スポンサーリンク

「シックスヘッド・ジョーズ」<ネタバレ・あらすじ>6つの頭のジョーズ(感想・キャスト)

ホラー-スリラー映画

 

 

監督=マーク・アトキンス

◆ウィル(プランドン・オーレ)◆メリー(タンディ・セベ)◆ジェームズ(コード・ニューマン)◆アンジー(ナイマ・セベ)◆キップ(タビワ・ムスヴォスヴィ)◆ジェイク(クリス・フィッシャー)◆デューク(ジョナサン・ビーナー)

ファイブヘッド・ジョーズに続く多頭サメシリーズ第四弾、ついに頭の数が6つに。

メキシコ、バハ半島沖のコラゾン島では問題を抱えた男女がサバイバルを通して関係を修復するキャンプセラーが行われていたが・・・・

<ネタバレ・あらすじ>

シックスヘッド・ジョーズ

 

メキシコ、バハ半島沖のコラゾン島で外界との接触を断ち男女関係の修復するキャンプセラピーが行われます。

テレビもラジオもなく大自然を生き抜くためには協力するしかないので互いに欠けているものが見えてくるのです。

参加する4組のカップルに「共に奮闘するのが愛だ」とスタッフのウィルは力説するが本人は離婚届にサインするよう求められています。

「キップ&アンジー」「メリー&ジェームズ」「ジェイク&気象学者」「ダフネ&デューク」の4組は片方がやる気なかったりツアーパンフレットはハワイの写真だったと怒るものなどいたが来た意味を考え最終的には全員がとりあえず行動するようになります。

 

せっかく全員がやる気が出たのもつかの間、スタッフであるブラッドの遺体が発見されます。身体はバラバラに食いちぎられておりバハ半島はホオジロザメの縄張りなのでサメの仕業だと誰もが思います。

しかし・・・

冷戦下、極秘で病原体の動物実験をしておりそこで生まれたジョーズは一部が切られたり切断されてもすぐに再生されるほぼ不死身な頭が6つある怪物でした。

筏に乗るウィルは脱出するため4組のカップルに近くに停船しているボートまで泳ぐと伝えるが当然サメがいるかもしれない水の中に入るのは抵抗があります。ウィルは「作戦があるが全員で協力せねば」と訴え全員で漕いでボードを目指します。

そりゃ~、そうでしょ。作戦というより最初に誰もがやろうとするでしょw

 

ウィルだけオールを使い、他の者は手で漕いでボードに到着します。

無線は通じず早く脱出しようとするがウィルはスタッフのレベッカが行方不明だから見捨てられないと言います。

(ブラッドの遺体が発見されレベッカはボートに乗っていないのに・・・)

やたらサメと戦う気満々のデュークとウィルが筏に乗ってにたどり着きます。

(えっ、最初からこっちに漕いでくれば良かったじゃんw 1番の謎)

デュークは武器を作るとジョーズの影を目にし、物音を立てて誘き寄せ棒を突き刺しました。勝ち誇るデュークだがウィルはジョーズが動き出すのを目にします。

叫ぶ暇もなくデュークは飲み込まれ、ウィルはジョーズの頭が6つもあるのを確認します。しかも1つの頭が負傷している頭をかじり取ると再生されました。

岩にぶつかり身動き取れなくなったボードでは影が近付いてくるのを見て「サメがくるぞ」と全員が恐怖で叫ぶがやってきたのはウィルでした。(うそでしょw 全然大きさちがうんですけどw)

スポンサーリンク

座礁しているから進まないのだとウィルは教え、勇気のある者から1人1人飛び込み泳いで陸に向かいます。デュークが亡くなり悲しむダフネはボードに残ると言うがウィルは説得し皆と遅れて泳ぎ出します。(残って何するのw)

陸に全員が到着すると「訴えてやる」と怒りをぶつけられるウィルだが乳房雲が近付いてきているのを目にします。気象学者の女性が「嵐が来る。島は洪水になり我々は海中に沈む」と慌てるがウィルは灯台に避難しようと冷静に言います。

