中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・53話~56話あらすじを結末まで紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレ感想/始皇帝・天下統一

 

第53話・割り切れぬ思い

李斯は趙は攻撃されやすいが匈奴を攻め燕を侵し韓や魏から恐れられているし長平の戦いでも秦軍を邯鄲に入れなかったので損害を防ぐためにも最初は韓を攻めるべきと訴えます。

反対意見も飛び交う中、軍議が終わると李斯は太后を幽閉したままでは極めて不幸であり秦を攻める口実を与えてしまうため帰還させるべきと思います。

その頃、韓爍を起こす趙王は雍城に幽閉されている秦の太后を邯鄲に連れ戻せばいいと妻に言われその手があったかと笑みを浮かべます。

 

秦王・嬴政は羋族と宗室そして優秀な客臣たちに支えられ天下統一のため東進を始め再び軍議を行ないます。

李斯は韓を攻めるなら他の国の援軍を阻止しなければならないと言います。斉とは交易を進め楚は王が若く臣下との信頼が足らないので内部でもめさせれば出兵など不可能、趙は燕を動かせば邯鄲から離れられないので韓は攻略可能だと告げます。

趙王は密偵を送っていたが厳戒態勢で太后の顔すら拝めないと報告を受け、丞相自らが連れて来いと叱責します。

趙の丞相・郭開は斉人に扮して鉄を塩を運び函谷関を通ると邯鄲で会った秦の客臣・陳馳が秦で官僚に復帰していたので驚きます。

邯鄲風味の菓子店を開き新たな機会を待つことにします。

 

嬴政に太后の話を持ちだした27人が誅殺されているので李斯は交易でもめている斉の茅焦を使ってこのままでは人心が離れてしまうことを伝えます。

茅焦が釜焚を命じられたので李斯は大王の威名も地に落ち天下の民の気持ちが離れてしまうと進言します。茅焦を許し太后を迎えるなら天下の民も感服するはずだと訴えます。

(太后を連れ戻すのを進言するだけなのに長ったらしいw李斯も回りくどいwそれにしても太后の話をしただけで27人も殺していては暴君と変わらないのでは?)

 

第54話・誘拐

秦王・嬴政は雍城に向けて出立するが、

太后・趙姫は身分を装い趙の丞相が開いた店でお菓子を食べていました。

嬴政たちが雍城に到着した頃には太后が行方不明で騒ぎとなっていました。手分けして大捜索が行なわれるが誘拐され船に乗せられており矢を放つことが出来ませんでした。

しかし、嬴政は先回りして茂みの中から狙いを定めて趙の丞相・郭開を射抜き太后を救い出します。お迎えが遅くなったとひれ伏して挨拶し太后を負ぶって帰還します。

 

宴を開くが重たい空気が流れているので渭陽君は大王と太后の再会を祝して杯を差し出します。嬴政は飲み干そうと皆に呼びかけるが太后が口に運ぶもののすべてを溢すので寝殿に送るよう命じました。

軍議を開く嬴政は趙と盟約を結べば趙偃は野心を燃やし韓魏燕を攻めるはず、そうすれば諸国は趙を軽蔑し秦に助けを求めるはずだと言います。

そのためには趙偃を秦に連れて来なければならないが死を恐れる郭開をとことん追い詰めて内部情報を聞き出します。

(郭開は最初から笑わせてくれる。何で趙の丞相をこんなキャラにしたのだろうね。まぁ~操りやすいからターゲットにはされるでしょう。そろそろ趙も分裂し秦に攻め込まれ終わるときですね)
スポンサーリンク

 

第55話・趙との盟約

秦王・嬴政は合従や秦への攻撃から6国の目をそらさなければならないと考え李斯に対応を任せます。

趙の丞相・郭開は邯鄲に帰還すると趙王・趙偃が新たな丞相を推挙するよう命じ春平君が推薦した李牧が賛同を集めたと報告を受けます。趙王のために命をかけて秦に行ったのに何たる仕打ちだと思う丞相は王妃に謁見して味方に付けた後、命からがら秦から逃げ帰ってきたと趙王にひれ伏します。

 

趙王はかつての臣下だった頓弱が秦の使者となって燕に入ろうとしていたので捕えさせます。燕だけでなく斉にも行って連名を結ぼうとしたが狙いは趙ではなく楚だと言われます。

3国が楚を攻めるのは趙にとって悪くないと思い秦王は趙に何を求めるかと聞くと盟約だと言われます。ここは盟約を結んで三国が楚を攻めている間に燕を滅ぼすと悪知恵が働き使者を送ります。

「趙王自ら秦に入り調印を交わすなら誠意を信じる」と伝言を受けると丞相からは絶対に行ってはダメだと言われます。秦から逃げてきた丞相は結託しているのではと疑っていた趙王は安心し応じる形で秦の咸陽へ行こうとします。

春平君と李牧が推す嘉王子と王妃の娘・遷の世継ぎ争いの空気が流れるなか趙王は遷を世継ぎに決めました。

 

(燕の太子はまた秦に人質として行くのかw普通なら国を守るために行くが秦から帰還する時に嬴政と衝突してますからね。それにしても面白いように嬴政の策がうまくいってますねw)

 

第56話・疑念

李牧は邯鄲に広がる浪費や腐敗は酷くなるばかりであるため盟約で秦に向かった趙王の身に不測の事態が起こったときは嘉王子を擁立するため挙兵するべきと春平君に告げます。

秦王・嬴政は趙王を迎えて宴を開くと狩りに誘われます。

李斯たちは盟約を結ぶ気などないのではと思うが疑がり深い趙王の性格をよく知っている嬴政は計画を着々と進めればいいと告げます。

狩りで勝ったほうが盟主になると約束し開始されるが趙王暗殺計画が持ち上がっていると報告を受けます。諸国も黙っていないので秦で死なれたら困ると動揺する嬴政は警戒を強めろと命じます。一方、趙王は狩りの時に秦の矢で秦王暗殺を企てていたが護衛を付けられていた事で失敗に終わります。

 

渭陽君は燕太子がやってきたので出迎えると盟約を結ばれれば趙に攻め込まれる可能性があるので秦への誠意の証として人死に派遣されたと言われます。

(やれやれ、趙王は仮病を使って滞在して全然盟約を結ぼうともしないし、嬴政は趙からやってきた刺客を捕えて趙王を守ってあげてるし、ダラダラと見てる方は退屈w話が進まない)

57話からのネタバレ