PR

「そして救いの星が輝いた」9話~12話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ/そして救いの星が輝いた

ツォン・シュンシー&リャン・ジェイ共演の病院を舞台にしたラブロマンス

 

あらすじ

安星病院の新院長ルー・ジャオシーは、

翌日に就任会議を控えソロキャンプを楽しんでいると大雨に見舞われ救出した迷いヤギと共に車ごと土砂崩れに巻き込まれてしまう。

偶然にもヤギを探しに来た桃源村診療所の医師イエ・シーランに助けられるが、

最近村に出没する偽薬酒売りだと疑われたうえに道路復旧まで足止めを余儀なくされてしまう。実はジャオシーはシーランの務めている病院の新任の院長であり着任早々、シーランを呼び戻す

「そして救いの星が輝いた」全24話あらすじ一覧はこちら

 

キャスト・主演/ツォン・シュンシー&リャン・ジェイ共演

ルー・ジャオシー(ツォン・シュンシー)
1996/10/09誕生、「如夢令~鴈帰西窓月~」「宮廷衛士の花嫁」など
イエ・シーラン(リャン・ジェイ)
1994/06/16誕生、「寵妃の秘密」シリーズ、「運命100%の恋」など
リン・カイウェン秘書(ジョウ・ズーハン)
ヤオ・ジアジア(リー・リンフェイ)など

 

スポンサーリンク

 

ネタバレ私感/そして救いの星が輝いた

ルー・ジャオシー(ツォン・シュンシー)イエ・シーラン(リャン・ジェイ)リン秘書(ジョウ・ズーハン)ジアジア(リー・リンフェイ)など

 

9話/ときめき

小児科医に復職するために我慢してホアン主任に謝罪しに行ったシーランだったが盗撮していて駆け付けたジャオシーのせいで台無しになってしまう。

自分の意思で来たと言いたかったが「彼女は自分の指示で来ただけだ」とジャオシーが訴えた事で何も言えなくなり出て行きます。

ジャオシーが追いかけてきたので「優秀で財力もありやりたいことは何でもできるのかもしれないが、こっちは家賃を払い食べていかなければいけないんだ。母親に心配かけたくないから医者に復帰して安心させたい。自分の基準をおしつけるな」と言い放ちます。

しかし、「そんなに信用できないか?悩む必要も心配する必要もない、最後まで責任を持つ」と言われ、ジアジアに言われていたようにときめきます。

すると帰宅が遅く心配した母親がやってきてしまい恋人でしょうと訴えてきたので何とか目配せして話を合わせてもらいます。

 

ジャオシーは臨時会議で小児科医の飲み会の映像を流し、私への悪口はどうでもいいがホアンは部下を見下し女性への敬意がないと告げます。

これは自分が盗撮したのではなく主任が職権を乱用して部下に使用を押し付けているので皆が嫌がって証拠を提供してくれたんだと告げます。

シュー副院長から謝罪しろと要求されホアンは小児科の同僚たちに謝罪します。ジャオシーはホアンは優秀だが主任にはふさわしくないと指摘し皆の賛同を得ます。

(ジャオシーは不器用だけど機転が利くねww小児科医のジョン君、盗撮は自分だとよく名乗り出ましたね。普通はできないよね。黄色いバラを渡しで謝罪を意味すると告げていたけど花言葉ってものすごく多いよね、どちからと言えば「幸福」とか「温かさ」の方がよく聞くよ)

 

10話/事故チュー

シーランは恋人のふりをしてジャオシーが母親と食事をしてくれることになり、別れたと言いやすくするために嫌われてほしいとお願いしいろいろと要求します。

しかし、一時間遅刻してきてって言ったのにびしっとしたスーツを着て高級車でやってきます。見栄を張るために車は借りた事にしてと告げていたが車はどうしたのと聞くと洗車したばかりだから奇麗だろうと言われます。

レストランに行くと自分の嫌いな食べ物を注文してとお願いしたのに話題には出すものの省くよう指示したので何が狙いなんだと困惑します。

結末が同じなら自分のイメージを壊すのは割に合わない言われ、それなら母親を説得しずらくなるし演技続ける羽目になると指摘するが協力すると言われてしまいます。

スポンサーリンク

カフェで働くジアジアはいつも読書するリン秘書をネタにしていたが客の生活習慣を勝手に小説にしたなと指摘されます。このままでは最後には主人公を裏切るので善人になるよう改稿してくれと頼まれます。

