PR

「そして救いの星が輝いた」5話~8話ネタバレあらすじを私感を交え紹介

中国ドラマ/そして救いの星が輝いた

ツォン・シュンシー&リャン・ジェイ共演の病院を舞台にしたラブロマンス

 

あらすじ

安星病院の新院長ルー・ジャオシーは、

翌日に就任会議を控えソロキャンプを楽しんでいると大雨に見舞われ救出した迷いヤギと共に車ごと土砂崩れに巻き込まれてしまう。

偶然にもヤギを探しに来た桃源村診療所の医師イエ・シーランに助けられるが、

最近村に出没する偽薬酒売りだと疑われたうえに道路復旧まで足止めを余儀なくされてしまう。実はジャオシーはシーランの務めている病院の新任の院長であり着任早々、シーランを呼び戻す

「そして救いの星が輝いた」全24話あらすじ一覧はこちら

 

キャスト・主演/ツォン・シュンシー&リャン・ジェイ共演

ルー・ジャオシー(ツォン・シュンシー)
1996/10/09誕生、「如夢令~鴈帰西窓月~」「宮廷衛士の花嫁」など
イエ・シーラン(リャン・ジェイ)
1994/06/16誕生、「寵妃の秘密」シリーズ、「運命100%の恋」など
リン・カイウェン秘書(ジョウ・ズーハン)
ヤオ・ジアジア(リー・リンフェイ)など

 

スポンサーリンク

 

ネタバレ私感/そして救いの星が輝いた

ルー・ジャオシー(ツォン・シュンシー)イエ・シーラン(リャン・ジェイ)リン秘書(ジョウ・ズーハン)ジアジア(リー・リンフェイ)など

 

5話/医院長秘書

今みたいに大人しくしてればすぐに戻れたのにとジアンに言われ、シーランは説教でもする気かと反発します。過去にこだわらず前を向いた方がいいと言われ「シュー医院長には黙っているから安心して」と告げます。

 

シーランはホアン主任の雑用を終えると更に雑用を命じられたので外来シフトの件はどうなったのかと尋ねます。目の前の仕事をしろと叱責されるとジャオシー院長が余剰人員が出ている状況は見逃せないとやってきます。

余っているならと院長秘書にさせられそうになったので本職ではないし医師の仕事がしたいのだと願い出ます。秘書の仕事は期間限定で前任者の産休が明けたら戻すからその時にシフトの件も解決しようと言われます。

ジアジアに相談したあとリン秘書に電話しジャオシーに取り次いでもらおうとしたが連絡が付かないと言われ院長の家の前で待ちます。

「臨時の秘書を引き受けます。桃源村では確かに自分が悪かったので報復を受け入れます」

善意のつもりだったジャオシーは飲んでいたコーヒーを吹き出しそうになります。

(シュー副院長の腰巾着ホアン主任はケチなのか?上司に飲みに誘われて割り勘なんて初めて聞いたww医師が院長秘書とは・・・ドクターとしての腕や知識って失わないのかな?)

 

6話/改革のため

医院長秘書となったシーランは荷物を取りに行くと小児科の同僚たちが秘書になるのかならないのか自分を賭けの対象にしていたので、すぐに小児科に戻るのだと告げ出て行きます。

リン秘書はガオ院長に呼ばれると自分が選んだ秘書候補を断り何で医師を秘書にしたんだと聞かれます。最初からシーランを秘書にするつもりで目的はホアン主任の処分だと告げるとガオは満足げにさすがだと言います。

スポンサーリンク

着任祝いしようとジャオシーに誘われたシーランだがメニューを見ると高過ぎるので緊張します。リン秘書に指摘されていたジャオシーはシーランのことが好きなのかと自問自答します。

秘書にしたのは正直で善良で仕事熱心で愛情深く正義感があるからだと告げると「そんなに長所が?」と言われます。

評価しただけで褒めてないから誤解するなと告げると何で私が誤解すると思ったのかと聞かれ深い考えはないと料理を口に運びます。

 

ホアン主任は部下を私用に使うと知るジャオシーは桃源村では生き生きしていたのにシーランがふさぎ込んでいるのはそのためかと思います。

シーランは報復のためと思っていたが職場環境を改善するためだったと知りジアジアに話すと何でも恋愛に結び付けようとするので小説の話ではないと告げます。

(何かと理由を付けてはシーランが気になって仕方がないジャオシー。まだ自分の気持ちに気付いてないのかな?それにしてもジアンの態度がいつもよそよそしいけど何かシーランに不義理でも働いた?)

