PR

「そして救いの星が輝いた」13話~16話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ/そして救いの星が輝いた

ツォン・シュンシー&リャン・ジェイ共演の病院を舞台にしたラブロマンス

 

あらすじ

安星病院の新院長ルー・ジャオシーは、

翌日に就任会議を控えソロキャンプを楽しんでいると大雨に見舞われ救出した迷いヤギと共に車ごと土砂崩れに巻き込まれてしまう。

偶然にもヤギを探しに来た桃源村診療所の医師イエ・シーランに助けられるが、

最近村に出没する偽薬酒売りだと疑われたうえに道路復旧まで足止めを余儀なくされてしまう。実はジャオシーはシーランの務めている病院の新任の院長であり着任早々、シーランを呼び戻す

「そして救いの星が輝いた」全24話あらすじ一覧はこちら

 

キャスト・主演/ツォン・シュンシー&リャン・ジェイ共演

ルー・ジャオシー(ツォン・シュンシー)
1996/10/09誕生、「如夢令~鴈帰西窓月~」「宮廷衛士の花嫁」など
イエ・シーラン(リャン・ジェイ)
1994/06/16誕生、「寵妃の秘密」シリーズ、「運命100%の恋」など
リン・カイウェン秘書(ジョウ・ズーハン)
ヤオ・ジアジア(リー・リンフェイ)など

 

スポンサーリンク

 

ネタバレ私感/そして救いの星が輝いた

ルー・ジャオシー(ツォン・シュンシー)イエ・シーラン(リャン・ジェイ)リン秘書(ジョウ・ズーハン)ヤオ・ジアジア(リー・リンフェイ)など

 

13話/偽りから本気の愛に

蘇生して人を救ったシーランはその場に駆け付けるジャオシーがご飯を御馳走してくれるというので帰って着替えて化粧をします。

シーランは女優で株主のジーは富も名声もあるけど殻を破りたいと言っていたから他に求めるものがあるはずと言います。チアオ・ユーの情報によるとジーは似たような役ばかりで悩んでいると知り、妊娠はイメージを変える好機になると思ったが事務所が公表を阻止したために孤立したのだとだろうとジャオシーは気付きます。

ドキュメンタリー撮影にジーは出演したいのだと察します。食事をしたあとシーランは母親に恋人は医者だと嘘をついたのは最初は嘘じゃなかったし、別れてすぐに桃源村へ行くことになったために戻ったら説明するつもりがこんな事態になったのだと話します。

スポンサーリンク

ジャオシーはシュー副院長から箔をつけるだけの院長など目障りだったが着任後に次々と改革を行うのを見て自分自身を反省したと本音を聞き出すと、着任前に資料を読んで優れた医術と誠実な人柄に尊敬を感じていたと本音を伝えます。

(勤務時間中は上司、私生活では友達、母親の前では偽恋人、確かに使い分けるのは賢い。シーランはジャオシーの母親に気に入られているけどチアオ・ユーと寄りが戻ると思っているから悩んでいるのね。そしてジャオシーは偽の恋人を演じているうちに本気に好きになってしまったのね。もう両想いじゃないかww見ていてもどかしいな。どちらかが本気で伝えれば終わる話だww)

 

14話/沈黙の愛

シーランを本気に好きになってしまったジャオシーは母親から想いを伝えればいいと言われます。

「フラれたらどうするのか、上司と部下の立場だから本音の言葉を言ってくれるかも分からない、本心は隠しきれないはずだから探るしかない」

一方、シーランもジャオシーとチアオ・ユーに嫉妬している自分がいるとジアジアに相談します。

 

シーランはランチしているとジアンが同席してもいいかとやってきます。フラれて桃源村へ行ったと噂が流れているが訂正しなかった事を謝罪され、そうゆう人だものねと告げます。

シーランは運転の練習をするために車を用意してくれたジャオシーに付き合ってもらうがリンから電話がありネックレスを盗まれたことを知ります。自分の不注意で盗まれたことを知り申し訳なく思うと手料理が食べたいと言われ家に招きます。

ジアジアはお店にリンがやってきたので、いつも頼むイチゴシェイクを奢ります。そして何の仕事をしているのかとたずねると社長秘書だと知り、連絡先を交換してヘボ軍師と登録します。

(はやく交際してください。ジャオシー、シーランは考え深い人だって母親に自慢げに話していたけどあなたよww考えすぎ!!私は社内恋愛は絶対嫌だけどね・・・)

 

15話/嫉妬心

ジャオシーはシーランの手料理をご馳走になります。シーランは貧しかったけど父親が自死するまでは幸せだったと話します。

家を買うために必死に頑張っていたが工事一式を請け負った現場で発注者が逃げてしまい家の貯金と借金した金で作業員に賃金を支払ったが打ちのめされてしまったのだと言います。

家を買うものだと思っていたから部屋をどう飾るか夢見ていたが家族に黙って逝ってしまい、母親が再婚したことで離散したので希望を他人に託さないのだと教えます。

ジャオシーが食器を洗ってくれていたので、そんなのいいのにとシーランは近寄るが頭をぶつけてしまいます。大丈夫かと心配され見詰めあうと二人は酒が入っていた事もあり成りゆきで口づけを交わします。

電話の音で二人は離れるとジャオシーは気まずくなって帰ることにしシーランも何事もなかったように見送ります。

スポンサーリンク

シーランは院長室を訪ね昨夜は飲みすぎた行いで事故だからなかったことにしましょうと告げます。

チアオ・ユーからジーさんの本音にどうやって気付いたのかと聞かれるジャオシーはブレーンがいると答えます。シーランが好きなのねと追及されると顔がにやけてしまい、プールにいるからデパートの服を持ってきてくれとシーランにお願いしてチアオ・ユーと遊んでいるのを見せつけます。

チアオ・ユーはあなたの事が好きなんだから怒るに決まっているし妬かせるために私を利用しないでよとジャオシーに告げます。シーランから話を聞いたジアジアはなんか自分の小説に似ているなと思います。

(どんなやり方で嫉妬させようとしているのか、笑。逆効果で会う事すらできなくなる可能性の方が高い気がするよ。ま、ドラマだからねwwリンは小説のそってアドバイスを送っているけどジアジアがシーランと友人だと知らなかったっけ?知ってたらするわけないか)

 

16話/告白

自分の小説と同じだと確信するジアジアはジャオシーは怒らせる気ではなく刺激したんだとシーランに告げます。

シーランは刺激が意味わからないでいると、あなたが好きだから気持ちを確かめたいのだと言われます。ジャオシーから母親の誕生日だから家の飾り付けとチアオ・ユーが来れなくなっから代わりに来てくれと頼まれます。

気のないふりをしていつも通りを心がけてとジアジアにアドバイスをもらいジャオシーの指示通りにワンピースを着て向かいます。

チアオ・ユーのワンピースを着ていいのかと聞くと彼女は着ていないと言うのでプールに届けさせておいて試着もしてないのかと不満を口にします。

ジャオシーの両親に気に入られ、これで借りは返せたと何気なく告げると「負けを認める。君が好きだ」と言われます。シーランは告白してくれたことに感謝し自分も好きだと告げ、分かってたでしょうと訴えます。

調子に乗った時は心の中の警報が鳴るので幸せを受け止め切れるか自問する、臆病な人間だけど幸運が訪れた時は掴もうと思うと言い口づけします。

 

(はいはい、おめでとうございます。ちょっと遠回り過ぎる恋愛でしたよ。シーランの方は過去があるし相手は院長だから構えてしまうのは分かるがジャオシーはさっさと告白せんかい!!と思ってたよ)

17話~のネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想