しかし浮きドックの上にラボがあると知り参加者は従わずラボに向かいます。ほっとくわけにいかないのでウィルも仕方なく後に続きます。

 

「40年前からあるラボだから大丈夫」と気象学者は言うがラボは廃小屋のようでした。

このラボには資料が残されており、冷戦下に動物実験をしていた場所だと分かります。6つの頭のサメはここで誕生していたのです。

再生されるので始末するには心臓をねらうしかないと話し合うが強風で煽られジェイクはラボの真ん中にある穴から海中に落ち、倒れた棚が穴を塞いでしまいます。

(慌てて引き上げられるが皆まずは棚をどかそうよwそのままの状態で呼んでるだけだし)

恋人と抱き合うジェイク、2人は互いに必要な存在だったんだと愛の言葉を交わすが穴からジョーズが出てきて2人を飲み込みました。(ぷーーーーw)

「俺が食い止めるから行け」とウィルは棒を突き刺し、他の者はその間に海に飛び込んで陸に向かいます。(ちょっw モグラたたきみたい。ラボの下にいるのに飛び込むのw)

 

陸でチップとアンジーが互いの愛を確かめます。灯台に向かう他の者は「こんな時に何やってんだ」と呆れるが浜辺をジョーズが進んで向かってきていました。(うそ~w)

2人が食べられてしまい他の者は急いで灯台に向かうがジョーズが追ってきました

ウィルは巨大ノコギリで岩の上からジャンプしてジョーズの頭1つ切り落とすと後ずさりして去って行きました。(当然ジョーズは再生されるので海中に戻ったときは頭は6つある)

 

灯台にたどり着く、ウィル、ダフネ、メリー&ジェームズの4人。

灯台の明かりを付けるためアセチレンをみんなで運ぶがデュークを失い気が狂ってしまったダフネは手を広げながら海に入っていきサメにくわれました。(もう言うことないww)

ウィルの元妻なのか妻なのか恋人なのか知らないが新しい彼氏ザックとボートで灯台に向かっていました。しかしサメがボードの回りをすごい早さでグルグル泳ぎ、ザックは「このままでは海中に引き込まれるから君は逃げろ」と伝えると彼女は海に飛び込みました(えっ?

ザックとボードは海中に沈み、泳いで向かっていた彼女は当然サメに食べられてしまいます。

 

泣き叫ぶウィルをメリーは抱き締めます。

ウィルとメリーはアセチレンのタンクを運び砂浜に埋めると海からのそのそとジョーズが浜辺に上がってきました。

誘き寄せながら逃げ灯台からジェームズが銃で撃ちます。しかし何を聞いていたかタンクがある位置に来る前にサメに向かって撃ちました。

何やってんだ!!ともう一度叫んで説明しウィルはサメを挑発します。メリーは銃口がウィルに向いている事に気付き走って行ってウィルを救います。

メリーとウィルの関係を怪しむジェームズはウィルを消そうとしたのです(はっ?)

狙撃されたサメは1つの頭を食いちぎって放り投げるとジェームスは飛んできた頭に押しつぶされました(笑)

 

ボートが座礁していないを知ったウィルとマリーはボンベを運んで乗り込みます。

ボンベをテープで1つにまとめ武器とつなぎ合わせるとジョーズが突進しようとしてはさまりました。その隙に武器を突き刺し海に飛び込んで陸に戻ります。

ボンベが繋がった状態で陸まで上がり追いかけてきたのでウィルは銃を撃ち込み爆破させるとサメは粉々になりました。(終)

 

セミナーも何もあったもんじゃないww互いに恋人を失ったのにウィルとアニーはこの先恋人関係になるだろう。あいかわらずつっこみどころ満載でしたね。

ところで嵐はどこへいったのですかねw

 

 

タイトルとURLをコピーしました