PR

「楚喬伝」ネタバレ鑑賞感想・15話~18話あらすじを詳しく紹介

作品概要/キャスト

チャオ・リーイン主演・女スパイと身分を超えた2人の公子との劇的な愛の物語

諜紙天眼を率いる宇文玥は貴族の子息たちによる人狩りから生き残った記憶喪失の娘・小六に武芸の才を感じ星児と名を与えて厳しい訓練を課していく。彼女は、自分を楚喬と呼ぶ女の記憶を頼りに自身の出自を求めながら宇文玥から与えられる過酷な任務を遂行していく。楚喬は宇文玥と彼の親友・燕洵との間で揺れ動く思いを抱えながら国を揺るがす大乱へ身を投じていく。

 

スポンサーリンク

 

楚喬/星児/荊小六(チャオ・リーイン)宇文玥(ケニー・リン)燕洵(ショーン・ドウ)元淳/淳公主(リー・チン)蕭策(ダン・ルン)元嵩/裕王(ニウ・ジュンフェン)月七(シン・ジャオリン)宇文壊(ワン・ヤンリン)など

 

「楚喬伝」全話あらすじ一覧はこちら

 

全58話で紹介

 

ネタバレ感想/楚喬伝

 

15話・見えない敵

完璧な防備の諜紙天眼なのに梁の間諜に侵入を許したことで宇文玥は宇文灼から叱責を受けます。

宇文懐が紅山院で催した宴中であるが宇文懐に疑わしい行動がなかったことで諜紙楼の隠し通路を知る宇文席が裏で糸を引いているはずだと思います。

今回、秘密を守れたのは星児のおかげなので才能に確信が持てたと告げると宇文灼は信じてみようと口にするが裏では星児の安全を優先したから間諜を逃がしたのだと察知し留めておくわけにはいかないと側近に告げます。

 

宇文玥は逃走した間諜を捕らえるため長安の町で徹底的な捜索を始めます。10人が捕らえられ多くの死傷者を出してしまった梁の公主は活動を休止していた諜紙天眼にこれほどの力があったのかと驚かされます。

まずは城外へ出た方がいいと進言されるが宇文玥が星児を守っていた事で彼女を使えば倒せるはずと言います。宇文灼も女奴婢のために自ら足を折り前途を潰したから宇文家の伝統かと笑みを浮かべ星児の情報を集めるよう桃葉に命じます。

ただ趙西風に色目を使っていたのを見逃していなかったので任務のために接近することを忘れるなと忠告します。

 

宇文懐は宴には別の目的があったはずだと宇文席に告げるが侮辱される言葉しか返ってきません。

燕北へ帰る日が迫る燕洵は一緒に帰れば奴婢ではなくなると星児を誘うがそれを目撃していた宇文玥は奴婢解放書もなく逃げれば処刑すると星児に告げます。

星児は諜者となった事で諜紙天眼に入れる資格があり令牌を贈られます。そして宴で戦ったのは梁の間諜だが本当の敵は江湖にいて奴らを束ねる風雲令の令主の洛河は知勇を兼ね揃えた奇才で一年前にある事件で命を落としたと知らされます。

2代目の令主は行方知れずだが再び江湖に参上した場合は我らとの戦は避けられないと言われ星児は会ってみたいと思います。

(むむ、洛河の娘は星児ですよね~・・・敵になると分かっていて育てるのはちょっと理解できないが宇文玥もそろそろ言いたいことがあるならスパッと話してほしいなwだんだん間がめんどくさくなってきたよw)

 

16話・新たな任務

魏皇帝は白笙を息子・燕洵と共に長安に留めようと画策するが燕世城に警戒されると魏貴妃に言われ白笙のみを帰郷させます。

残る事になった燕洵は父上が握る軍事力を陛下が恐れているから軽率な行動は控えるようにと伝言を託し母を見送ります。

スポンサーリンク

 

宇文席が疑わしいとは言え証拠がない時に動くべきではないと考えた宇文灼は今は梁の間諜に専念し星児に探らせるべきと言います。

宇文玥は彼女ではまだ経験が浅く相手が手練れでは太刀打ちできないと訴えるが面が割れてない分有利に動けるはずと言われ仕方なく梁の間諜を見つけ出せと星児に命じます。

燕世城の配下・仲羽は武器商人・左宝倉の店へ向かいます。情報をいち早く掴んだ梁の公主は燕洵を逃がすつもりだと気付くが盗聴器が飛ばされたことに気付き左宝倉の店へわざと誘導させます。

仲羽は店にやってきた公主と桃葉を目にし燕北に謀反の罪を着せようする奴等かと察知し剣を抜きます。尾行していた星児は剣を交える音を聞きつけ押し入り密かに星児を補佐するため見守っていた月七は店の外に急に現れた隠心と戦います。

 

宇文玥は刺客を捕らえると「奴婢は預かった、後で遺体を送ってやる」と主からの伝言を伝えられ急いで向かいます。

月七を助け中に入るが罠にはまり断龍石で塞がれ宇文玥、星児、左宝倉の三人は閉じ込められてしまいます。左宝倉はいきなり決闘がはじまって店はめちゃくちゃになり諜者と会うとろくなことはないと嘆きます。

星児はなんで諜者だと思うのかと聞くと自分が持つ残虹剣は諜紙天眼の諜者の証であり宇文玥が持つのは破月剣で夫婦剣だから夫婦だろうと言われます。星児は宇文玥の顔を見ると逸らされるが赤羽剣を持っていたのは燕北の仲羽で天影水袖を自由に扱っていたのは梁の間諜だろうと左宝倉に言われます。

梁の公主は老いぼれに用はないと思い宇文玥に母親の死因をバラされたくなければ宇文懐に紅山院の主の座を譲り隠居してろと宇文席を脅します。

(宇文懐も気持ち悪いけど宇文席は論外なんで命を救わなくてもよかったのに・・まぁ~宇文玥の母親が正気を失ったのは気持ち悪い宇文席を見てれば何となく分かる。どうやら宇文玥に始末される運命かな?)

