スポンサーリンク

「ステキな金縛り」<ネタバレ あらすじ>落武者の幽霊は証言者として成立するのか!深津絵里×西田敏行

邦画コメディー

 

殺人容疑を掛けられた男性の案件を任される新米弁護士。

犯行時刻に旅館で金縛りに遭っていたと言われ呆れながら宿泊するとそこで落武者と出会う。ダメ元で裁判で証言台に立って欲しいとお願いすると快く引き受けてくれるが・・・

監督・脚本=三谷幸喜

◆宝生エミ(深津絵里)◆落武者の幽霊・更科六兵衛(西田敏行)◆速水悠(阿部寛)◆小佐野徹(中井貴一)◆矢部鈴子・日野風子(竹内結子)◆ 日野勉(山本耕史)◆木戸健一(浅野忠信)◆宝生輝夫(草彅剛)◆工藤万亀夫(木下隆行)◆段田譲冶(小日向文世)◆猪瀬絹(戸田恵子) ◆猪瀬潤(浅野和之)

山本亘・生瀬勝久・梶原善・佐藤浩市・深田恭子・篠原涼子・唐沢寿明

<ネタバレ あらすじ> 

素敵な金縛り

三流弁護士、宝生エミは殺人事件の容疑者の弁護を任されることになった。
上司の速水から聞かされた内容によると、
被害者、矢部鈴子は自殺だと思われたが争った形跡があり現場証拠から夫である五朗を殺人容疑で逮捕したが全面否定しているという。

 

「犯行時刻は自殺を考えて宿泊した旅館「しかばね荘」にいてそこで金縛りにあい落武者に会いました」

 

エミは戸惑いながらも真相を突き止めるため「しかばね荘」を訪れる。
女将や主人は落武者なんて知りませんと言ったがエミが宿泊すると夜中に金縛りにあい目を開けると身体の上に落武者が乗っかっていました。

落武者の幽霊こと更科六兵衛に会えたエミは喜び事実確認が取れたので法廷での証言を頼むと生前、濡れ衣を着せられたまま死んでしまった六兵衛は快く引き受けてくれます。

事務所に連れて行くと幽霊であるため速水には六兵衛の姿が見えなかったが、
速水が1人でいる時にタップの練習をしていたことを六兵衛から聞きエミはそれを話すと渋々納得してもらえます。

スポンサーリンク

幽霊裁判では検事の小佐野がこんなの証人としては認められないと訴えます。
電気を使い砂を六兵衛にひっつかせて姿を見せるがそれでもただの手品だと小佐野は訴える。
エミは笛キャンディーを六兵衛の顔の前に置きイエスなら一回、ノーなら二回鳴らしてと提案すると傍聴人や裁判官は喜ぶが小佐野は断固として意見を曲げなかった。
しかし六兵衛は自分と目が合った小佐野が瞬時に逸らしたように見え裁判官に訴えている時に大きな声で野次を飛ばすと「煩いな」と小佐野は叫びました。エミと六兵衛は見えるのねと喜び小佐野の横で六兵衛が笑わそうとすると小佐野は口元が緩むが必死に耐えていた。

 

エミは六兵衛の姿が見える人を集め調べた結果3つの共通点を見付けた。
①最近になって死を身近に感じた人。
②仕事がうまくいかなかったり運気が下がった人。
③霊に敏感になる成分が含まれるシナモンが好きな人。
外食中の小佐野に最近亡くなった愛犬(ラヴ)を会わせると小佐野は驚き、喜びを全身で現したが姿が見えない店員からはおかしなおっさんだと思われる。
しっかりお別れが出来たことで小佐野は喜び六兵衛を証人として認めることになるが、
六兵衛がラブを連れてきたことで、あの世の管理局公安の段田が六兵衛を迎えに来てしまう。
小佐野は幽霊裁判で真実を究明するためには六兵衛が必要なんでしばらく待つようにと説得した。

 

幽霊裁判は笛キャンディーがハーモニカーに変更され開始される。
証人として認めて貰ったエミだったが小佐野の検事としての腕はかなり高く追い詰められていく。
エミは被害者を連れてくればいいのだと思い付き六兵衛に頼むがあの世で発見出来なかった。
何故見付けられなかったのだろうか考えていたエミは被害者の鈴子は死んでいないのではないかと疑い調べると顔そっくりな姉の風子とは仲良くないことが分かる。
また風子は五朗の愛人であったことから鈴子にばれてしまい争って転落したのではないかと推理した。
エミは病気で意識朦朧としている速水に無理矢理話しかけ死んだら風子を連れてくるよう段田に頼んでほしいとお願いした。

 

 

姉の風子(鈴子)が証言台に立つ。
段田に風子を連れて来て貰いエミは風子の姿が見えない風子(鈴子)にシナモンを頭から吹きかける。
風子の姿が見えるようになった姉妹は喧嘩が始まりその会話の中で鈴子が風子を殺し入れ代わった事を認め、それを聞いていた小佐野は五朗は無実だと認めた。
裁判ではじめて勝利したエミに六兵衛は若くして死んでしまったエミの父親を連れてきた。
エミはエリート弁護士だった父親を尊敬し弁護士の道を選んだのだ。
だが仕事がうまくいったエミは父親の姿が見えないでいた。
父親がハーモニカを吹くとエミは父親を気配で感じ六兵衛が温かく見守った。

エミは恋人の工藤万亀夫と結婚。
二人の記念写真には六兵衛が毎回映りこんでいた。(終)

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました