ戻ります。

「ご無事で、決して死んではなりませぬぞ」とお国に言われた無門は愛されていると感じ喜びます。

 

形勢逆転するが甲斐は織田軍を前に押され平兵衛に助けを求めるが「もはや父ではない」と見捨てられ左京亮に斬られます。

無門は逃げる織田信雄を追いかけ討とうとするが大膳の槍が飛んできます。

無門は強敵だと分かり初めて重い鎧を戦で脱ぎ捨てます。大勢の兵を素早い動きで始末した無門は大膳と一騎打ちとなりトドメを刺そうと歩み寄ります。

その時、「伏せろ」と声が聞こえ大膳がしゃがみこむと織田信雄が放って矢が飛んできました。

 

戦は伊賀国の勝利となり織田軍は撤退しました。

安楽寺で皆が勝利に酔いしれるなか「無門は死んだ」と報せを受けたお国は膝から崩れます。

しかし、無門は飛んできた矢と同じスピードで後ろに飛んでいただけで刺さってはいませんでした。

織田信雄や大膳たちが城まで逃げ帰るが無門は下忍たちと織田軍の鎧をきて包囲していました。

「この戦はすべて十二評定が仕組んだことだ」と聞かされた無門は「伊勢のものには手を出さない」と約束し一騎打ちで平兵衛を討ちました。

伊勢の地に埋めるよう大膳にお願いした無門は「その首預けとく」と織田信雄に言い放ち去ります。

 

安楽寺に下忍を引き連れ戻った無門は出迎えてくれたお国を素通りし上忍の1人にナイフを突き刺します。

三太夫が「無門を討ち果たしたものには生涯年貢を免じて使わす」と叫んだため無門は囲まれます。

そこへ「おやめなさい」とお国が茶入れを持って姿を現し「無門に手を出せば粉々する」と言い放ちました。

無門はやめてくれと急いで駆け寄るが茶入れを手に入れたい下忍の吹き矢でお国は命を落とします。

泣き叫ぶ無門は「おまえら人間じゃねぇ」と茶入れを割り、お国を抱きかかえそのまま姿を消しました。

〜2年後、

織田に勝った事で伊賀国の名は天下にとどろいたと勝ち誇る三太夫の胸に矢が突き刺さります。

織田信長が信雄を総大将にし4万4千の軍勢で攻め込み伊賀国は焼き尽くされました。その軍勢の中には無門が紛れており、お国が気にしていた身寄りのない子供を保護しました。

 

 

blog.netabare-arasuji.net