「双花伝」ネタバレ感想・17話~20話あらすじの結末まで(キャスト)

作品情報/キャスト

マオ・シャオフイとカイ・シュエン共演、乱世に生きる双子姉妹の愛憎渦巻く激動のラブ史劇

原家と竇家が皇位の座をめぐって争う時代。原家の当主・原青江は聖人から6人の子供たちが国を守るという予言を聞き子供たちを集めるとその中に頭脳派・花木槿と武術派・花錦繍の双子姉妹がいました。原青江の息子で足が不自由な三番目の公子・原非白に姉妹は惹かれていくと、原非白の双子の兄で身を隠して暗宮を管理する司馬遽は花錦繍に想いを募らせる。天下と皇位をめぐる権力争いに巻き込まれ恋も立場も行き違っていく姉妹の運命は?

スポンサーリンク
花木槿(マオ・シャオフイ)花錦繍(カイ・シュエン)原非白/司馬遽(ユー・シャオトン)段月容(ケニー・クァン)原青江(ホアン・ジュエ)など

 

「双花伝」全話あらすじ一覧はこちら

全60話で紹介

 

ネタバレ感想/双花伝

 

第17話・謀反のはじまり

原非白の側室となることが決まった花木槿は初夜を迎えるが花錦繍に愛の告白ともとれる言葉を投げかけていたのが頭から離れません。

妹への懺悔を夜伽話にでもする気かと言い放ち短剣を抜き取り攻撃するが簡単に止められてしまいます。

「言えない苦労があるんだ、心にいるのは君だけだ」

原非白は花木槿が生生不離を原青江から飲まされたと知り、かつて暴れ馬に乗った少年を助けたと思うが、それは自分だと教えます。敵ばかりで危険な目に遭わせてしまうと思い黙っていたが好きな気持ちが我慢できなかったのだと気持ちを伝えます。

しかし、花木槿は妹を裏切った者は許さないと指一本触れることを禁じます。

 

身売り証分を返された花錦繍は紫園を離れないと原青江に告げると都への同行を求められます。花木槿が嫁いでしまい納得できない宗明磊は原非清との腕比べて怒りのあまり力が入ってしまい原非煙に慌てて止められます。

原青江は5千の精鋭を先に出発させたあと原非白たちと都へ発ちます。

皇帝に呼ばれたのは邪魔な両家を排除するのが目的だと読む竇英華は汴城を一挙に手に入れる好機でありついでに原家も始末すると告げます。また原青江は何かあった時のために于飛燕を城外で待機させ韓修竹に東都への抜け道を確保しとくよう命じます。

 

竇英華は服昱の首根っこを掴みながら押し掛けると皇帝は母親を唆し今度は竇家と結託するとは情けないと息子を叱責します。

原青江は向かうと竇英華が玉璽を渡せと迫っていました。すべてを一任する、3皇子を守れとと命じられた原青江だが竇英華が皇帝を視察して服昱を強引に玉座に座らせると敵があまりに多いので撤退を命じます。

宗明磊と原非清、花錦繍たちは3皇子・復徹や淑琪公主たちを守り逃がします。

南国将軍・胡勇が竇英華と結託し紫園に進軍していると報告を受けた原非白は花錦繍と宗明磊に紫園へ報告しに行くよう告げ、3百の兵で紫園を守るから残りの兵を率いて原青江に合流するよう于飛燕に命じます。

原青江は5百の兵を連れ藩正越の行く手を防ぎ胡勇と合流させるなと命じます。

 

(竇英華・・・おもいっきり謀反じゃんw皇帝を斬るとはおもいきった作りですねw紫園を攻めるなら柳言生だけ始末しといてください、笑)
スポンサーリンク

 

第18話/目障りな者の消滅

于飛燕は必死に戦うとあまりの強さに藩正越は胡勇に中止を知らせるよう命じ撤退します。

原非珏は肱月に戻ることになり花木槿に会いに行きます。

一緒に帰ろうと誘われる花錦繍は嫁いだ身だから無理だと告げ姚碧瑩も同席させ食事をするが水を飲んだ原非珏が倒れてしまいます。

姚碧瑩も眠っているのに気付くと頭痛と眩暈を感じ、異変に気付いて外に出ると紫園は胡勇の襲撃に遭い人々は逃げ惑っていました。

街を楽しんでいた段月容は南国の襲撃だと伝令の言葉が耳に届き、自分らの事かと困惑すると胡勇がいなくなったことに気付きます。

 

花木槿は兵に囲まれるが宗明磊と花錦繍が駆け付け裏山に逃げ込みます。攻め落としたと満足する胡勇だったが藩正越が撤退したと知り驚きます。

駆け付けた段月容は原青江に逆らって何をしているのかと思うが適当に言葉を合わせ密かに誰一人として死なせるなと配下に命じます。

胡勇が原非煙を捕らえようとしていると知った柳言生は背格好が同じ花錦繍に身代わりになって下山しろと命じます。紫の瞳でバレるから自分が身代わりにと花木槿が名乗り出ると今度は彼女を守りたい宗明磊が自分が食い止めるから逃げろと言います。

それをおもしろくない原非煙は忠誠心に感謝すると告げ花木槿に身代わりを命じます。

 