ジャオシーは散歩している時にシーランの背後からボールが飛んできたので庇うが自分の後頭部に直撃した際に事故チューします。シーランの母親は夫に見せようとジャオシーのスマホで写真を撮っており偶然にも事故チューした場面が撮れていたのでシーランは消去します。

ジャオシーはシーランの父親が自死でありシーランが今でも恨んでいるかもしれないと母親が心配している事を知ります。聞いてないなら知らないふりしてと母親に頼まれジャオシーは承諾します。

(なるほど、シーランが小さいころに父親は働いて家買ってやるとかヤギを飼ってやるみたいな発言をしていたよね。それを楽しみにしていたのに父親は自死しちゃったわけか、ところで主任を降ろしたけどまだ医師に復帰できないのかな?)

 

11話/独りぼっちではない

帰宅するシーランは事故チューしてしまったことをジアジアに伝えます。写真をジャオシーに送ってもらうと未来の恋人に悪いからちゃんと消去してと告げます。

ジャオシーは事故チュー写真が消えている事に気付くが別のファイルに保管されていたので笑みを見せます。

 

シーランはドキュメンタリー撮影で若手の医師は誰がいいと思うかと聞かれるが分からないと返事します。ジャオシーから技術や道徳心、表現力、適応力などがあると推されるがホアン主任の件で院長の歓心を買ったと疑われると告げると冗談だと言われます。

職員の立場から力を貸してくれと言われ承諾すると同期であるジアンについて聞かれ条件は兼ね揃えていると告げます。

ランチを終えて戻ると前会長である父親が来ていたのでジャオシーは驚きます。シーランは気まずくなるがジャオシーが恵まれた好条件を活用して起業が得た利益を社会に還元するのが役割と告げていました。

有言実行しているので見直すとともに約束を破った父親を思い出します。

ジャオシーは彼女の父親が自死したと聞かされていたので、心を開いて友達に頼ることを迷惑とは言わないし弱さではない、人から助けられることにも慣れたら孤独じゃないと確信できるから勇敢に慣れると告げます。

 

(ジアジアがいるし独りぼっちではないよ、桃源村にいたときの性格が本当のはずだからね。幼いころからケーキを買う事すら遠慮するとは・・・ただ父親としてはまずは自分の家庭を考えないとね、優しいのは長所だけどケーキひとつ買う事すら娘が遠慮する家庭なのに知的障害者の面倒をみようとしている場合ではないよ)

 

12話/院長の母

シーランは仕事をしていると小児科のゾン先生がやってきたので院長は不在だと告げるとクッキーを焼いたからと渡されます。

ホアン主任の件の感謝と今まで口が悪かったことを謝罪され小児科のチャットグループに入れてと告げ和解します。

スポンサーリンク

シーランは家政婦だと勘違いしているジャオシーの母親と話していると買物に付き合えとジャオシーからメールが来ます。タクシーで向かうと返信するとそんな事まで頼まれるのねと言われ実は母親なんだと打ち明けられお詫びにと綿の巾着を渡されます。

ジャオシーが母親へのプレゼントを恋人に見てもらうと店員に告げていたので本当の彼女にそんなこと言ったら嫌われると指摘します。

 

ドキュメンタリー撮影の件で提案は続けているが株主で女優のジーが同意してくれません。妊娠を隠したいのが理由でありリン秘書は周囲やファンに甘やかされ自己中心になっていると言います。シーランは対話の意思は見えるので挽回の余地はありそうだと思い女優について調べます。

そんな中、女性チアオ・ユーがサプライズだとやってきてジャオシーに抱き着きます。誰なのかと気にしながら帰宅するとチアオ・ユーのつてで女優の事務所社長と会えることになったと連絡がきます。

車で迎えに行くと言うので待っていると子供が倒れたのを目にし駆け寄ります。蘇生が成功し安堵するとジャオシーはアポを先延ばしにしてもらい彼女を車で送ります。

(父親が自死してからシーランは中学の寮に入って義父や弟と交流がないのね。バイトもあって家から足が遠のき自分の家とは思えないわけか・・・働いて自分の家を持ちたい理由がなんとなく理解できた。それにしてもジャオシーはシーランんがジアンにフラれたと今でも思っているみたいだが多分違うよね・・・と思ってたら付き合ってたんかいww)

13話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想