 

7話/まさかの仕打ち

ジャオシーは本を出版するのはいいが資料の整理を部下にさせているのかとホアン主任に聞くと彼らの自発的な行動だと言われます。

院長秘書を務めるシーランは同意を求められ困っていると彼女も問題を指摘していたとジャオシーが口にしたので驚きます。

実際にそんな意見があるなら改めるが初めて聞いたとホアンが誤魔化すのでジャオシーは対応策を取れば問題ないと告げます。

 

シーランはジアジアからまさか院長に売られるとはねと言われ、そうなんだと愚痴りながら院長宅に行くと人がいたので驚きます。実家の家政婦が来ると聞いていたのでポン氏だと思い気にしないで仕事をするよう告げます。

料理を手伝うと両親は何をしているのかと聞かれ父は亡くなり母は再婚相手と市場で青果店をしていると教えます。

ジャオシーはポン氏が来ているとシーランに聞いていたが帰宅すると母親だったので驚きます。

 

警告でホアンは資料を回収したとリン秘書に報告を受けジャオシーは素早い動きだと思います。病院の古株で小児科の主任を処分するにはそれなりの理由が要ると告げると彼女売って関係性は大丈夫かと聞かれます。主任が資料を回収したから君の功績だと告げると小児科で医師を続けたいだけだとシーランに言われます。

(改革したいのだろうがこれでは確かに利用されているだけと思うよね。目の前で彼女も指摘していたなんて気遣いがなさすぎると言うか無頓着というか・・・彼女の立場からしたら気まずいよね、直接言えと八つ当たりされるのは確実ww)

 

8話/せっかくの我慢が

ジャオシーは知らない女優が当然のように院長室に訪ねてきたのでシーランにメールして助けを求めます。

プライバシーを守りたいようでドキュメンタリー撮影に難癖をつけてきたのでお望みでしたら転院の手続きをすると告げるが株主なのに何で自分が出て行くんだと訴えられます。

シーランが機嫌を取ってくれたので検討すると告げ帰らせると会長就任に反対していた人だからうまくやらなければとリン秘書に言われます。

スポンサーリンク

母親が来ていると連絡を受けシーランは退勤の許可を得て降りて行くがジャオシーもエレベーターに乗ってきたので困惑します。前に恋人だと偽って写真を送っていたので出くわしたら大変だと思います。

何とか難を切り抜け母親と一緒に出掛けるとホアン主任に挨拶したらしく何で秘書になったのを黙っていたのかと聞かれます。

ジアンからのおせっかいやジアジアからのアドバイスでシーランはさっさとホアン主任に誤って小児科医に復職した方がいいのではと考えます。

小児科医の飲み会を盗撮していたジャオシーは想像以上に酷い、シーランがこの場にいなくて良かったと思います。しかしシーランがやってきたので何を言われるか分からんと急いで向かい彼女の手から杯を奪い取って投げつけると、「権力を行使し部下の時間を奪っている、人の尊厳を踏みにじることが結束力の強化なのか」と言い放ちます。

ホアンが二人して罠を仕掛けたなとシーランに訴えだしたので「そうだ、私の指示で来たんだ」と言い放つと、彼女は出て行ってしまいます。

 

(ジャオシーなにやってんのさ、私の指示で来たとまたも発言。せっかく我慢して謝罪していたシーランはますます小児科に戻れなくなる。彼女のためとは分かっているが・・・不器用なのかなww)

9話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想