花木槿は自分に同行すると名乗り出た勇士と一緒に戦うことを決意するが、総管でありながら職務を放棄し備えを怠ったせいで皆が毒にあたることになってしまった柳言生に死罪を求めます。

望むのは女子どもをイジメる卑怯者の柳言生を死罪にするだけだと訴えると敵が迫っていることで原非煙は退きます。花木槿、花錦繍、宗明磊は攻撃を仕掛け花木槿がとどめを刺しました。

 

竇英華が汴城を都とし新皇帝を擁立します。原青江は今出兵したら謀反の罪を着せられるので目下の目的は3皇子を擁立し聖旨を遵守することだと言います。

花木槿は身代わりとなって下山し、死ぬときは一緒だと花錦繍は戦い、原非煙を連れて逃げる宗明磊は彼女を助けるために戻ります。

花木槿は宗明磊に発見され助かったかと思ったが追手の矢を受け宗明磊が崖から転落すると捕らわれてしまいます。

しかし原非煙ではなく花木槿だと見抜いていた段月容に逃がされ彼はこのことを知らなかったのだと知ります。

(原非煙もちょっと酷いけど柳言生が消されたからいいや。ってゆうか本当に気持ち悪かったから嬉しいwたぶん宗明磊は生きてると思うけど原非煙から恨まれるだろうな・・・)

 

第19話/暗宮

原家に10年潜伏している間者から暗宮の存在を聞かされた明家の娘・明鳳卿は宝物が隠されていることを確信します。

紫園へ戻った原非白は謝素輝から三娘が犠牲になり花木槿が原非煙の身代わりとなって下山したことを知らされます。

急いで花木槿を探しに行き、原非煙も宗明磊の行方を探しに行きます。司馬遽は花錦繍を探しに行き介抱します。

 

段月容は胡勇と衝突しそうになるが原家の奇襲を受け紫園襲撃への関与を疑われてしまうので逃げ出します。

花木槿は預かったと文が届き原非白は駆け付けると10年間の車いす生活はどうだったかと聞かれ明鳳卿だと気付きます。

宝物の在処はどこだと花木槿を人質に取られたので原非白は案内するフリをして仕掛けを作動し彼女を救って暗宮に逃げ込みます。

花木槿は温泉に浸かり治療していると花錦繍が運ばれてきて再会を果たします。

 

原非白は兄・司馬遽に花錦繍を連れて逃げたらどうだと勧めるが花木槿との関係を心配されます。

妹をがっがりさせられないと思う花木槿は離縁を申し出ると原非白は承諾します。花錦繍は自分が添い遂げたいのは晋王だから気を遣うことはないと姉に言います。

(ん?これは離縁状を受け取り花木槿は去ったのかな?宝物の上に暗宮を建てた言い伝えがあり一族が滅びてしまうために司馬の養子となり宝物の謎を解読するため主となっていた・・・のは分かったけど養子となって権利があるなら別に言ってもいいんじゃないのかな?w)
スポンサーリンク

 

第20話/晋王の側室

帰還した原青江は無断で紫園に戻った原非白を無視して通りすぎます。

韓修竹は原非白が戻ったのは紫園と西都を救うためだと進言するが女子のために軍記を顧みず東営の隠密の命をもてあそぶのは許せないと言われます。

于飛燕や陳玉嬌は花木槿は罪を犯してはいないと訴えるが捕殺せよと命じられ困惑します。

 

紫園を去る花木槿はお腹がすいたので芋を掘って焼いて食べようとすると南国世子・段月容に奪われます。

料理人として付いてこいと言われ誰が行くかと怒るといきなり抱き着かれたので突き放すが近くに矢が突き刺さっていました。庇ってくれたのだと気付くと胡勇たちに包囲されるが宣姜が竇英華が求めている人だから手を出すなと止めにきます。

段月容は南国豫王の息子で皇帝の甥だと名乗り盟約を結びたいなら自分を連れて行った方がいいと訴え花木槿と一緒に向かいます。

 

花木槿は宣姜を顔を目にし村を襲ってきた奴だと思い出します。何か深い関係がありそうだなと段月容に聞かれ村人や両親は竇英華と宣姜に殺されたんだと教えます。

話の流れから幼いころに互いに会ったことを思い出し段月容は「命を恩人だ、絶対に君を守るから安心しろ」と言います。

そのころ、宗明磊は明鳳卿に発見され女のために仇討ちを顧みない愚か者と叱責されます。自分を探しに来る原非煙の声が聞こえると「花木槿は捕殺された、原家に戻り仇討ちを決行せよ」といなくなります。

花木槿がいないなら紫園には帰らないと訴える負傷する宗明磊を力ずくで原非煙は連れて帰ろうとするが賊に襲われ体を弄ばれてしまいます。

 

花斌の娘だと絶対に認めるなと段月容に言われた花木槿はおバカなフリをして誤魔化します。

花錦繍は原青江の側室となり護衛を付かれ立派な屋敷を授かるが花木槿が言っていた通り紫園は自分たちのいるべきところではないと思います。

(原非煙かわいそうに、涙。宗明磊は責任を取り守ってあげなくちゃね。原青江が捕殺を命じる意味が分からない、何にもしてないではないか。)

21話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想