 

17話・謎の武器商人

月七は月衛を率いて駆け付けると武器商人・左宝倉の店は燃えていました。

蕭玉(梁の公主)の罠にはまり店の地下に閉じ込められた星児は寒疾の病で宇文玥が深い眠りに入ってしまったので火を焚いて体を温めます。

星児は奇門遁甲の解読法も門閥の館の見取り図も売るのかと聞くと金さえあればと言われたので極楽閣の見取り図を用意してと告げます。左宝倉が身に着けている木珠をやたら欲しそうにしていると気付くと江湖の女隠密・洛河の縁者なのかと聞かれます。

出生と関りがあるはずと思い過去の記憶がない事を正直に話すと祝由術ですべて取り戻してやると言われます。

 

星児は祝由術を受け自分の体内には激しく制御が難しい寒氷訣の内力があり伝授された内功心法と合わせて修練をするよう洛河に言われたことを思い出します。

半年たっても戻らなかったら荊家を訪ねよと言われていたので駆け込むと今日からは荊小六と名乗れと言われ寒氷訣を修得したら木珠の中を見て書かれた指示通りに動けと洛河に言われていたので修練に励みました。

ある日、母親が処刑されると知らされ救うために木珠を置いて荊家を無断で去りました。

罠には嵌められ大軍を相手に一人で蹴散らしていくが目を覚ました宇文玥が祝由術を止めた事で星児は我に返ります。

 

宇文玥は火を焚いているのに息苦しくならないし炎が揺れているから出られるはずだと左宝倉に訴え隠し通路から脱出します。

(立ち位置が良く分からないが洛河は奴婢を解放しろと要求していたという事は聡明なお方だったのかな?なんで再び現れたら戦うことになると宇文玥は言っていたのだろうか。宇文玥も母親が宇文席のせいで命を落としたのを知らないので宇文席の悪人っぷりを知らないだけかも。って勝手に宇文席を悪者にしてるけど、笑。)

 

18話・信頼と裏切り

宇文玥と星児は脱出すると梁の刺客に襲われます。返り討ちにすると隠心は逃走し、星児は宇文玥に助けられるものの油断していたせいで傷を負ってしまいます。

宇文玥から高い薬が届けられ受け取る小八は自分の顔にできた刀傷の薬も渡されたのでご配慮に感謝します。

星児は自分は荊家の者ではなく名前が楚喬であること、そして母・洛河を殺したのは誰なのかと考えていました。

スポンサーリンク

 

左宝倉は東方忌と出くわし定北侯を補佐しているはずが何で長安にいるのかと驚きます。前に長安に来たときは洛河が殺されたし会うと縁起が悪いと思う左宝倉はまさか燕洵の長安脱出を手伝う気かと聞きます。

誰かが犠牲になるので何もするなと訴えると何か分かったかと金を渡されたので洛河の木珠を身に着ける娘に会ったと情報を与えます。

居場所を教えると犠牲になりそうなので洛河を殺した娘なら身柄を引き渡すから安心しろと告げます。

 

燕洵はお迎えに上がったと仲羽がやってきたので驚きます。長安を勝手に離れたら大罪になりそれこそ燕北が罪に問われると告げると父・燕世城(定北侯)が魏の皇帝が謀反の罪を着せようとしていることを悟っていると知ります。

星児を連れて行きたいので少し待つよう告げると仲羽は伝書鳩を飛ばします。

そのころ、東方忌は仲羽が飛ばした伝書鳩を梁の間諜が捕まえ文を入れかえていたと報告を受け文を書きます。

また宇文玥は燕世城から燕洵への文を目にし、これが陛下に知られたら燕北は危ないと思い文を書き換え陛下に届けるよう告げます。

燕北に戻った東方忌は燕洵が書いたものだと思うかと燕世城に文を見せられ、これは梁の間諜が書いたもので長安に呼び出して魏皇帝に殺させようとしているのだと告げます。

そして燕洵から預かったものだと告げて書状を渡すと燕洵に危険が迫り助けが必要なんだと燕世城は把握します。

 

(なんかめんどくさい話になってきたな。なんで密書が全員の手に渡るのかねwそして東方忌は悪い人よ・・・結果、梁が企てた事と同じになってしまい聡明な燕世城は息子を救うために長安へ行ってしまう、涙。そして一番理解できないのは魏の皇帝だ、まったく裏切ってないし忠誠心しかないのに何でこんなに燕世城を殺したがっているのか。過去に自分が何かしたんじゃないか?そしてついに木珠の文字を星児は読むことになったが危険な時は燕北の烏先生を訪ねてと書かれていましたね。宇文灼の勝手な一方的な意見のせいで盗み聞きしていた星児は宇文玥に騙されていると勘違いしてしまいましたね)

19話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想